慢慢来

送り火

土曜日は送り火でした。
送り火の日に京都にいるなんて何年ぶり??
そして、せっかくなので、護摩木を納めよう!と思い立ち。
しかし、思い立ったのが遅いので、
うちから一番近い左大文字の受付、金閣寺前は当日午前中で締切。。。
(いつも準備なく思いつきで動くから。。いつものパターン)
うちの近所からは左が見えるので、左で納めたほうがいいと思うけど、
まあええか、と、当日3時まで受付している右大文字の受付、銀閣寺前に行きました。

いやー。銀閣寺なんて行ったのこそ、何年ぶりか?
20年なんてかるーく行ってない(笑)。
銀閣寺道が昔どんな風だったかすら覚えてないかった。
昨今の京都ブームのせいなのか、まるで原宿のよーで驚いたよー。
人ごみも、ねらったようなお店の数々も(笑)。
ものすごい観光客。と一緒にズンズク歩いていくと、
銀閣寺の門前にテントが出ていて受付をやっていました。
b0132924_044172.jpg

これが護摩木。
b0132924_23573078.jpg

書き方は、こうよー。
b0132924_23594865.jpg

いろいろと汚い字で書き終わったあと、ふと後のおばさまのを見ると、
心願成就と書いてあり。
そーゆう便利な言葉があったのだ。。。と気づいたけれどもすでに遅し。まあいいよ。
そして、書き終わったら、護摩木を受付の方に渡します。
奉納された護摩木は、火床に運ばれて燃やされるわけ。

8時から順番に点火です。
左大文字は8:15に点火なので、8:20ぐらいに家を出て、西大路通りに出てみました。
b0132924_0105223.jpg

実際、肉眼だともちっと大きく見えるのだけれど。
大の右下にチラリと見えてるのは、舟形。
(ご存知ない方へ。送り火は、右大文字、左大文字、舟形、妙法、鳥居です)
西大路通りは左大文字が真正面なので、よく見えるけど、歩道は木が邪魔してるので、
このように、車道のド真ん中が一番よく見えます。
横断報道を信号のたびに渡り、真ん中で止まって火を眺める(笑)。
この辺は、なーんにもないので、もちろん観光客がわざわざ見になど来なく、
近所の人が、晩御飯終わって、ユルい格好で、ユルーく見て、すぐ家に戻る。
とゆー雰囲気が、昔からぜんぜん変わってなかったわ。

今年の動画はこちらで見れるよー。
[PR]
by kaorin-xiang | 2008-08-18 00:22 | kyoto