慢慢来

蓮と睡蓮

b0132924_2144527.jpg


蓮の花の季節です。
とってもフォトジェニックかつ、写欲をそそる被写体ですが、
蓮の花って、いざ咲いてしまうと結構怖いですよね?
中にある花托が、ガイコツっぽいとゆーか(?)、蜂の巣っぽいとゆーか、それが、ウガっ!って感じで、
あれが見えちゃうとあまりキレイじゃない。
と、思うのですが、どーでしょうか...?
蓮はつぼみの膨らんでる時と、咲きかけが一番キレイな気がします。

b0132924_2251125.jpg

香港にいた頃、よくお花屋さんで、紫の睡蓮を買いました。
日本ではあまり、睡蓮の切花(?)を花屋で売るということはないような気がしますが、
香港では紫の睡蓮はわりと売っていて、
しかも、つぼみぷっくりの時に売っているので、購買意欲をそそられるといいますか、
ついつい買っちゃうんですけどね。
買った本数全部がちゃんと家で咲いたということは一度もなく。
すぐ茎がお辞儀してフニャンとなって終わり。
たまに1本ぐらいかろうじて咲く。
一応、水切りして水あげもしてたつもりだったんですが。
水揚げが悪いのかと茎を短くしたりいろいろしたけどダメでした。
今、これ書く前に調べてみたら(遅い!笑)、
相当水揚げが悪いので1時間に1度は水切りしたほうがいいとか、
切り花では咲かないとか、
いろいろ出てきました(笑)
咲かないものにムダ金使ってたんだな、私(笑)。
安いからいーけど。
つぼみだけでも可愛いからいーけど。
あの紫のぷっくりは本当に美しい。
たぶん、そう思う人はとても多く、
他の花を買って、マンションでエレベータ待ってても誰もなんとも言わないけれど、
睡蓮のときは、人から「きれいだねぇ」とよく声かけられた。
もっぱらお婆ちゃんにだけど(笑)
と、なぜか睡蓮の話になってしまった.....
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-07-11 22:13 | 日々