慢慢来

有終の美

出雲大社の参拝を終えて次なる目的地。
出雲大社の次に行きたかった2番目の目的地へレッツゴー。
電車を安来で降り。安来といえば。
b0132924_131321.jpg

これですが(すごいブレブレ写真で申し訳なし。。。)。
ゲゲゲはスルー。
向かった場所は足立美術館。
足立美術館といえば、アメリカの"Journal of Japanese Gardening"という日本庭園専門雑誌(マニアックな雑誌よね。。。)が、毎年庭園のランキングを発表していて、
足立美術館は、8年連続日本一として選ばれているのです。
なので、どうしてもどうしても見てみたかったのね。
あと、ここは横山大観のコレクションが素晴らしいということなので、それにも期待大で。
で。その庭園はというと。

b0132924_131984.jpg


美しいです。
うわーっ。って感じ。しかもでっかいし。
毎日毎日、清掃・お手入れを丁寧にしていると、以前テレビで見ました。

b0132924_132336.jpg


これは四季折々でいろんな表情になるのでしょうねぇー。
ここはまた来てもいいなぁ~と思いました。
このお手入れ度合いが、キレイすぎる!人工的すぎ!と感じるかもしれませんが、
これはこれがいいのだと思うのね。
趣旨も、庭園も絵画であるという創立者の意見が反映されているようですし、
実際、窓枠を太めにしてあって、ちょっと離れて、窓枠を額として絵画のように見ると素晴らしいわけです。
しかしですね。。。

b0132924_132888.jpg


ここはすさまじく混んでました。。。。。。。びっくりするぐらい人がいました。
出雲ってどこ行ってもガラガラやなぁ、と思ってましたが、ここにいたか!ってぐらい。
足立美術館ってね、入場料がちょっと高くてびっくりするんですけど(大人2,200円)、
こーーんなに人がいたら毎日いくら儲かってるのか!ってついつい計算しちゃったわ(笑)
まあ、ほとんど団体さんで、ツアー料金に入ってるんでしょうけど。
私達が購入したJRのパッケージ、実はここの入場料込みでした。すばらしー。

b0132924_133433.jpg


喫茶店があって、運よく窓際の席がとれたので、しばらくぼーーーっとゆっくりと庭園鑑賞できてよかったわー。
喫茶店は、たぶん人があふれないようにという配慮のためと思われますが、全飲み物1,000円でした(!)
コーヒー一杯1,000円。
独り占めできる時空間を買うという感じです。

そして。横山大観コレクションも、もー量といい、質といい、すばらしかったです!
これ欲しい~~~~!って思う掛け軸がいくつもあったわ(笑)
桜がハラハラ散る絵なんて、まるで本当にハラハラと3Dで動いているような。
どの絵もパッと見るなり、絵の世界に入り込める迫力と繊細さでした。
あまりにどれも気に入ったので、図録も買っちゃったし。時々眺めてうっとりしてます。
構図からなにからすばらしー。構図は写真を撮るときの参考にとてもなっているような気もします。気ですが。

それから紅葉の季節のみ展示という、紅葉も(こちら)、それはそれは美しく、本当に来てよかったわ!!と。
正直出雲の旅中、一番、心からそう思った次第(笑) 
いやー。終わりよければ全て良し!なのだ。

足立美術館鑑賞後は、岡山へ、そして新大阪へ(なぜならJRパッケージは新大阪発着新幹線なのである。。。)。
新大阪の駅で、立ち食いうどんを食べました。とってもおいしーような気がした(笑)。
やっぱりうどん星人なのであった(笑)

ご参考までに。その雑誌が選んだ2010年度のベスト10庭園は以下の通りなり。
1. 足立美術館 (島根)
2. 桂離宮 (京都)
3. 養浩館 (福井)
4. 栗林公園 (香川)
5. 無鄰菴 (京都)
6. 平安会館 (京都)
7. 山本亭 (東京)
8. 二条城 二の丸 (京都)
9. 旅館石亭 (広島)
10. 佳翠苑 皆美 (島根)

どやって選んでるんでしょうね???
全ランキングは こちらー。

読んだ本。
「いつも旅のなか」     角田光代
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-26 01:39 | shimane