慢慢来

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

北野をどり

b0132924_2312521.jpg

まだ桜の写真載せてるんかいっ!
と、あきれてるそこの皆様。
でもね、これ、本日撮影の写真。
b0132924_23141499.jpg
b0132924_23144586.jpg

ね。4月下旬でしょ?
境内で咲いているのはこれが最後でした。
いくら桜で有名な平野さんといえども、この時期に桜を見に来る人なぞほとんどいなく。
しばらくは境内に私たった一人。桜独占(笑)。
と、そこにやってきた男の人が教えてくれました。
この桜、花の中に花が咲くとゆー種類なんだそーです。
b0132924_23192185.jpg

ピンクの花の中に真ん中に白い花が咲いています。そのため、花びらの数がすごい多いんだって。
なるほどー。

ところで。
こないだの土曜日は北野をどりを見てきました。
b0132924_23242126.jpg

春になると、花街で芸妓さん・舞妓さんの舞いの披露があります。
花街により名前が違い、たとえば先斗町なら鴨川をどり、祇園甲部なら都をどり。
そして、上七軒が北野をどり。
上七軒ってどこ?とゆー人も多いと思いますが、北野天満宮のあのあたりよ。
こういうをどりって、たいていお茶席つきなのね。

b0132924_0371869.jpg
このように、芸妓さんと舞妓さんがお茶をたててくれます。
(写真がブレブレです。。。)
といっても、お客さんはたくさんですので、二人で優雅にたててたら、いくら時間があってもたりない。。。奥からダーーッとお茶が次々と出てくるとゆーわけ。
なので、よっぽどご贔屓さんでもないかぎり、あなたが飲むのは裏でたてられたお茶。
お菓子は、上七軒の場合、鶴屋さんか、老松さんか、玉寿軒さんかのどれかが日替わりで出ると聞いていたけれど、この日は鶴屋さんのお饅頭だったわ。
おいしかった。




ところで、先斗町の歌舞練場は劇場~って感じですが、
上七軒の歌舞練場は町屋の中にある練習場って感じです。
b0132924_23482771.jpg

こんな感じで。中庭あり、池があり。おうちって感じよね?
(まー、家にしては広いけどさ)
夏はビアガーデンがあって、普通に入って飲めるよー。一般人でも。
b0132924_23571140.jpg

あー。それにしても。
ひさびさに見た芸妓さんと舞妓さんの舞いは、とても雅で目の保養だったわー。
三味線の音色も耳に保養。
極楽至極。やっぱ毎年見ないと!(笑)
知り合いに席とってもらったので、ラッキーにもご贔屓さん席、前から3-4列目の真ん中で、
とってもよく見えました。感謝。
しかし、ご贔屓さん席だけあって、後のお客さんうるさい........
ずーっとしゃべってはった。
「なんとかさん、痩せはったな」とか、「やっぱりなんとかさん、キレイな」とか。
ずーっとしゃべってんのは中国人だけではないのだ、と思い出しましたわ(笑)。
最後の舞のとき、芸妓さん・舞妓さんが、舞台から手ぬぐいをおひねりで投げるんですけど、さすがご贔屓席。
ゲットしました(笑)。
芸妓さんのサインつきなので、どの方だったか後からパンフで写真をチェックしたエロおやじ的なワタクシ。。。
b0132924_23585429.jpg

ゲットした手ぬぐいと、お菓子をいただいたときのお皿。
このお皿はもらってもよいもの。
知り合いによると、たまにおうすのお茶碗持って帰るふとどきものがいるそーです(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-29 23:58 | kyoto

小袖展

なんで新世界なんぞまで行ったのだ?といいますと。
本当の目的は、こちら。
b0132924_22381187.jpg

天王寺にある大阪市立美術館で開催中の「小袖 江戸のオートクチュール展」を見に行ってきたのです。

まず、天王寺公園に入るのですが、私の天王寺公園の勝手なるイメージはですね。
わけのわからんおっちゃんとかおばちゃんが、自分でアンプ持ってきて、勝手に朝からカラオケやってる、
ってやつだったんですが(笑)。
そんな人いませんでしたわー。
あれ~?そのイメージはどうして出来上がったのか?
しかも天王寺公園って有料ですのよ、びっくり。
(美術館行く人は無料)
なので、ヘンな人いませんでした。。。。(←ちょっとがっかり)

で。この小袖展。すばらしかったよー。
江戸時代初期から後期までのいろいろな小袖が展示されていてね。
もうそりゃ、襟や袖口ボロボロのものから、
葵の紋が入った「もしや、大奥で誰かの側室が着てたやつ??」ってやつやら、
いろいろありました。
元禄時代のものとか特に派手。
ってゆーか、全般的にやっぱ派手。現代と比べるとね。
古今和歌集の好きな歌の頭文字とって、その漢字を刺繍してたりしてるのもあったり。
現代感覚だと、果てしなくやくざの姉御っぽいんですけど(笑)。
おもしろかったです。いや、昔の人はほんとちっこくて、ほそいね。
着物を広げて飾ってあるんですけど、身ごろこの幅ってことは、着たらこの半分以下?ほそっ!みたいな(笑)。
あと、どうやって注文してたのかと思ったら、やっぱりデザイン帳があってね。
それから選ぶのねぇ。もちろんそんな選んで買えたのは、ええとこの武士の家とか、金持ちの商家とかでしょうけど。
うらやましー。
あと、前田家に嫁いだなんとか宮さんの嫁入り道具とかもあって。
見所満載でしたー。
関西地区の方はぜひー。

で。見てたら、ひとりおばちゃんが
「こんなんなぁ、キレイに作ってもなー。お風呂入れへんくせになぁ」
と私達に向かって言って笑えた。
まあ、江戸時代の人は風呂好きと聞いてますけど、どうだったんでしょうね??

それから、ひとりで来てる女性ですごい人がいました。着物着てたんですけど、その着方がねぇ~。
(眉をひそめるおばさんがここに、笑)
まず、襟抜きすぎ。めっちゃ抜きすぎ。白塗りしたくなるぐらい。首を。
そして、着物は染めのボルドーみたいな色のちょっと格子柄だったんだけど、
帯が半幅だったのよね。。。なんで半幅?
なので、帯の結び方が、浴衣んときの蝶々結び。
それも、結んだ位置もローライズ。なんでそんな下で結ぶのん?とゆー。
そいでおはしよりもぐちょぐちょで。
これが20歳そこそこならなんでもいいよ。たぶん、35歳前後。
たすけてー。たすけてあげてー。誰か言うたらなあかんでぇ~(笑)。

b0132924_22543885.jpg

これ近所のハハ友のカザフスタン土産。
あ?ウズベキスタンだったかな。。。。?
器の感じとか、この新疆ウイグル干しぶどうとか(これは香港にも売ってるけど、、、)。
イスラムっぽい~。異国って感じー。
どっか行きてぇーーーーっ!
b0132924_22564865.jpg

干しぶどう以外は、基本、砂糖の塊でした。めっちゃ甘い。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-27 22:58 | osaka

チエちゃんと王将と春団治がまざって

昨日、また大阪に遊びにいっちまいました。
しかも、生まれて初めての土地へ。
こちらです。
b0132924_23515494.jpg

あれに見えるは通天閣。これに見えるは新世界~。
感動しましたわっ!まさにディープな大阪♪
ここに来る前に、行くところがあったので(また書きますわ)、新世界に着いたのは3時頃。
まずは通天閣に上ろじゃないかっ!と歩いておりましたら、
突然、横っちょからおっちゃんが声かけてきた。
最初5秒ほど聞き取れてなかったので、なんの店の勧誘やらわからない。。。けど、
「ここら、いっぱい店あるけどうちが一番おいしいんやで!」と自信満々。
(何の店でしょう???いっぱいあるとゆーから串かつ屋か、やっぱり?)
まー、なんせ、通天閣に上らないと、と思っておりましたので、
私「あー。今はちょっとぉ。。。また後で(≒Noのつもり)」
おっちゃん「あ、そう?ほな、割引券わたしとこか?」
私「ほな、ください」
おっちゃん ポケットに手をつっこむも 
「あれ。ないわ(ないんかいっ!)、ゴメン!大丈夫。店、入ったらオレのこと探して。顔覚えてるし」
私 (ほんまかいな。。。?)「わかりましたー」
そもそも、あなたの店はいったいどこにあるんでしょう?
そして、このおっちゃん、なぜか手に、くいだおれ人形のプリンのおみやげセットみたいな箱
持ってたんですけど、それはなにゆえ??

実は、4-5日前、チュートリアルの番組で、チュートと叶姉妹がまさにこの新世界と通天閣に行ってた
テレビを見ました。
叶姉妹はいつものごとく真っ赤のド派手な格好でしたが、新世界にぜんぜん負けてなかったのがすごかったよ(笑)。

そして。通天閣に上りました。
いやー。大阪って、山遠いねんなぁ。すぐそこが生駒山とゆー気がしてたのですが、そうじゃなかった。
昔、新宿の高層ビルから東京の街を見たときも、
うわー、山がない。さすが関東平野。と思ったもんですが。
(京都って四方がすぐ山ですし)
そして、緑が全然ないよっ!大阪の町。酸素足りるのん??これで?ってゆーぐらい(笑)。
かろうじて、真横の天王寺公園のあたりだけうっそうと茂ってるだけ。
ほんっっとーに緑ない。ぜんぜんない。ビルばっかり。キレイとは言いがたいです。
橋下さん。まず緑化を。ぜひ。
通天閣のすぐ下にあるラブホが、屋上に、こっち向いて看板出してて(つまり看板が斜め上向き)、
「通天閣にお越しの思い出に」 とかなんとか書いてあったのがナイスでした(笑)。

と、そんな眺めを見ながら、紙パックのコーヒー牛乳を飲みながら、友達とユルイ会話をエンエンと。
「通天閣ってテレビ塔?東京タワーみたいに?」
「えー、まだ現役なん??」
「そーいえば、地デジ大使どーなんにゃろなぁ?」
「そら、おろされはるんちゃう~?」
「かわいそうになぁ」
「逮捕しやらんでもええのになぁ」
「中居くんとかキムタクとか怒ってはるやろなぁ」
「ほんで、ゴロちゃんが、参っちゃうね、とかポロッと言うて、おまえが言うなっ!ってまた怒られんにゃろなぁ」
「今度のゴールデンウイークに京都に人たくさんきはると思う?」
「今年はみな海外行くんちゃう?」
「でもほら、高速が1000円やし、車でどっさりくるかもやで?」
「あー、、、、」
「来ていらんなぁ~」

そして。通天閣降りて、おっちゃんの店ではない、別の店に行きました。
夕方4時からビールと串かつ。失業中の甘美な幸せ(笑)。
平日夕方は、さすがに不思議な客層。
21歳のヤンキーやら、中高年の不思議なカップルやらに混じって、カウンターでガツガツと。
おいしかったわーーー!!!また食べにきたい!ぐらい。
10本食べても1,050円!すばらしー。

で。地下鉄の駅まで、ジャンジャン横丁を通ってったんですけど。
噂に聞いてはいましたが。すごいな!ジャンジャン横丁!
時止まってるね?昭和40年ぐらいでさ?ガラス張りのでっかい将棋屋(将棋教室?)があったりして、
しかも、おっちゃんがズラーッと将棋してたりして、まさに王将!な世界。
夕方5時に、すでに満杯の見た目も昭和のままの串かつ屋とか。
私の頭の中は、王将と、じゃりんこチエと、芸のためなら女房も泣かす~とがグルングルン(笑)。
ディープな大阪ーーーーっ!
夜は絶対女二人では来れない気する(笑)。おばちゃんやけど。
そして、やっと横丁抜けたと思ったら、新聞スタンドのところで、アヒルを飼ってて、「あひるの新聞屋さん」の文字が。
シュールだ。混沌だ。
大阪の下町は深すぎる。

次は、ぜひ、いまだ遊郭があるとゆー、飛田新地に行きたいです。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-25 00:20 | osaka

大阪ラプソディ

b0132924_13555567.jpg
なんだかkyonkoちゃんも大阪について書いていて、シンクロしてます(笑)。
土曜日、ひさびさに大阪に行ったのでございます。
そこでいろいろ思うことありでしたの。
b0132924_141996.jpg

まず、お昼ご飯を心斎橋の某洋食屋さんで食べました。
人気店のようで、しばし待ってないといけなかったんだけど、
もう待ってる間から、そのお店にすごい気持ちのいい気が流れてるのがわかった。
なんだろなー、すごい風通しがいいってゆーか。
出てくるお料理もおいしいんだろうなぁ、って事前にわかった。
それは、お店の人全員のハキハキした受け答えとか、ボーッと立って待ってた私達に、
「ここで座ってお待ちください。順番ぬかしたりしませんから」と笑って薦めてくれるオーナーらしき人の対応とか。
サービスいい店なんて、そりゃ京都にだってあるけど、大阪のサービスってのはちょっと違うよね?
もちろん、大阪の人は商売のサービスに対しては、ものすごく厳しいから、
ちょっとヘンなサービスしただけで、クチコミで「あそこあかんで、もう」とかなって、すぐ客足遠のくってゆーこともあるんだろうから、
お店としても必死なのだろうけど。
そーゆうマニュアル的なもんじゃなくてね。イヤミがない。
私が思うに、これは、大阪人の情の深さとゆーか、世話好きな性格から出てくる自然なもんなのではないかと。
おばあちゃんが来たら、サッと席に飛んでいって、椅子ひいたげて、明るく声かけるとか。
売ることとサービスが離れてなくて、当たり前のように直結してるとゆーか。
ちょっとオフィス街にも近かったので、オーダーとったら、まず、
「もしかしてお昼休みですか?お急ぎだったら言ってください」って気使ってくれるのもさすが、と思ったし。
うまく言えませんが。とても気持ちがよいのでした。

その後、さらにオフィス街よりの、ランチもやってるごくごくフツーの喫茶店でお茶してたときも。
伝票をなにげに見たら、真っ白の伝票の上のほうに、ランチセットの名前が全部手書きで書いてある。
こーしておけば、ランチ時の忙しいときも、横に数字書くだけでいいもんねぇ?
友達と、「やっぱり大阪はサービス業のプロやな」と感心しながら。
b0132924_147589.jpg

その後、梅田に戻って、堂島ロールの客がどんだけいるか冷やかしに行こうと(笑)、
見に行ったのですが、ほんとにすごいね!びっくりした。あの行列。
でも、友達が「実はな、並ばんでも、お店のそばのカフェでイートインできるねん」と言うから、
ほな、そこで食べよう、と堂島ホテルの前に行ってみたら。
「ほれ」と指差す友達の指先には、黒板に「堂島ホテルロール」と書いてありました。
微妙にちゃうやんけっ!(笑)
なので、食べてません。いつになったら堂島ロールデビューできるの?
でも、今はなんかまた違うロールケーキが人気のようですね??(ついていけないよ)
b0132924_1472695.jpg

あとね。三番街んとこ歩いてたとき。
前方に下りの階段があったのね。10段ぐらいの。
階段の上で、これから降りようとしてる、キャリーに荷物載せてひっぱってるおばちゃんが、
階段の向こうから階段を上ってくる西洋人の男の人に近づいていって、
ちょっとちょっと、って感じで、服ひっぱってた。
あの二人連れ?と思ったら、連れではなくて、
おばちゃんは、その西洋人の男の人に、ちゃっかり自分の荷物を階段の下まで運ばせてたよ(笑)。
さすが大阪のおばちゃん!
しかも、西洋人の男の人に声かけるのがうまい。絶対断らん(笑)。
b0132924_1491427.jpg

あ。あと心斎橋の地下鉄の駅でね。
いわゆるアンティック着物、っていったらイメージする、大正ロマン的派手はで~な着物を着て、
テディベアやったか、なんかのお人形やったかを片手に抱いた、
ショッキングピンクのおかっぱ頭をした女性がいたの。
さすが大阪、ファンキーやな、と思って、その女性の顔を見たら、
おばあちゃんでした。
さすが!
と思って、しかしなんとなく違和感あったので、もいちどジーーッと見たら、
おじいちゃんでした。
さすが大阪。こんなん京都におらん。。。
深いわ(笑)。
b0132924_1424794.jpg

話かわり。
これは御衣黄とゆー、通称 緑の桜どすえー。
b0132924_1424495.jpg

[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-20 14:19 | osaka

また来てね

b0132924_20241863.jpg

MPF(香港の年金)について、提出しないといけない書類をワタクシ、ずっとほっぽらかしにしておりまして。
3ヶ月以内に提出しないとうんちゃらかちゃら、と書いてあったので、
月曜日、急いで香港の私のMPFの会社に電話しました。
日本の場合、まだどーだかわかんないですが、香港の場合、たいていこのよーなカスタマーサービスに電話すると、
まず言語をダイヤルで選ぶ→次に自分がどの部門としゃべりたいか選ぶ→何についてか選ぶ→などなど
と言った具合に、録音テープを延々聞かされ、なかなか人が出てこないのですが。
今回も、延々と録音テープを聞かされ、最後にやっと!と思ったら、テープで、
「香港の営業時間9時から6時までにお電話ください」と言われた。
してるやんけっ!!!!!
と思ったら、月曜日はまだイースター休みでしたのね。。。
日本にいると、イースターとゆー概念すら忘れますわよ。ニュースもやんないし。特にねぇ。

さて。先週、香港からいらしたちはやちゃんご一行にお会いしまして。
まずは嵐山は天竜寺に行きました。
b0132924_20254279.jpg

まださー。帰ってきたばっかりとゆーのもあってか、ひさびさの対面!とゆー感動はなかったよね?(笑)
香港にいたときだって、忙しいと1ヶ月ぐらいお互い会えないのはザラでしたし(笑)。
これが1年とか、2年とか間をあけると、キャァ~~~ッ!ってなるのかなー?将来?
b0132924_20254619.jpg

とまあ、私はのんきにそんなことを考えつつ、家からそう遠いわけでもないのに生まれて初めて行った
天竜寺のお庭観光をしてました。
そして、お嫁さんって大変だなぁ、、、と思いましたよ、ほんとに。
ええ嫁っこぶりでしたよ、ちはやちゃん。えらいよー。マジで。

天竜寺の庭には百花苑とゆーのがあって、桜だけでなく、その名の通り、いろんな花が咲き乱れてました。
b0132924_20255191.jpg
b0132924_20255668.jpg
b0132924_2026181.jpg
b0132924_2026637.jpg

↑ これは桃です。1本の木に赤と白が同時に咲く源平桃。
b0132924_20261646.jpg

これはボケです。
ところで、ボケって日本語では木瓜って書くでしょ?
ところが、木瓜と書くと、中国語ではパパイヤのことなのよね。
私も、日本に戻ってしばらくは、木瓜って書いてあるのを、
「えっ!!?日本にもパパイヤがこんなところにある?つーか、こんな花咲かす?!」
と一瞬思い、3-4秒後に、「ああ。そうだ、木瓜はボケだった。。。」と気づいていたのですが。
案の定、ちはやちゃん旦那様は、「これ木瓜ー木瓜ー!」とウケておられ、写真とりまくりでした(笑)。
いや!わかりますー。その気持ち!
b0132924_20262856.jpg

そして、旦那様姉様には、「達磨とは誰か?」と質問をされました、、、、
「僧の一人」と答えると、
「それは仏陀か?」と。
いや。仏陀ではないだろう。。。僧の一人。
こーゆうときさー、バリバリ西洋人相手なら、超テキトーに勝手に口八丁に説明するのですが(オイオイ)、
なまじ、文化オリジンがそう違うわけでもない中国系ですと、下手なこと言えないわよね。。。
難しいです。ええ(笑)。

そのあと、急いで今度は二条城の夜桜を見に行きました。
ええ。これもワタクシ初めて見に行きました。
二条城もうちから近いのですが、、、二条城に入ること自体、たぶん20年ぶりぐらい(笑)。
そしてー。夜桜の写真はとっても難しいです。ダメだわー。
こうさ~、ほわんっ とした雰囲気で撮りたいのに全然撮れない。。。
どうしたってブレるしね。。。もーいいよ。。。。
b0132924_20263334.jpg
b0132924_20263868.jpg

↑ この夜桜風景はすばらしく美しかったです。写真ではよくわからず申し訳なしだけど。
池に反射してるの。キレイだったー。
感嘆というのは、こういう風景を見たときに出るのだと思いました。
b0132924_20264453.jpg

正直ね、そんな期待してなかったのね。二条城ライトアップとかいっても、
最近、どこもかしこもライトアップしてお商売熱心やしなぁ、、、みたいに思ってたわけ(笑)。
もうね。そりゃ私の間違いでしたわ。見事なライトアップと桜でしたよ。
ええ。20年も行ってないから二条城にどれだけ桜があったかすら覚えてないわけで(笑)。
ただ、ご一行様にホント申し訳なかったのは、時間が足りなかったんだよねぇ。。。
夜ご飯の時間に間に合わないと!てのもあって。
最後は駆け足で、ゆっくり見られなかったよねぇ。ごめんねー。
b0132924_20264865.jpg

真ん中は月です。これまたわかりにくいんだけど。。。
夜桜と月とゆーと、「清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人みなうつくしき」
とゆー、与謝野晶子の句を、必ず必ずアホのひとつ覚えで、条件反射で思い出すワタシ。
しかも、あれは円山公園が句だろうにさ(笑)。
まあ。場所は違えど、確かに夜桜の下では、逢う人みな美しいように思える。
これも桜マジックかなー?
またいらしてね、ちはやちゃん。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-16 21:01 | kyoto

全部サクラ

b0132924_0472933.jpg

またしても平野神社に行ってきました。今日。つーか、日変わってるから昨日。
もう、街中ではソメイヨシノもすっかり散り、葉っぱとなってしまい、
シダレザクラも葉桜となりつつありますが、いろんな桜のある平野さんはまだこんな感じでしたわ。
b0132924_0473635.jpg

いろんないろんな、って言っててもわからないしー。
私もちっとは種類を覚えてみたいもので。記録のため写真撮りましたん。
b0132924_0474277.jpg

とても親切なことに、このように名札があるのです。
b0132924_0474716.jpg

この毬のようになってるのは、白雲という種類。花そのものは八重ではなかった。
これと楊貴妃と何が違うのか?と問われても、素人の私にはよくわかりませんが。。。。(色か?)
b0132924_0475438.jpg
b0132924_0480100.jpg

このピンクは平野妹背だって。平野神社を代表する桜と書いてあったぞよ。
b0132924_04851.jpg

これは大内山。
b0132924_0481092.jpg

これは虎の尾。
b0132924_048156.jpg

ちなみに平野さんは、神社では珍しく花見席のあるところですが、素人が勝手に場所とりはできず、
このようにすべて業者さんが仕切っているのであります。
さすがに月曜の昼間っから飲んだくれている人はいませんね。。。
b0132924_0482034.jpg

これは庭桜。これはすんごい小っちゃいの。木って感じではなくて。
地面から人の足丈ぐらい。草花って雰囲気で可愛い。
b0132924_0482655.jpg

この色の珍しいのは、鬱金(うこん)って言うんだそーですよ。
b0132924_0483159.jpg

これは平野撫子だって。ナデシコと名前がついても桜なり。
今年の造幣局の花なのねー。
b0132924_0483614.jpg

この小薔薇みたいなのは、白妙とゆーそうです。

いやー。いろいろありますね~。どれもキレイでどれか植えてあげるといわれても迷うなぁ、、、、
(そんなシチュエーションは永遠にないであろう)
明日からお天気悪いようで、散ってしまうのかしらん。。。
でも、まだまったく蕾で咲いてない桜もありました。また行ってこよ!
b0132924_0484110.jpg

[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-14 01:07 | kyoto

場所によって違うもの?

b0132924_2311842.jpg

タイはまたしてもすごいことになってますね?
あんな男前が首相で何が不満か?(笑。そーゆう問題ではないのね。。。)

ところで。本日、夜、「鉄腕ダッシュ」(ってまだあったのね...)見ていたら。
TOKIOリーダー+山口チームと、長瀬+関ジャニ大倉くんチームが、
それぞれ広東語だけで書かれた指令に従って、香港をダッシュするつーのやってました。
香港在住の方々。町でお見かけしましたか?(せーへんよなぁ、、、、)
b0132924_239243.jpg


なかでも。長瀬+大倉くんは、3つの指定グルメを食べるとゆーので、
地下鉄乗ってチュンワンから、ミニバス乗ってなんたら村やら、サムソイポまで行かされてたよ。
ほんで、見るからにB級グルメな飲茶(セルフサービスの)とぶっかけご飯食べてた。
しかも、最後の3つめが上環で、私が住んでたところのめっちゃすぐそばだった。
なんか銅像があって、はたしてこれは何の銅像やら?ってずーーーーっと思ってたんですけど、
ウマ飛びの銅像だったと、この番組見て初めてわかった(笑)。
歩いて30秒のとこだったのに。毎日見てたのに。わからんかったとは。。。
しかし、あんなところを長瀬くんと大倉くんが歩いていたとは!(見たかったわん)
で、その上環では、1日1組のプライベートキッチンに行ってた。
だいたいどこかわかったけど(笑)、それが、ここの私房菜、おひとり800ドルだってよー。
たかっ!いくら私房菜でも高いよね?
おいしそげでしたけどね。高そげでもあった。確かに。
でも、さすがに、「ああ!香港の飲茶!食べたいよ!」と渇望するほどに、香港が恋しくもないのでした。
まだね(笑)。
b0132924_23153850.jpg

(↑ 花びらが舞ってるのが見えるかしらん。。。。? 難しいのね、撮るのさ。。。)

で。桜ですが。
原作の中にもそんなセリフがあったかどうかは覚えてないけれど、
映画の「細雪」の中に、石坂浩二が
「このひと(妻役の佐久間良子)は、桜は京都の桜やないと花見の気がせーへん言いますさかい」
とゆーセリフがあって。
見るたびにうんうん、とうなづくこのセリフ。
(そのわりには、谷崎潤一郎が描いた平安神宮の桜はもう何年も見てませんが、、、)
何が違うんだろか、京都の桜?
もちろん、種類が多い。東京はソメイヨシノが圧倒的で、なんだか物足りないとゆーか画一的。
もちろん、戦後、空襲で焼け野原になった東京にたくさん植えられたからという背景があるのですが。
b0132924_23203678.jpg

しかも、びっくりするのが、東京って、いわゆるお花見、ブルーシート敷いて飲んだくれるあの花見。
あれやってるのがすごい多いの。あれに命かけてるって感じ。なぜか。
京都は少ないでしょ?まあ、鴨川とか、円山公園とか、平野神社とかではやってるけど。
しかもね、東京はすごいんですよ。
こないだ友達とも同じこと言ってたんだけどね。その子もある時期東京で働いていて。
東京の人は、普段おとなしーくせにその花見になると、飲んだくれた酔っ払いの大阪人に変身するんですよ。
あれはいったいどーゆうことかね?
しかも、フツーの大阪人よりさらにタチ悪いよーな酔っ払いの(笑)。
普段抑えてるのが全部出るのかしらん?謎だ。。。

b0132924_2321545.jpg

どーして、桜は地に散り落ちたのでさえ、美しいんでしょう?るるる。。。
b0132924_232102.jpg

すごいとこから水飲んでたカラス。
b0132924_2321690.jpg

あれに見えるは京都タワー。
b0132924_23211176.jpg

同じ日に撮ったんですけど。なんで紅葉してんのか。。。。?
b0132924_23211686.jpg

b0132924_23212132.jpg
b0132924_23212773.jpg

疲れたらカフェがあちこちあるのも日本のよいとこよねぇ~。
香港じゃーさ。チェーンのコーヒー屋しかありませんものねぇ。。。
暑かったので、この後、このアイスきなこ+黒蜜+豆乳を一気飲みしました。
b0132924_23213396.jpg

これは高瀬川。
ソメイヨシノはすっかり終わりですが、これからは八重。
八重は八重で、ボンボリみたいで可愛いよね。
b0132924_23213877.jpg
b0132924_23214229.jpg
b0132924_23214729.jpg
b0132924_23215269.jpg

今年は、お天気のおかげで、いつもより桜が咲いてる日数が長いそうです。ありがと~。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-12 23:39 | 日々

ニホンに生まれてヨカッターッ!

b0132924_0322091.jpg

気づいてみれば、先週の日曜から毎日出歩いていたので、今日ぐらいは家でボーッとしようと、
日の菜の漬物をバリバリとお供に、お茶漬けを食べていたお昼時。
(ええ、お茶漬けだけですが、それがなにか?)
外を眺めると、「え?雪?」とゆー光景。
こんな初夏のような暑さでそれはない。
それは桜吹雪だったのでしたー。
b0132924_0383935.jpg

↑ うちのベランダから撮りました。
下に桜が植わってるんです。花咲いてるときはキレイですが、まあ、その後は毛虫とか、その他の虫とか
やってくるんで、結構大変です。。。
そして夏には、ここにセミがどっちゃりと。
やっぱり桜の木っておいしいんでしょうかね?
ま、それはともかく。この花びらが、風に舞ってひらひらとー。
そうだわー。もう今日が満開。桜も遅咲きを除けばあと2-3日で終わり。
そんな日に、しかもこんな天気よいのに、家にいるつーのはないだろー。
と。しかし、遠出するのはメンドーなので、近所散歩しました(笑)。
b0132924_0395311.jpg

これは、うちの隣にある小学校の桜。
え?あんたとこの隣は大学ちゃうんかい?って。
ええ。西隣が大学で、東隣が小学校ですねん。
ここのシダレザクラを一心不乱で撮っていたら、気づいたら、小学校2年ぐらいの女の子が横に立っていて、
「先生なん?」と聞かれました。
さー。なんの先生なんでしょ??
ところで。いまどきって、いろんな色のランドセルがOKなのですねー。
黄色とか水色とか。かわいー。

で。散歩に向かった先は妙心寺。
いつも散歩の話になるとここになるのは、申し訳ないですがー。。。近いんで(笑)。
でも、今日、お伺いしたのはこちらよ。
こちらの桜が満開で見事と読んだので。
b0132924_0401423.jpg

でね。入ってみたらね。ほんっとにお見事だったよーーー!
b0132924_0481341.jpg
b0132924_0482278.jpg
b0132924_0482825.jpg

しかしね。桜って撮るの難しいよね。。。
全体像って絶対うまく撮れないしさ。。。
あーだ、こーだと、ものずごい数の写真撮るんですけど、どれもこれも似たり寄ったり。。。
仕舞いには自分でも、「なにがしたいのん、わたしは?」とつっこみながら撮る(笑)。
b0132924_0483474.jpg
b0132924_048393.jpg
b0132924_0484573.jpg

しばし休憩。お菓子とお茶をいただきました。
お菓子は、退蔵院ならではの瓢箪鯰の絵柄入り。とってもおいしかった也。
b0132924_0485018.jpg

目の前の景色はこれ。
b0132924_0485611.jpg

b0132924_115728.jpg

あー。ニッポン人に生まれてホントーによかったよ。幸せだぁ~~~~。
と、確か何日か前、タケノコの木の芽和えを食べたときも同じことを思ったな。
あんなにおいしいものは、この世にないっ!と思う食べ物って個人個人でいろいろありますよね?
私は、日本人的に、タケノコの木の芽和え。
そーいえば、以前、香港で同僚の京都人が、
「鯛の子ぉってめっちゃおいしいですよね?あんなおいしーもん、世の中にないと思いません?」
と言っていた。
個人個人でありますね。日本人としてこんなにおいしーものはないとゆーおかず。
b0132924_049271.jpg
b0132924_049823.jpg

たぶん、しばし桜の写真ばかりになると思われ(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-11 01:01 | kyoto

遠足

b0132924_2225426.jpg

(今日の写真はすべてコンデジ撮影です)

昨日は、超~ひさびさに滋賀に行ってきました。
関口宏の息子さんで関口知宏さんっていらっしゃるでしょ?
彼がヨーロッパや中国を鉄道旅行したときに書いた絵と日記の展覧会があったので、
わざわざ滋賀の美術館まで見に行ったのです。
いや、ちょっとは遠いと思ってたよ?
でも、すんごい遠かった。
特にね。滋賀の駅からバスなんですけど、そのバスが1時間に1本すらなかった。。。
ひさびさにすんげー田舎だと感じました。
タクシーに乗ったら、琵琶湖大橋を渡るし、今はなき琵琶湖タワーのゴーストと化した(と思う)観覧車とか見えて。
あーゆう、地方の美術館は車で行くべきところですな。。。。免許ないし(涙)。
美術館そのものはすごい大きくて、デザインもいいし、
その他の常設展示もすべて素晴らしく、よい運営してそーで、とってもよかったんですけど。
そう何回も行けないじゃーないか。。。。
b0132924_223095.jpg

(↑なんか妙にトイカメラ的映りですが、ワタシのコンデジはトイカメラではなーい)

でね。帰りの電車の中で、ボーッとしていると、大学生の男の子二人がしゃべってました。
一人が滋賀出身、一人が大阪の子のようでしたが、滋賀の子が、
「でも、滋賀って、あれやねんで、あのー、他所から移ってきて人口が増えてる都道府県No.1やねんぞ」
と言いました。
「自然もあるし、住みやすいし、環境ええねん」と。
私は「でも車がないとどーしようもないし、、、」と思いつつ聞いてました。
b0132924_223734.jpg

で。この話を、今日、友達にしたのね。
「滋賀って人口増えてる都道府県No.1やねんて」って。
したら、友達ひとこと
「それは所詮京都に住まれへんからやろ?」
だって(笑)。さすが京都人目線(笑)。

で。昨日は滋賀とゆー遠いところに行ったにもかかわらず、
今日は今日とて、鞍馬とゆーこれまた遠いところへ行ってきただよ。
ま、滋賀に比べればバスで行ける近い近いとこですが。
鞍馬のワタクシのイメージは、この写真のよーな感じです。
b0132924_2231252.jpg

え?意味がわからん?
つまり言い換えると、この写真のような感じで。
b0132924_2231840.jpg

なんだろな。ちょっと混沌としてるとゆーか。一筋縄でいかないとゆーか。
パワースポットであるといいますが、正直、本日歩いている途中、ギュイーンと頭が痛くなる場所もあり、
パワーといっても、澄んだものだけでなく、さまざまなものがあるのかも、とも思いました。
なんたって、魔王が650万年前、金星からやってきたところです。
牛若丸が天狗と修行した場所です。
ちなみに、友達は鞍馬にくると、必ず体調がよくなるそーです。
私は、正直、下界(笑)の神社で、もっと気分爽快になるとこがあります。
たぶん、そのときの私の状態とかにもよるんだろーけど。
b0132924_2232522.jpg

鞍馬から貴船へと山を越えました。こっちのルートのほうが、逆より全然楽です。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-09 22:39 | japan

コスプレ続き


b0132924_22144032.jpg

本日も写真が多いです。一気にいくのだーっっ!
まずはお子様編。
b0132924_22153354.jpg

きゃわゆい♪ かわゆすぎ!
b0132924_22154045.jpg
b0132924_22154683.jpg

ご機嫌ななめ?
b0132924_22155120.jpg
b0132924_22155761.jpg

で。上の鳩にいいように扱われてる(笑)2人がかぶってるマント。
こーゆう簡易のマントがわりと安くで売ってます。
これ買って、マスク買うと、用意なしで着た観光客もあっちゅー間にコスプレできるよー。
b0132924_2216211.jpg

おお!金さん銀さん!
b0132924_2216824.jpg
b0132924_22161374.jpg

この方はマスクなしの化粧で勝負のおじ様。
かなり気合はいってるよね?ベニスの老舗カフェ フローリアンの前でずっと立っていらっしゃった。
フローリアンの前ってのもこだわり感じるじゃない?
しかし、大変失礼ながら、この化粧に、私は映画「ベニスに死す」の主人公のおっちゃんを思い出しちゃったよ。。。
ご存知ですか?ベニスにやってきた中年作曲家のおじさんが、金髪美少年に一目惚れ。
しかし、もちろん声もかけられず、しかし、自分の存在に気づいてほしい、
ああ、だけど、自分ときたら中年でちっとも美しくないじゃないか。。。
と、とうとう化粧までする。少しでも美しくなって少年に気づいて欲しい。。。。とゆー乙女(?)恋心。
しかし、トーゼンながら、美少年はカレの存在などまったく気にも留めず、
カレはひっそりと泣き、その涙で化粧が落ちてゆく。。。
そしてとうとう疫病に感染し死んでゆく。。。
純粋かつデカダンとゆー、ヴィスコンティ監督の1971年作。素晴らしい映画ですよ。
この美少年演じる少年が、これまたものずごいホントに美少年なのよね。
ぜひ見てない方は、映画を見よ。
b0132924_22161915.jpg

こちらがそのフローリアン。
b0132924_22162468.jpg

ワタクシ、着るならこの女性が着ているような、比較的フツー(?)の舞踏会ドレスがよいわっ!
b0132924_2216306.jpg

ティーンエイジャーも参加。自家製ドレスかな?
b0132924_22164495.jpg

若い乙女はマスクなしで勝負??
b0132924_221652100.jpg

こーやって、フェイスペイントもやっています。
集合時間にハハとハハトモに再会しましたら、彼女たちはしっかり国旗をフェイスペイントしてもらってましたが。
何ゆえに国旗??
b0132924_22174022.jpg

b0132924_2218396.jpg

もーキリンまで登場するしっ!
b0132924_22184673.jpg
b0132924_22185173.jpg

ドリンク売ってる人も最低限の変身。
b0132924_22185858.jpg

もーこんなのが、路地裏からやってくると、ホントに不思議の国のアリスだよー。
b0132924_2219411.jpg
b0132924_22191178.jpg

ホントにすごいコスプレでした。
これらに日本人として対抗するのであれば、もう源氏物語しかないね!十二単。
裾踏まれまくりで大変そうだけど。。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-04-07 22:43 | italy