慢慢来

有朋自遠方来

b0132924_2154310.jpg

有朋自遠方来、不亦楽乎。
確か、去年の北京オリンピックの開会式、この言葉で始まったと思うのですが。
友あり、遠方より来る。また楽しからずや。
まさにこの言葉通りの数日でした。

どこにお連れするかは非常に悩むところですが、
このアテンドも勝手知ったる旧知の仲なれば楽しいもの。
特に、京都以外の関西出身者であれば非常に気が楽なのも事実。
なんてゆーのかなぁ?彼らは京都やったらなんでもラブラブラブ!じゃないのわかってるから(笑)。
そうはいうけど、京都の人ヘンコが多いしなぁ、、、、っての知ってるから(笑)。
b0132924_21582166.jpg

香港にいた頃、日本に戻れるのは、年末年始、欲張って桜の頃、のみだったので、
今の季節の新緑がいかに力強く、まばゆいものだったかとゆーことを、すっかり忘れていて、
桜が終わった頃から、そのあまりの美しさに圧倒される日々でした。
ので、在香港組には、同じ思いを、と思って、
より新緑の美しいモミジや楓が多い神社仏閣に行くのがよいのでは?と思い。
まずは、銀ままんとご一緒に。永観堂なんぞ行ってみたりしてね。
何を隠そう、ワタクシ、生まれて初めて行きましたさ(笑)。
紅葉の頃は、ものずごい人のようですが、今の時期、まあ、全然大丈夫。

b0132924_226640.jpg

確かに、真っ赤になった景色も見てみたいと思わせるものでしたが。
その頃は、ものずごい人なんでしょうね。。。。。。。。。。。。。。。
それにしても。まったくこの緑には生命力を感じると同時に、とっても癒される。不思議ー。
b0132924_2274095.jpg

お寺で、このきれいに形作られた砂を見るたびに、
ヘッドスライディングをしたくなるのは私だけではなかろう。。。

そういえば、このとき、香港のSちゃんから電話があり、
「今、銀ままんと一緒やで」というと、「はぁ?今どこにおるん??」と聞かれた。
ま、確かにね。いつまでもお尻が重くなく、地球をまたぐフットワークの軽い人間でいたいもんだわ。
(あー、それには先立つものも必要だ、、、、)
この電話で、外人を京都・奈良にアテンドしてほしいかも、とゆー依頼を受け、
先日、これまたぐりさんと奈良行ったばっかだったので、
おお!あれは予習?同じところ行けばよいか(私は退屈やけど、、、)と思っていたら、
その話はあっさりと流れたのでした。ちゃん。

さて。お連れした方といえば、大のうさぎ好き。ですから、ここははずせまいと参りましたのよん。
b0132924_22123198.jpg

↑ これはねー。おみくじですのよ。
b0132924_22123871.jpg
b0132924_221244100.jpg

ちょうど、修学旅行生が隣だか近所のホテルに泊まっていたようで、ここで休憩してたのですが。
その休憩の仕方が、神社の拝殿のまん前で、本殿におしり向けて座り込んでたのね。
だから、お参りもできない、邪魔で。。。
邪魔やんけ!と思っていたら、神社の男性が、
「そこに座ったらあかん。神さまにおしりむけて座ったらあかん!」と注意してたけど、
注意された彼らの顔は、「あー、うぜー」と書いてありました。
あの年頃なら、神さんに失礼とかゆー感覚はないよな、そりゃ。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-05-21 22:20 | 日々