慢慢来

鉄人

b0132924_2134296.jpg


サントリーミュージアムのルーフトップに、なにやらボートが置いてありました。

b0132924_2138156.jpg


前半分しか写ってないし(笑)。
すごい小さいの。全長約8メートル。幅約2メートル。
人が入るところがちょっとあいている。
ちょうど、1人乗りのカヌーに似ている感じで。
1人乗ったらもう余分なスペースなんてほとんどないし、乗り込んだらその姿勢もほとんど変えられないぐらい狭い。
しかもこれ、足漕ぎボート。
このボートが、1992年に堀江謙一さんがサンフランシスコから沖縄まで単独横断したボートと説明書き。
こんなちっちゃなボートで!
どうやって寝るの?
ってゆーか、こんな小さすぎるボートで、太平洋を横断なんて信じられない。
私だったら1日目、夜が来ただけで気が狂うにちがいない。
こんなちっちゃなボートで(しかも足漕ぎ)、太平洋を横断する堀江さんの意思、その勇気、その強さを
垣間見たような気がしました。
さらに、この時、堀江さんなんと54歳!
すごーい。
なんかー。
もう年かなぁ、若くないしねぇ、忙しいしねぇ、面倒くさいしねぇ、そこまでやんなきゃいけないってわけでもないしねぇ、
とかなんとか。
そんな日々生まれるさまざまな言い訳は本当に言い訳にしかすぎないのだなぁ、
としみじみ思いました。
がんばろー。

b0132924_21504276.jpg


太平洋ひとりぼっち、って本書いてらっしゃいましたね。
読んでみようかしらん。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-05-17 21:52 | osaka