慢慢来

晴明さんのその日

に。
とあるところに到着すると、人が多い。いつも誰もいないのに。人がうろうろしていた。
その日の晴明さんのお祭のせいかと思ったら、
そこに貼ってあったポスターで、このイベントだとわかる。
いろいろやってんのねー。
千両が辻とは、昔は1日に千両の儲けを出す店があるほど、にぎわっていたことからだそーです。

b0132924_225532.jpg


舞妓ちゃん達が、人んちの軒先(?)で、お茶点ててました。
いろんなお仕事があって、ホント大変だよね、舞妓ちゃん。
この写真撮ったとき、お茶点ててたのは、上七軒の梅比沙ちゃんでした。がんばれ~。
私がしゃべったことある数少ない舞妓ちゃん。うふ。
お座敷ではなく、上七軒のビアガーデンでお相手してもらった時ですけれども...

b0132924_221237.jpg


ここはいつもオープンにしてないのですが、この日はあけっぱにしてありました。
京都の美しい風景写真で有名な写真家の水野克比古さんのご自宅です。
ご本人もカメラを首にうろうろされてました。
このお庭を見ながら友達と、
「うわー、これは、THE京都」と言いながら写真を撮る京都人の私達(笑)。

と。
ここに来た目的はこのイベントを見に来たわけではなく。
(だいたい到着するまで存在すら知らなかったのであり)
本来の目的は、糖分補給。

b0132924_22171584.jpg

これはNatura/Natura1600撮り。
ここのパンケーキ、絶品なのだ。
ふわふわでー。すんごいおいしい。
今日こそは、ダブル(2枚)残さず食べてやる!!!と鼻息荒くしてやってきたのに、
やはり最後の2口3口がどうしてもどうしても入りきらなかった。
でもシングルだと足りないと思うのね。
今度はシングルで、バナナがいっぱい載ってるやつにしてみるかな....
会社から歩いて行ける距離ですが、夕方で閉まるので平日は行けない。
しかし、それは不幸中の幸いかも。開いてたら、週に2回ぐらい行っちゃうかも。
そしてかなりのカロリーをためこんでるかも。あぶないあぶない。

読んだ本。
「夜になると鮭は・・・・」  レイモンド・カーヴァー
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-10-24 22:38 | kyoto