慢慢来

せめて目に涼

b0132924_226159.jpg


暑い暑い暑いあつい、って、言っても涼しくならないのに。
二言目には暑いと言ってしまうので。
それは良くない。
せめて見た目だけでも涼しい写真はないかいな?と。探してみました。
春にkyonkoちゃんと行って感動した松さんへ、7月にまた行きました。
またまた見ても食べても、お店の方のサービスも素晴らしく。
とはいえ、頻繁には来ることもできないので、せめて四季に1度は行けたら行きたいところです。
今回は、夜ご飯で、予約してたからか個室でしたので、
写真をパチパチと何枚か撮れたのであります。ふふふ。
上は、氷の器に入ったおそうめん。
おそうめんの前に、鮎が出てきて、この場で七輪で焼いてくださったのですが、
その鮎の骨を残し、さらに焦げ目がつくまで焼いたものをじゅっとおつゆにいれて。

b0132924_22121696.jpg


これはねぇ、、、色がちゃんと出てません。フィルムのせいかしら?
(と、すぐフィルムやらカメラやらのせいにする、笑。ピントもあってないっちゅーの)
桜海老のお吸い物。
もう桜海老色(?)に可愛いピンクだったのですがー、
なんか写真では不思議な色です。。。
桜海老のお出汁が絶妙で。

b0132924_22143747.jpg


食事途中に日が暮れてきて。
写真をちょうど撮っていたら、お店の人がご親切にも
「今、外の夕焼けが一番きれいですよ。あ、もう見てはります~?」って教えにきてくれました。
外の桂川もピンク色に染まって美しかったー。

b0132924_22155763.jpg


おまかせコースなので、最後に、
「おなかの具合どうですか?まだ入りそうですね、そしたらおうどんはどうですか?」
(この前にお茶漬けも食べてるが、笑)
と。いただきました。
なんとゆーか。わたし、見た目にインパクトのあるものを写真に撮る癖があるようです(笑)
他に、絶妙に繊細においしい料理の目白押しだったのですが、
そういうのは食べてるだけ(笑)
たとえば、蓼(たで)を初めて食しました。
蓼食う虫も好きずきの蓼。ナマで食べたら、なぜ「蓼食う虫も好きずき」と言うのか身を持ってわかったよ。
(苦いのです)
天麩羅にしてあるのはおいしかったです。

また、次回の季節に行くぞー!
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-06 22:24 | kyoto