慢慢来

カテゴリ:burma( 2 )

夕暮れ時のまったりタイム - ミャンマー編

また夕日に戻ってるし...
朝日にしようと思ってたんですけどー。
写真が見つからないのでー。探します。。。。

こうやって見ると、ミャンマーではアホの一つ覚えのように、
毎日、夕日、夕日、夕焼け、夕焼け、な旅だったのね。。。
まあ、ひとりだったしな。
黄昏たかったのかもしれない(笑)。

こちらが、パガン。
とがってるように見えるのが遺跡。この景色と夕日を見ながら気球が飛んでてー。
やっぱ乗るべきだったよね。。。。
b0132924_2355754.jpg
b0132924_23551416.jpg

ここはどこでしょう??でもヤンゴンで夕日を見た記憶は絶対にないので、
これもパガンだと思います。
b0132924_23552270.jpg
b0132924_23553349.jpg

これはさっきと同じところなのか違うところなのや?
今となってはそれすらもわからない。。。。
b0132924_23554135.jpg
b0132924_23554974.jpg

こちらはマンダレーという街。から、ちょっと郊外へ。
雇ったバイク運転手が子供の頃からお世話になった寺がやっている寺子屋(兼住まい)
みたいなところにつれていってくれました。
b0132924_23555577.jpg
b0132924_2356347.jpg

ここもマンダレー。あのー、落ちそうな岩があるところです。
(もっとちゃんと説明できんのか。。。)高台です。
b0132924_23561030.jpg
b0132924_23561693.jpg

ビルマの竪琴なんて本があるだけあって、
祖父母が日本人と交流してた話とかをしてくれた現地の人に何人か会いましたっけ。
ここのそばには、日本兵のお墓もありました。
(日本人なので、ムリヤリつれてかれたとゆーか)。
この岩を見るに、入場料を払って、階段をあがっていくのです。
それで、バイク運転手はついてこず、下で待ってました。
高台から降りる間に、「明日は滝に行きませんか?僕が車アレンジできるよ」っていう
セールストークにあって、なかなかよさそうな話だったので、その話にのることにし、
運転手のところに戻って、「明日この人と滝に行く」って告げたら、
烈火のごとく怒り出しました。
「僕だって、滝に行こうと決めていて、もうアレンジしてるんだ」
なんていい出して、ものすごく激しく怒ってるけど、
別に、毎日あんたを雇う、って決めてないやん?
つーか、滝に行こうと勝手にアレンジって、私聞いてへんやん?
毎日誰を運転手に雇おうと私の自由とちゃうの?
サービスに応じてさ?
と、私もだんだんムカついてきて、喧嘩になったのですが。
それを見て、セールスしてきたナイスガイが、「いいよじゃあ」と降りてしまい。
結局、このヤな運転手と次の日もいたのよね。。。。
思い出したらムカついてきた(笑) 
今から思うと、サービスにより、とかいう資本主義的考えは、彼にはわからなかったのかも。
このヤーな運転手の話は、また書くね(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2008-06-05 00:15 | burma

人の情けは素直にうけてもええのになぁ

b0132924_1182354.jpg

5-6年ぐらい前だったか(?)、一人でミャンマーに行きました。
行ったルートは、ヤンゴン、パガン、マンダレー。
パガンは遺跡がたくさん残る田舎町で、とっーーーーてもよいところで、
マンダレーもまあまあいいところだったけど、
正直ヤンゴンは、なんだかなぁ、、、って感じ・・・(そーいえばまだ首都だった)。
b0132924_1221382.jpg
    ↑やたらキラキラー。ギラギラー。な、お寺係。

空港の入国審査官に正々堂々と米ドルの賄賂を要求されたり(そして、みんなあげる、笑)、
ヤンゴンでは、観光というものがまだまだ商売としてなりたっていないからか、
ほかのアジア諸国のように、競合による価格破壊というものがなくて
(パガンやマンダレーは、客引きあり、どんどん安くしてくれる競争ありだったのに)、
タクシーがみんなで結託して、一律に高額定価を設定してたり、
(忘れたけど、ええええ!???ってゆーほど高かった。ので乗らなかった)
刺青、サングラス、超ガラ悪そうなお坊さんがいっぱいいて驚いたり。
「日本ではケーサツとヤクザがああいう感じで」と言うと(え、偏見?笑)、
「この国ではえらい坊さんもいっぱいいるけど、裏社会と精通しているのもいっぱいいる」
と言われて、納得したり。
b0132924_1193417.jpg

アジアの国なのにごはんが全然おいしくなくて、辟易し。
(ミャンマー人には、おいしいもの食べたいなら中華といわれ、
ヤンゴンで知り合った中国人には、おいしいもの食べたいからと、日本食屋につれていかれた)
食のおいしいタイや中国、インドが隣国にありながら、
そのおいしくなさは、やっぱり貧しさが理由なのかな、と思ったり。
b0132924_1195087.jpg
         ↑自分の椅子を持って登下校。

ヤンゴンの確か、王宮だったか、なんだったかそーゆうのを見に行ったとき。
入る前も出るときも、外人に対しては軍のチェックが厳しくて。
軍服着た怖いおっさんらに、パスポートのチェックはもちろん、
入った時間、出た時間まで書かされたのに、王宮そのものはなーーーーーんにもなくて!
なんやねんな、これ、ナメとんか、ちっちっちっ。。。って感じ。笑えるぐらい。
b0132924_120496.jpg

英語熱がすごくて、やたらと「英語勉強してるんで、お話してもいいですか!」って、
熱心に話しかけられるのはおもしろかったけど、
中には、本当のことはこの国では言えなくて、とか真面目な話をする人もいたりして。
この国で、大学まで出たのに、就ける仕事がバイクタクシーの運転手しかないのだ、とか
雇ったバイクの運ちゃんに言われたりして。
日本も含めて、どこにも完璧な国なんてないけれど、
その国では確かにゆがみを感じ、なにせ一人旅でもあったし、いろいろ考えたりしたけれど。
b0132924_1201913.jpg

外国人の、なんのパワーも持たない私には何もできることがない。
せいぜい、観光客としてお金を落とすことしかできない。
そして、今も、やっぱりお金を寄付するぐらいしかできないのに、
そのお金さえ、ちゃんと困ってる人に本当に届くのかすらわからないというけったいな政治背景。
b0132924_11853100.jpg
      ↑はっきりいって、ここは中国の田舎といわれても超納得な景色....

貧しそうではあったけど、庶民には生活のパワーを感じたし、素朴で親切な人が多かった。
サイクロンで助かった人々が、二次災害で疫病にかかってしまったりしないよう、
早く何とかして欲しいと、ニュースを見ながら、でも願うことしかできません。。。
b0132924_1305224.jpg
     ↑えーと。なにしてはるんやったっけ、これ。。。。?

ところで。この国の、一番のツボは、中古の京都の市バスがいっぱい走ってたこと。
文字とかサインとかもちろんあのまんまで。
あー、202番やー、とか京都駅行きやでー、とか見るたびにテンションあがってた(笑)。


(日本語ではミャンマーと書いたけど、カテゴリーは、軍事政権前の名前のまま、ビルマにしておきます。)
[PR]
by kaorin-xiang | 2008-05-17 01:42 | burma