慢慢来

龍馬伝展に行ったぜよ

b0132924_2205265.jpg


昨日、文化博物館でやっている「龍馬伝展」に行ってきました。
昨日は祇園祭の巡行。
こんな日にそんな展示会行く人いないだろー、がらすきだろー、と思ってねらって行ったんですけど。
甘かった(笑)。ちゃんと混んでた。
でも普段よりはすいてたのかなー、って思いますが。なんとなく。
エレベータ乗るところに列できるように準備してたんだけど、そんな列などなく上にシュッと行けたので。

で、この展示会、「龍馬伝展」ですから、もちろん大河ドラマとタイアップした企画。
なんと音声ガイドが香川照之なのよ。大河ドラマの音楽がBGM。
いつも音声ガイドなんて借りないけど、昨日は借りました。
ただ、笑えたのが、普通に説明されてるんですが、
岩崎弥太郎関連の展示品のときだけ、弥太郎で説明してくれんの(笑)
「これはわしが.....」って(笑)。ふいたよ。
ちゃんと「岩崎弥太郎語る」って音声ガイドマークのとこにも書いてあったけど。

いろーーんなものがあって、ドラマもちゃんと見てるからおもしろかったわ。
山内容堂の陣羽織とか。芥子色で裏地がちょっと支那ちっくでとってもお洒落~。
龍馬の紋服もあり。この大きさから身長は173cmぐらいであったろうといわれてるそーです。
たしかに着丈が現代の人のものぐらいで、大きかった。
ひるがえって、中岡慎太郎の裃はちっちゃかった!
153cmぐらいだったといわれてますから、私が着てもちっこいのね...。
男前なんだけどねー(笑)。字もとてもキレイでした。身長だけが低くて残念だ....
ドラマにはいったいいつ登場するんだか??

すごかったのは、平井収二郎の爪書。
切腹する前に爪で書いた辞世の句なんですけど。爪ですよ、爪。
それをあとから、朱色の墨で見やすいようになぞってるみたい。
爪でかいてあるから、逆に読みやすい。すさまじかったです。
あと、武市半平太の書簡で、絵描いてあるのあったんですけど、すごい上手~、絵が。
牢獄から書いてるんだけど、その牢獄の説明図みたいなので、
結構ユーモラスでした。

あとはー。岡田以蔵が持ってたピストルとか。
上野彦馬のカメラなんてのもありましたよ。
それからカメラのマニュアル本とか。おもしろかった。
蒔絵で作った地球儀もキレイだったなぁ~。
龍馬関連はお手紙がかなり多くて、有名な手紙はたぶんほとんど置いてたんじゃないかしらん。
ちょっとウルッとしたのは、龍馬がお龍さんに作ってあげた帯留め。
自分の刀の目抜きと下げ緒で作ったらしく、デザインも龍。
お龍さんって、龍馬が死んだ後、手紙とかぜーんぶ燃やしたそうだけど、これだけは持ってたんだって。
なんか泣けるじゃないの...

泣けるといえば、最後、近江屋の部屋を再現して作ってありました。8畳のお部屋。
実際にそこにおいてあった血が飛び散った金屏風は展示にありました。
あの血、DNA鑑定とかしたらおもしろいのにね??
ネコの絵の下に血が飛んでたわー。
そうそう、話もどして。その再現されたお部屋の横に、暗殺シーン再現ドラマの映像をやってたのね。
もちろん、大河ドラマとは違うキャストですが、
結構リアルで。。。2人とも30箇所それぞれケガしてたらしーです。
大河ドラマでこのシーン、どうするのかしらん。。。。?

笑ったのは、ジョン万次郎が作った英語教則本で、
アルファベットの横に読み方がカタカナで書いてあるやつ。
A エイ B ビー とかね。
で、S エシ ってなってた。
エスがエシ。香港人か!(笑)
香港人ってそーだよね?インボイスがインボイシー。
あれは意外と正確だったのか(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-07-18 22:42 | 日々