慢慢来

わっしょい

b0132924_23253962.jpg


桧扇です。ひおうぎと読みます。
祇園祭のときに、京都では必ずどこでも飾られる花です。
花が咲くと結構毒々しい色してます(笑)
京都でお花を習っていれば7月には必ず練習させられるはず。
これ難しいの。。。去年も書いたけど。イヤでしたー。今は絶対いけられないと思う。
これと、年末にやらされる万年青(おもと、と読みます)。この2つ、ほんっとキライでした、練習。。。

えーとね。お祭りとか季節ものとゆーか、旬なものはタイムリーにアップしないとねぇ?
実は、山鉾巡行の同じ日の夕方、神幸祭というのがあります。
早い話がおみこしです。
自慢じゃありませんが、巡行も見たことなければ
(この日、1鉾だけ河原町通を動いてるのを生まれて初めて見ました、笑)
このおみこしだって見たことない。
のでしたが、たまたまこの日、おみこしが行われてそげな時間帯に近くにいたので、
もしかして見られるかも?と思って近くまで行ってみましたら。
木屋町あたりで交通規制。あー、これはやってくるのね、と待っていたら。
やってきたんですけど。
そんな暗くなかったと思うのだけれど、
私が露出補正を間違えてる(笑)。写真がくらーい。どれも失敗写真ばかりだったのさ。
まあ、ですけど、お祭りですしね。縁起ものですし(?)。
失敗でもアップするのさ。
b0132924_23351271.jpg


ほとんど写ってませんが(笑)、馬に乗った光源氏みたいなのがいました。

b0132924_23355552.jpg


よくわからないと思いますが、おみこしです(笑)。
あのね。ウイキに、
「神幸祭は朝の雅やかな山鉾巡行とは打って変わって、夕刻より行われる神輿渡御は
 勇壮豪快で荒々しいのが特徴である。3基の大神輿を総勢1000人以上もの勇猛な男達により
担ぎ揉まれて神輿が暴れ狂う様は圧巻である。いわゆる暴れ神輿というものである」
って書いてあるんですけど。
私の見たそれは、まったく暴れても狂ってもおらず。
声だけは「ワッショイ、ワッショイ」と大声でしたが。みんなフツーに歩いてるしさ。。。
神輿もただ持ってるだけっつーか。
三社祭とか、あーゆうのを想像してたので、あれれ......??でした(笑)
でもなんとなく京都っぽいと思ったのだった。イナセからは程遠いと申しますか.......
きっとルートの最後のほうで、もう終わりかけだったのでしょう!とゆーことにしておこう!(笑)

b0132924_2341410.jpg


で。それを見ていたところ。後をなにげに振り向くとこんな石碑発見。
ちりめん洋服発祥の地だって!
じゃなくて。
武市半平太が住んでたおうち跡ですって。まー、こんなところに。
土佐藩邸近いですもんね、ここからは。歩いて5分ぐらいかしら。
へー。と、こんなとこ何千回以上も前を歩いてると思うんですけど、
大河ドラマ見て初めて知った事実(笑)
これ書くと、また私、坂本龍馬ファンと誤解されるわ......違いますから(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-07-30 23:49 | kyoto