慢慢来

菊は見ていた

b0132924_21562927.jpg


先日、秋になったら菊花展でも見に行こうかな、なんて書きましたが。
そーいえば先月、菊を見に大阪に行ったのでした。
朝の10時に友達と御堂筋線あがった大丸前の改札で待ち合わせ、
お弁当を買って。
心斎橋筋を道頓堀へと向かう。
朝の10時過ぎじゃ、お店はほとんど開いてないから人もチラリホラリとしかいなかったけど、
そのチラリホラリの90%は中国人観光客だったわよ。。。おそるべしチャイナパワー。
やってきたのは道頓堀の松竹座。
5月に歌舞伎座で行われている団菊祭。
4月に歌舞伎座がいったん閉鎖されたため、今年は大阪松竹座での開催。
なんと関西初の団菊祭。
勧進帳の弁慶の団十郎の眼力。すばらしかったです。

とはいえ。私のお目当ては団菊の菊のほう。
菊五郎じゃなくて。息子の菊之助のほう。
昔、「平成の三之助」が大人気だった頃、その三之助が3人そろって出たある月に、歌舞伎座に見に行ったことがあります。
平成の三之助って誰やねん?ですって??
市川新之助(現:市川海老蔵)、尾上辰之助(現:尾上松緑)、そして尾上菊之助です。
その時に菊之助が藤娘を舞ったのですが。
あまりの美しさにびっくり。
出てきた瞬間から口があいてあんぐり。
友達と、「きれーだねぇ、きれーだったねぇ」とバカの一つ覚えのようにずっと言ってたぐらい。
カレーのCMにおねーちゃんと出てるの見てもなーんとも思わないのですが(笑)
今回は、「摂州合邦辻」の玉手御前。初役というのをインタビューで読んでたので楽しみにしてたら、
やっぱり素晴らしかったわー。
なんというか、「実は」「実は」って、後から事実が判明する(まあ歌舞伎にありがちですが、笑)
素人が見ても複雑で難しい女性なのですけれど、やっぱりすごかったー。
歌舞伎座がしばらくない間、関西でもっと見る機会があるのかしらん?
顔見世には来るのかなー?
楽しみだわん。

b0132924_22195392.jpg


夜はまたここに行っちまっただ(笑)
新地に出来てから新世界まで行かずにすむのがいいわー。
ま、あの独特雰囲気を新地では味わえないのがなんとなーくさみしくはあるけれど(笑)
がっつり串カツ食べたさ。大満足。
新地にあるからって、新世界と同じ料金なのもすばらしー。
この日は早めに行ったのにちょっと並んだわ。
(だからこんな写真を撮っておるのだ)

そーいえば、この日の歌舞伎の席、
15列15番で、友達が「いい数字」と指摘。
確かに。5月15日 15列15番 チケット価格15,000円(笑)
ゴロはよくても何も出ませんけど。
葵祭の日だったので(いつの日記を書いておるのだ?)、
大丸でお弁当買ったついでに、鶴屋さんで「斎王」という生菓子も買って食べました。
斎王の着物の袖の部分を表したもの(と思う)で、藤色と新緑のうすい緑色が美しく大変おいしい生菓子でした。
と、ここまできたら、やっぱり夜はフレンチとかイタリアンとか割烹とかお洒落に行っとくべきではなかったか?
しかし、串かつ片手に生ビールへと行ってしまうところが、このブログ、お洒落OL日記にならない由縁であろう。。。
と悟る。
ま、別に目指してはいませんけれども。
さあ。
試合が始まる前にお風呂に入ろー。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-06-14 22:33 | osaka