慢慢来

カテゴリ:shimane( 7 )

有終の美

出雲大社の参拝を終えて次なる目的地。
出雲大社の次に行きたかった2番目の目的地へレッツゴー。
電車を安来で降り。安来といえば。
b0132924_131321.jpg

これですが(すごいブレブレ写真で申し訳なし。。。)。
ゲゲゲはスルー。
向かった場所は足立美術館。
足立美術館といえば、アメリカの"Journal of Japanese Gardening"という日本庭園専門雑誌(マニアックな雑誌よね。。。)が、毎年庭園のランキングを発表していて、
足立美術館は、8年連続日本一として選ばれているのです。
なので、どうしてもどうしても見てみたかったのね。
あと、ここは横山大観のコレクションが素晴らしいということなので、それにも期待大で。
で。その庭園はというと。

b0132924_131984.jpg


美しいです。
うわーっ。って感じ。しかもでっかいし。
毎日毎日、清掃・お手入れを丁寧にしていると、以前テレビで見ました。

b0132924_132336.jpg


これは四季折々でいろんな表情になるのでしょうねぇー。
ここはまた来てもいいなぁ~と思いました。
このお手入れ度合いが、キレイすぎる!人工的すぎ!と感じるかもしれませんが、
これはこれがいいのだと思うのね。
趣旨も、庭園も絵画であるという創立者の意見が反映されているようですし、
実際、窓枠を太めにしてあって、ちょっと離れて、窓枠を額として絵画のように見ると素晴らしいわけです。
しかしですね。。。

b0132924_132888.jpg


ここはすさまじく混んでました。。。。。。。びっくりするぐらい人がいました。
出雲ってどこ行ってもガラガラやなぁ、と思ってましたが、ここにいたか!ってぐらい。
足立美術館ってね、入場料がちょっと高くてびっくりするんですけど(大人2,200円)、
こーーんなに人がいたら毎日いくら儲かってるのか!ってついつい計算しちゃったわ(笑)
まあ、ほとんど団体さんで、ツアー料金に入ってるんでしょうけど。
私達が購入したJRのパッケージ、実はここの入場料込みでした。すばらしー。

b0132924_133433.jpg


喫茶店があって、運よく窓際の席がとれたので、しばらくぼーーーっとゆっくりと庭園鑑賞できてよかったわー。
喫茶店は、たぶん人があふれないようにという配慮のためと思われますが、全飲み物1,000円でした(!)
コーヒー一杯1,000円。
独り占めできる時空間を買うという感じです。

そして。横山大観コレクションも、もー量といい、質といい、すばらしかったです!
これ欲しい~~~~!って思う掛け軸がいくつもあったわ(笑)
桜がハラハラ散る絵なんて、まるで本当にハラハラと3Dで動いているような。
どの絵もパッと見るなり、絵の世界に入り込める迫力と繊細さでした。
あまりにどれも気に入ったので、図録も買っちゃったし。時々眺めてうっとりしてます。
構図からなにからすばらしー。構図は写真を撮るときの参考にとてもなっているような気もします。気ですが。

それから紅葉の季節のみ展示という、紅葉も(こちら)、それはそれは美しく、本当に来てよかったわ!!と。
正直出雲の旅中、一番、心からそう思った次第(笑) 
いやー。終わりよければ全て良し!なのだ。

足立美術館鑑賞後は、岡山へ、そして新大阪へ(なぜならJRパッケージは新大阪発着新幹線なのである。。。)。
新大阪の駅で、立ち食いうどんを食べました。とってもおいしーような気がした(笑)。
やっぱりうどん星人なのであった(笑)

ご参考までに。その雑誌が選んだ2010年度のベスト10庭園は以下の通りなり。
1. 足立美術館 (島根)
2. 桂離宮 (京都)
3. 養浩館 (福井)
4. 栗林公園 (香川)
5. 無鄰菴 (京都)
6. 平安会館 (京都)
7. 山本亭 (東京)
8. 二条城 二の丸 (京都)
9. 旅館石亭 (広島)
10. 佳翠苑 皆美 (島根)

どやって選んでるんでしょうね???
全ランキングは こちらー。

読んだ本。
「いつも旅のなか」     角田光代
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-26 01:39 | shimane

お約束な

ニャンコ写真@松江。

b0132924_23281730.jpg

あんた誰!?と警戒され、

b0132924_23282214.jpg

これ以上来たら怒るでぇ、と威嚇され、

b0132924_23282857.jpg

離れて緊張やわらぐ。
の図。


そーいえば。出雲のどこかで(どこか忘れたが無人駅)電車乗ろうとしたら、どっちのプラットフォームなのかがわからず。
どっちといっても対面で2つしかプラットフォームないのだけど、
よくある、駅名 こっちXX駅  あっちXX駅 の立て札みたいなのもなかったし、
しかもどっちのプラットフォームにも同じ地名があって、謎、謎、謎。。。
なんとなーく思いついて、無人の待合いに戻って壁にひっそり貼ってある時刻表見たら、
時刻の横に出発のプラットフォーム番号が書いてありました。
同じ方向に行くのでも、乗るプラットフォームはバラバラでした。
だいたい、時刻表見てプラットフォーム確認て、ここはヨーロッパか!
と友達とつっこみいれつつ、無事に正しい電車に乗れたのでした。
みなさんも。無人駅のちっこい駅ではヨーロッパ方式にて確認(笑)。気ーつけてください。


読んだ本。
「パリでメシを食う。」     川内有緒
.............. 私もがんばらな!
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-22 23:36 | shimane

神在月を狙い打ち


さて。出雲鉄子の旅つづく。
JRで購入したパッケージは、宿泊はついてないけど、山陰線(というのかしらん?)は乗り放題。
特急もOK!というやつだったので、宿は温泉にしよう!と、某温泉地にしました。
つまりこの旅の目的その2。
ちなみに玉造ではありません(笑)
そしたら、その宿がちとはずれだった。。。
いろいろな意味で。一番は温泉が狭すぎて、蛇口が5個しかないような女湯で。
ジムのお風呂のほうが3倍ぐらい広いぐらい(笑)
入ったときにすでに先客5名いたので、
後で素っ裸でぼーーっと立って待っていなければならなかったとゆー。。。
しかも脱衣所ときたら2畳ぐらいしかなくて!
ここでどうやって着替えるのだ!!!!ってゆーぐらい狭かった。
ご飯がどーのとか、部屋がどーのとかこーのとかより、温泉なのだから温泉さえ良ければすべてよし!
にしたかったけれど、はずれだったのが残念どした。

まあ。気を取り直し。
そんな宿は早朝にチェックアウトして向かうは目的その3。

b0132924_2120237.jpg

もちろん、出雲大社。
日本全国が神無月になるとき、出雲さんは神在月。
それを狙ってもちろん行ったのさ。
万の神様が出雲で勢ぞろいしてサミットするときに、私のお願い聞いてもらおーと。

b0132924_21203183.jpg

朝早いせいなのか、なんなのか、人は少なめでした。。。
もっと、大晦日の八坂神社なみに激混みかと思っていたのでほっとした。
でも20日の縁結祭のときはきっとすごい人なのだろうと思いますが。

b0132924_21203582.jpg

生まれて初めて行った出雲さん。
思ってたより地味(失礼!)といいますか、大地的といいますか、
でもなんかしらんやっぱり日本神話とか思い出したりしたりするそんな場所でした。

そいでまた、出雲さんに到着するまでの参道が地味っちゅーか。
もっとお土産屋さんとかドサーーーッとあるところかと思いきやまったくない。
まあ、妙にキラキラしてるより素朴でいいと思いますけど。

で。島根はぜんざい発祥の地らしいですが(書いてあった)、
そうやって書いて宣伝してるお店は人が並んでいたので、
だーれもいないお店に入ってみた。

b0132924_21204016.jpg


前日食べたお茶菓子が甘かったのでドキドキしながら食べた。
甘さ控えめでとってもおいしかったよー。
そーいえば、このお茶がなんや変わったお茶やったような記憶が。。でも忘れた。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-21 21:41 | shimane

thanx

b0132924_2241889.jpg


香港の写真はまだですので。
出雲旅の話の続きに戻るのですが。
だんだん記憶のかなたになりかけてて(はやいなー)、あまり書くこともなく(笑)
まあ。がんばります。
途中でやめないよう!

で。
上の写真は、2日目の朝、出雲大社へ行くためにバス待ちをしていたとき。友達(の靴)をパチリな写真。
この写真、FlickrでExploreに選ばれましたー。嬉しいですー。ありがとー。
前回前々回選ばれたときも、もちろん嬉しかったけれども、
前回のコスモス写真は、まあなんとゆーか、逆光でのコスモスとゆーある種定番写真なわけで、
わりと誰でも撮るタイプの写真なわけで。
でも今回のは、ちょっと私っぽさが出てるのかな?とゆー感じが嬉しいのであります。
しかし、毎度、人のおめでとーコメントで知る私。。。どーなのだろうか、それは。。。?
この写真には、「waiting」とゆータイトルをつけました。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-16 22:56 | shimane

なにかしら。。。。?

試合待ちタイム。。。

んー。そろそろパッキングをしなければいけませんが。
服が。服何持ってけばいいかわからーーん。
たとえば、明日の天気予報。 
京都の最高気温  4度  最低気温 マイナス3度。
香港の最高気温  16度 最低気温      7度。
香港の最低気温は京都の最高気温より高い。
しかし、香港は、16度といえども暖房がない。おまけにバスやレストランでは冷房が入っている。
だからといって着こんで外を歩くといくらなんでも16度ではそれは着過ぎである。
そして気温はぐんぐんあがるようで、6日の最高気温予想なんて24度である。
この数式を解け。。。。。。って感じだわ。
夏服なんてー。中なんですけどー。中!(どこの?)


さて。出雲旅の話に戻りまして。
その前に。予習として以前の こちらの日記を読んでいただけると、今回の日記さらに楽しんでいただけること請け合い。

この旅行の目的その4ぐらいが、1日目の夕方に訪れました。
島根には宍道湖という有名な湖がありますね?
宍道湖で見る夕日は美しいのではないのー?と、電車の中で唐突に思い立ち。
その美しい夕日の写真を撮ってやろーではないかと。やる気まんまん。
松江市のホームページを見ると、日の入りの時間まで書いてあるのです。
これは、宍道湖の夕日がいかに美しい景勝であるかを物語っていますね?
松江市の このホームページをご覧ください。
こーんなに美しい光景が出てきます。
ね!素晴らしい!


で。私が見た光景がこちら。

b0132924_221660.jpg


なんでしょうか。。。。夕日はどこなの。。。
私、わりと晴れ女なんです。なので、この原因は連れの友達です。
本人も言ってましたから。前も夕日のスポットでまったく見れなかったことがあると。


b0132924_2211119.jpg


しかしー。
言っておきますが、これは白黒フィルムで撮ったのではもちろんありません。カラーです(笑)

b0132924_2211619.jpg


秋だというのに、とっても珍しい黄砂が飛んだ日です(あったでしょ?)
まあ、これはこれでわりといい写真になったかな。。。と思ったりするわけですが。本人は(笑)


b0132924_2215161.jpg


そして。さすが宍道湖。湖岸はしじみの殻がザクザクー。


読んだ本。
「学問」     山田詠美
.......... やっぱエイミーはすごいなぁ~。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-01-29 22:24 | shimane

あてどなく

b0132924_22532689.jpg


どこにも入らないので。
つまり時間が余る~(笑)。
と言って、行くあてもないので、松江の町をただぶらぶらぶら。

b0132924_22533390.jpg


歩いてたら、レトロビル。
郵便受けが不思議な形で素敵ー。

b0132924_22533849.jpg


階段をあがってったら、一番上が雑貨屋さんでした。

b0132924_22534386.jpg


歩きつかれて、甘いもん。
出雲の和菓子はおいしいと評判なので期待大。
でしたが。。。かなーり甘かったっす。京都の標準からしたら相当甘かった。
でもこれは、たぶん、私が思うに、出雲の方は抹茶を普段飲みでゴクゴク飲むということですから、
たぶんそれにあわせてお菓子も甘くなってきたのではないか。
という気がしました。
つーか、そもそも一度に2つも頼む欲張りな私がいけないのである。


読んだ本。
「紙の空から」    柴田元幸・編
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-01-27 23:04 | shimane

11月鉄子

b0132924_22525273.jpg

それは、紅葉がやっと赤くなってきたかという頃のことで。
つまり今からもうだいぶ前のことでして。
JRって、結構いろいろなパッケージを出してますね。
新幹線+目的地エリアの在来線乗り放題+目的地のいろんな施設無料
みたいなやつ。
それを購入して行ったわけですがー。。。。

b0132924_2252577.jpg

なんせ説明書きをちゃんと読まない人であるが故。
この周遊バスが無料というのは知っていたので乗ったけど。

b0132924_2253292.jpg

博物館とかそういうのまで無料だと、ちゃんと読んでなかったもんで、
300円もするしねぇ(ケチくさい!)、別に見なくていいよ、とか行ってどこにも入らず(笑)
入ったのは、こんな無料の資料室。
(でもここは、大正天皇が確かお泊りになったという洋館。。違ったかしらん?もう記憶も彼方だ)

b0132924_2253612.jpg

お城の中も無料で入れたのに、入らずじまい。
つまりはお金を払ってまで見てみたい!というほどの興味がそもそもなかったとゆー。。。
お城も博物館も。。。

b0132924_22531128.jpg

とゆーわけで例によって例のごとく食に走る!(笑)
お昼ごはんは、もちろん割子そば。とろろ割子を頼みました。
田舎そばの太麺は苦手なので、できるだけ更科っぽい細麺を出す店を探して。
ここは大正解でした。

b0132924_2253391.jpg

市民ホールみたいなとこでやってたご当地(?)物産展的イベントにて。
炭で鶏肉焼いてていとおいしそーでした。
食べてないけど。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-01-26 23:13 | shimane