慢慢来

手を伸ばせばー

みなさん、地デジ化はおすみですか?
この後に及んで、私の部屋はまだです(笑)。
かといって、決してテレビを見ないというわけではないので、今週中にはテレビを買うなり、チューナーをつけるなり、
するのだよ、私よ。。。

さて。香港話に戻るよ。
どこまでいったかなぁー、と、本人もすっかり忘れていたので、前回何を書いたかチェックしてみたら、
ランドセルの話でしたね。
それがね、昨日、私は、またも、大人なのにランドセルを持ってる男子を見ましたよ。
25歳ぐらいの男の子。
まあ、おしゃれで持ってる感じでしたけどね(あたりまえか)。
実は、知らないところで流行ってるんだったりして。。。???

b0132924_20504657.jpg


さて、この写真は、春聯と呼ばれるものです。
お正月に、家のドアのところに貼ります。
(この暑いのに正月の話か!というつっこみはさておき)

ウイキによると、
春聯(しゅんれん)とは春節の風習の一つ。
赤い紙に各種縁起の良い対句を書き家の入口などに貼る紙のことである。
です。
だいたい右と左に対で張ります。
この言葉はいろいろあって、自分で詩を作って自分で書くという凝った人もいますが、
たいていは、こうやって旧正月前にお店が出ます。
売ってるのはたいてい、言葉はよく使うやつが多いですね。

上の写真で見てみると、
「学業進歩」「萬事如意」 これなんか日本人にもわかりやすいですね。
「一団和気」 家族でいつまでも仲良く、って感じでしょうか。いいですね。
「生意興隆」 商売繁盛。これもわかりますね。
「花開富貴」 これ、あっちではよく使います。単純にいえば富と地位を得るという意味ですね。
このように、香港では、めでたい言葉=お金につながる
という図式があります。
ですので、
「一見発財」 なんてのがあるわけです。一目見ただけで財を成す。
これ貼って本当にそうなるのなら、部屋中これ貼ってやろーじゃないの、私だって!
「横財就手」 ちょっと手を伸ばせば財産が入ってくる。。。
横着すぎないか??香港人。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-07-11 21:05 | hong kong