慢慢来

一方有難、八方支援


四川に行ったのは、9月末ー10月で、
乾燥した北京から行くと、湿気の感じが日本とよく似てるな~と思いました。
あと、車が怖かった(笑)。
スピード緩めない、クラクションずっとならしてるし、血の気多そう、と思いました。
実際交通事故もよく見たし。。。
唐辛子のせいかしら。。。?
とゆー、成都の写真を探してみたら。ほとんどない。。。
こんなん見つかったけど。
b0132924_1720384.jpg
b0132924_17212466.jpg

チャイナな遊園地の乗り物とか、だらけたトラとか。
観光客としてのやる気のなさが如実に出てるし。
いくら、四川に行った目的が九寨溝とはいえ、
ちゃんと成都でも観光したし、都江堰も行ったのに。。。。。

とゆーわけで、写真はまたしても九寨溝。。。
b0132924_17282478.jpg

家にいると、ついついCCTV(中国中央テレビ)のニュースをずっと見てしまいます。
さっき、昨日の19時ごろ、124時間ぶりに瓦礫の下から救出された女の人の
映像が映ってたんですけど、すごかったよ。
その人、結構元気で、「今、何日ですか?みなさん、助けにきてくれて本当にありがとう」
なんて救助隊に言ってるんだもん。
人間ってすごいなー、と思いました。
もちろん、心の傷はきっとあるだろうから、そんな元気はカラ元気なのだと思うけれど、
それでもすごいよね?
何の被害にもあってない、テレビの前でノータリンに座ってる私のほうが
元気をもらってるって、ダメだろう、絶対。。。。。
b0132924_17285190.jpg

ところで、地震の被害にあった人に、
心理学的に言うべき5つのこと、言ってはならない5つのこと(7つだったかな?)
とゆーのを、さっきやってた。
言ってならないのは、
「あなたの気持ちよくわかるわ、大変だったね」 とか、
「まだ若いんだから十分やり直せるわよ」
とかなんだって。
ついつい言ってしまいそうな言葉ばかりでしたが、それが余計心の傷を広げるのかしらん。
むずかしい。。。
b0132924_17291436.jpg

香港人は、こういうとき、意外と動くのが早くて、
スマトラ沖地震のときも、ものすごい募金活動やら、テレビのチャリティ番組とかが
あっという間に始まって、市民一丸という形になるのですが、
今回も早速町中で募金してて、毎回、「香港人ってなかなかやるやん」と、感心します。
トン・チーワ(前、香港で一番えらかった人)なんて500万ドルだって。
リー・ガイシンは3億円だったか30億円だったかな?
すごい。
まあ、有名人、いちいち誰がいくらって発表するところが香港的ですが(笑)

そんな中、今回よく見るスローガンのひとつが、
「一方有難、八方支援」ってやつ。
これなんで九方支援とちがうの??足して10とかではないの?
ちょっと個人的謎です。
誰か教えて。
b0132924_17293447.jpg

[PR]
by kaorin-xiang | 2008-05-18 17:53 | china