慢慢来

DHLはちゃんと配達するのだよ



b0132924_14232028.jpg
↑入院してた部屋。(なぜに覗き見的?)
ひさびさに入院中の、ユルいタイ人に四苦八苦の話。
ちょっとお医者さんに書いてもらわないといけない書類ができたので、
ハハにDHLで送ってもらうことになったのは、退院も決まったほぼ1週間前。
「DHLって何?」とゆーハハの言葉に、激しくデジャブ。
まさに1年前、同じ会話をしたではないの。。。
戸籍謄本をシンセンに送ってもらったときに。。。
しかし、さすがデジャブだけあって、説明するとハハも覚えており、
つつがなく、書類は日本を出発したのでした。
しかし、次の日の夕方になっても書類は届かない。
ハハが日本のDHLに電話して確認してみると、すでにバンコクのDHLセンターには届いているが、
「本日はタイは祝日で病院は休みなので、病院に入れないし、受け取る人もいない。
なお、タイは本日より4連休なので、配達できるのは来週月曜日になる」
というのが、バンコクのDHLセンターからの回答だと、日本のDHLの人が教えてくれたそう。
祝日だろーが、日曜だろーが、病院は1日24時間1年365日あいているのではないか...?
5日もかかるなら高いお金払う意味がないじゃない?
すでにそれまでに、何件かFEDEXを受け取っていて、本人サインが必要なため、
受付止めではなく、病室まで届けてくれるのを知っていたし、
お花の配達もいつでも病室まで配達だったので、休みだからどうこうってないと思い。
これは、絶対、配達人個人が怠慢か、病院の担当者が怠慢かどっちかのはず!

と、電話を切って、ナースセンターまで行き、事情を説明すると、看護婦さんは、
「そうねぇ、祝日だから月曜日になるんじゃないかしらぁ」とのんきな答。
「月曜に私、退院するし!それに、この手のクーリエ会社は届けられるところが開いてたら休みなんか関係なく配達してくれるはず」と言っても、
「さぁ~、、、、わからないー」と相変わらずユルイ回答。
「じゃあDHLに電話して聞いてみて」と言うと、
「そこの電話番号がわからないわー」
電話番号案内で聞かんかいっ!タイにもあるやろ!
と、キレたら、しぶしぶと電話してくれ、DHLにつながると、さっさと私に受話器を渡して知らん顔。
ワタクシのほうが、もしや、モンスターペイシェント?
しかし、電話の向こうのDHLの人は、タイとは思えないぐらい素晴らしく(笑)、
「担当者が勝手な判断をしてしまったようで申し訳ございません。
早速、明日正午までに届けるように手配いたします」
とのお返事どおり、次の日の午前中にやっと書類が届いたのでした。
そして、その書類を記入してもらうまでに、また一騒動あるのだけれど、それはまた今度(笑)。

話変わり。現在、ハハの友人が入院中で、話を聞くと、外科なのに、
食事はしっかりとカロリー計算のもと、老人なので少なくてよいと、
食事がめっちゃ少なくて足りないのだそう。
思い返せば、まったくカロリー計算などなかったとしか思えないバンコクでの入院食事生活。。。。
b0132924_14233556.jpg

[PR]
by kaorin-xiang | 2008-09-09 14:27 | thailand