慢慢来

北野をどり

b0132924_2312521.jpg

まだ桜の写真載せてるんかいっ!
と、あきれてるそこの皆様。
でもね、これ、本日撮影の写真。
b0132924_23141499.jpg
b0132924_23144586.jpg

ね。4月下旬でしょ?
境内で咲いているのはこれが最後でした。
いくら桜で有名な平野さんといえども、この時期に桜を見に来る人なぞほとんどいなく。
しばらくは境内に私たった一人。桜独占(笑)。
と、そこにやってきた男の人が教えてくれました。
この桜、花の中に花が咲くとゆー種類なんだそーです。
b0132924_23192185.jpg

ピンクの花の中に真ん中に白い花が咲いています。そのため、花びらの数がすごい多いんだって。
なるほどー。

ところで。
こないだの土曜日は北野をどりを見てきました。
b0132924_23242126.jpg

春になると、花街で芸妓さん・舞妓さんの舞いの披露があります。
花街により名前が違い、たとえば先斗町なら鴨川をどり、祇園甲部なら都をどり。
そして、上七軒が北野をどり。
上七軒ってどこ?とゆー人も多いと思いますが、北野天満宮のあのあたりよ。
こういうをどりって、たいていお茶席つきなのね。

b0132924_0371869.jpg
このように、芸妓さんと舞妓さんがお茶をたててくれます。
(写真がブレブレです。。。)
といっても、お客さんはたくさんですので、二人で優雅にたててたら、いくら時間があってもたりない。。。奥からダーーッとお茶が次々と出てくるとゆーわけ。
なので、よっぽどご贔屓さんでもないかぎり、あなたが飲むのは裏でたてられたお茶。
お菓子は、上七軒の場合、鶴屋さんか、老松さんか、玉寿軒さんかのどれかが日替わりで出ると聞いていたけれど、この日は鶴屋さんのお饅頭だったわ。
おいしかった。




ところで、先斗町の歌舞練場は劇場~って感じですが、
上七軒の歌舞練場は町屋の中にある練習場って感じです。
b0132924_23482771.jpg

こんな感じで。中庭あり、池があり。おうちって感じよね?
(まー、家にしては広いけどさ)
夏はビアガーデンがあって、普通に入って飲めるよー。一般人でも。
b0132924_23571140.jpg

あー。それにしても。
ひさびさに見た芸妓さんと舞妓さんの舞いは、とても雅で目の保養だったわー。
三味線の音色も耳に保養。
極楽至極。やっぱ毎年見ないと!(笑)
知り合いに席とってもらったので、ラッキーにもご贔屓さん席、前から3-4列目の真ん中で、
とってもよく見えました。感謝。
しかし、ご贔屓さん席だけあって、後のお客さんうるさい........
ずーっとしゃべってはった。
「なんとかさん、痩せはったな」とか、「やっぱりなんとかさん、キレイな」とか。
ずーっとしゃべってんのは中国人だけではないのだ、と思い出しましたわ(笑)。
最後の舞のとき、芸妓さん・舞妓さんが、舞台から手ぬぐいをおひねりで投げるんですけど、さすがご贔屓席。
ゲットしました(笑)。
芸妓さんのサインつきなので、どの方だったか後からパンフで写真をチェックしたエロおやじ的なワタクシ。。。
b0132924_23585429.jpg

ゲットした手ぬぐいと、お菓子をいただいたときのお皿。
このお皿はもらってもよいもの。
知り合いによると、たまにおうすのお茶碗持って帰るふとどきものがいるそーです(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-29 23:58 | kyoto