慢慢来

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11年ぶりなジャパニーズ会社人間のとまどいは

b0132924_22401841.jpg

そろそろ会社人間復活してから1ヶ月ほどになります。
しかし、こないだ会社の人に言われました。
「もうずーーっと昔からここで働いている感じするわー」
そりゃー、アタシの態度がでかいっつーことですかね。。。。?

ところで、会社人に戻ってからの謎。
ニッポンの会社人、みんないつ銀行行く?
だって、1年365日24時間どのATMでお金おろしても手数料なんかかからない金融先進国の香港とは違い、
日本って、平日朝8:45より前と夕方6時以降、それに土日は相変わらず手数料かかるっってことに、
ワタクシは日本に戻ってから気づいてあきれました。んー、今、何時代なのだろう。。。?
そりゃ、会社のそばに自分の銀行あればいいけどさ。
私なんかなかったりするわけよ(笑)。
コンビニもさ、微妙~にすべての銀行のが手数料かからないわけじゃなかったりしてさ。
ローソン探さなきゃいけなかったりするわけよ。
コンビニでお金おろせて便利とか思ったけど、時間は銀行と同じで、やっぱり手数料かかるのよ。
なんだよ、そりゃ?
ってみんな思わないのーーーー!?
b0132924_2253928.jpg

まー、それもともかく。
「今週の金曜日はちゃんとハロウイン用にフェイスペイントして来なあかんねんで」
と会社の人に言われました。
「えー、会社に来てからでいいんでしょう?」
「あかんあかん、朝からちゃんと」
そんなー、かつごうたってそうはいきませんよー。
「ほんとよー、去年XXさんはねぇー」
だから会社に来てから着替えたらええがな!(笑)。
そんなフェイスペイントしてちゃりんこ乗って、京都の街走ってたら商店街のおばちゃんもびっくりだろー。
そんな朝っぱらからフェイスペインしてちゃりんこなんか乗れるかいなっ!と左脳では思いつつ、
右脳では、
「しかし、もっと早く言ってくれればなー。
 あんなコスプレもこんなコスプレも捨てずに香港から持ってきたのにぃ~。」
と思ってる私(笑)。
上司の意見にノーと言えないおとなしい部下でもある私は、今日会社の帰りにとりあえず、
ハロウイン魔女帽子とオレンジのタイツを買ってきた(笑)。
オレンジのトップス持ってるからこれにあわせれば、とりあえずハロウインな簡易コスプレのできあがりだ!
朝っぱらから、オレンジのトップスにオレンジのタイツで黄色のチャリに乗るのと、
フェイスペイントしてチャリに乗るのとどっちが恥ずかしいのであろうか?
b0132924_2323133.jpg

これはスノウドームの中身のドあっぷ。(え?わかりにくいですって?。。。。。。。。。)
iPhoneでどーしてこんな画像が撮れるのか?ですって?
ウフ。ワタクシ、またおもちゃ買いましたの。
それはこちらー。iPhoneのレンズにくっつける広角+マクロレンズですっ。
このマクロレンズで撮りましたの。うふふ。楽しいよ~。
またお花なんぞ撮ってアップしますわ。
真面目な話をすると、iPhoneでは非常に読み取りにくいQRコードもこのマクロレンズがあればバッチリです。
(OptiscanみたいなQRコード読むアプリのダウンロードも必要ですが)
ま、私の場合、QRコードまったく使わないので(世の中の人はあれをどうやって使っているのかえ?)、
このレンズはまったくもってお遊び写真図鑑な世界だけに使ってるんですけれども。うふふ。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-26 23:11 | 日々

贅沢の定義

b0132924_15384837.jpg

関西ローカルだと思いますが、明石家電視台とゆーテレビ番組があります。
もう20年ぐらい前からやっていて、日本に戻ってきて、「まだやってんの!」って驚いた番組ですが、
時間帯が寝る前でちょうどよく、たまに見ます。
前半は、ゲストがきてそのゲストに会場の一般人のお客さんが質問して答える、ってやつなんだけど、
その一般人のお客さんはあらかじめ、自分が一番似ている芸能人の名前を書き、質問も書いて提出するとゆー形式で、
ゲストの後に、パネルがあって、どばーっと芸能人の名前が書いてあるのね。
で、さんまがその人を指名して、質問させる、とゆー。
私、昔、これに出たかったの。大竹しのぶと書いて、さんまに当てられたかったの(笑)

b0132924_15472059.jpg

まー、それはともかく。
後半が、一般人も参加するクイズなのね。でさー。
「贅沢と思う行為を書け」ってのがあってね。
は~、やっぱり若い人ってそうなんだぁーって思ったさ。
木下優樹菜が「ブックオフで大人買いしたとき」って書いたのね。
で、さんまが「ブックオフで大人買いってなんやねん?」って聞いたら、
「ブックオフでぇー、漫画とかー、一気に大人買いしたらー、あー、すげー贅沢したなーって」
確かに、漫画を1巻から最終巻まで一気に大人買いしたら、おおやった!私大人!って思うけどさ、
でもそれは「贅沢」と形容する行為?
まして、「ブックオフで」なのである。
これを、そのへんの高校生が言うならともかく、一応、今が旬であろー、テレビでしょっちゅう見るタレントが言うとゆー驚き。
そして参加していた20代の女の子も、確か、ちょっと高いネイルをすること、とかだった。答が。
対して、松尾板内の答が、「伊勢えびを食べにわざわざ伊勢に行くこと」で、
村上ショージも、なんだったっけなー、、、なんかシャネルのバッグがどうのこうの、だったかな?
ちと笑えたけど、でもまあ。「そうよね!贅沢ってそういうことじゃない?」とワタシ感覚では思うことだった。
さすがに2人とも私よりは年上だけどさ、まー、バブル体験者とそーでない若者の差なのかしらね?
殿下も書いてたあの記事もびっくりだったけど。
(若者に聞く、希望の年収は?ってインタビュー)
なんか夢がないわー。
b0132924_1654987.jpg

自分が今できる範囲の贅沢を聞かれてるわけじゃないのに、
自分ができる範囲での贅沢しか答えられないのか、
それとも、想像力がなさすぎるのか、アホのような妄想することを抑えられた教育されてきたのか、
なんなのかわかんないけど。
でも、こんな発想しかできないんだったら、あっと驚くビジネスも生まれんだろう。。。
さみしいよね。。。夢ぐらいさー。どーん!と。どうして持てなくなっちゃったんだろう?
現実でそういう夢を見たことないから?
でも世の中、そうはいっても一流のものってのは売ってたりあったりするわけだからさ、
買えなくてもお高いお洋服ウインドウショッピングとか、泊まれなくてもお高いホテルでせめてお茶して元気つけるとか、
そーゆうこともしないのかもねぇ。。。
買えなくても持てなくても空気にふれる、って意外にいいと思うんだけどなー。
ま、バブル時代に甘やかされた若者で、今だにお金がなくてもガンガン買い物しちまううちら世代も問題なのかもしんないけど(笑)。
でも、ケとハレを知ってるよねぇ?(笑) メリハリがあるっつーか。がんばれるってゆーか。
遊ぶけど、ガンガン働くのもいとわないじゃん?今の20代の人ってそーゆのあんのかしらん?
ま、「地に足ついてる」とゆーポイントでは今の若者のほうが私より高い。絶対に。
そーゆう点では、香港人とか中国人とかのエネルギーがうらやましい。
エネルギーないとこには何も生まれないもん。
b0132924_1684452.jpg

しかし。金があるところには金がある。
近々アメリカから超VIPのお客様が来るので、ホテルはどこがいいでしょう?と、彼の部下にメールした同僚。
返ってきた返事が「ザ・ベスト。ベストイズナンバーワン」と書いてあってみなでウケた。
(アメリカはほんとに不景気なのかっつー、この答)
そして、シャングリラ東京のプレジデンシャルスイートの写真なぞ見て盛り上がる。
「こんな部屋に泊まりたい」って言うだけは別に罰当たらない。
身分不相応な夢って楽しいと思うんだけど。
たとえ、今度の出張で、ちょっとでもいいホテルに安く泊まれないかと、一休コムでプラン探しまくるのが今の現実だとしても(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-24 16:25 | 日々

下町ラブ

b0132924_1732338.jpg

ひさびさに台湾話に戻りまして。
お昼を食べ終わって、まだ地球の歩き方なんぞをテーブルで見ていたら、
お店のおばさんがやってきて、「どこ行くの?」と。
「えーとね、迪化街に行こうかなー、と思ってんですけどー、やっぱ電車移動かしらね」と言うと、
「電車ー?電車なんてとんでもない!遠すぎるわよ」
「え~?じゃあやっぱ車?」と、私はタクシーのつもりで言ったのだけれど、おばさんは、
「そうね、バスで行ったほうがいいわ」と。
b0132924_17385520.jpg

電車が遠くてバスが近いとゆー感覚が今ひとつよくわかりませんが、
おばさん的には、たぶん、ここから電車の駅は遠いが、バス停は近い、とゆー意味だったのでしょう。
そして、熱心にどこからバスに乗ればいいかを教えてくれたのね。
「そこ、そこにセブンイレブンが見えるでしょ。そこもうちょっと行ったところを一筋過ぎたところをね、道渡ってね、道渡るのよ?過馬路よ?わかる?(はい)
でね、そこにあるバス停でね、XX番のバスにお乗りなさい」
親切丁寧なのは非情~にありがたいのですが、もうバス移動する気ゼロだったんで。
丁寧にお礼を言ったあと、おばさんが見送る中、一応セブンイレブン方向に歩き、そして、おばさんから見えないところで、タクシーの乗ったとゆう(笑)。小心者。
b0132924_17105148.jpg

で。タクシーに乗って、「迪化街に」と言うと、聞かれました。
「迪化街のどこ?」
そうよねぇ、「すいません、烏丸通」って言ったって、「烏丸のどこ?」になるもんねー。
その昔、香港で、タクシーの運ちゃんに「ハリウッドロード」と言って、
「ハリウッドロードのどこやねん!?長いからわかるか!そんなんで」とキレられたことあり(笑)。
で、どこと言われてもねぇ、、、と思っていると、運転手さんから
「街口でええか?」と言われ。
「あー、それでいいです。いいって言うか、行ったことないからよくわからないんで」と言うと、
「あー、そうかそうかー」と運転手さん。
そして到着したら、
「ここ、こっから迪化街や。右行ったらもうあとちょっとしかないから、左から行ったらええわ。
左に行ったら、ふるーいお寺があるからな。まずそこ見に行ってみー」
「この正面は港ですか?」
「そうそう、ここから昔は大陸から人がやってきたんやで。上海からとかな。みんなここからやってきた。
昔はこっから簡単にやってきたのに、今は簡単にいかれへんけどな。ハハハハー」
「ハハハハー」(と一緒に笑う。つーか、笑うしかない?)
「ここが港やから、昔は海産物がこっからな、バーッと入ってきて、ほんで、ここらが干した海産物の問屋街みたいになったんや。人もやってきたから、なんせここは古い町や。うん」
とガイドしてくれました。ありがと~。
b0132924_17271235.jpg

で。さて。迪化街ですが。
ワタクシ、香港では9年間、干し海産物問屋街で有名な上環のド真ん中に住んでおりましたから。
なんら目新しくありません(笑)。街の感じもわりとほとんど同じですし、においも、店の感じもほとんど同じですから、
「帰ってきたー?わたしー?」って感じ。
ちなみに上環も、港がすぐそこにあって、そっから海産物を運んだり入れたりするから問屋街になったとゆー、背景まで同じ。下町中の下町(が、好きなのね、わたし)。
そこをわざわざ観光するっていってもね。。。(笑)。まあ、母親的には珍しいでしょうから。
売ってるものもほぼ一緒だけど、やっぱり台湾にあって香港にないものはカラスミよね。あとは愛玉。ぐらいかな。
b0132924_17295194.jpg

これがその古いお寺。るるぶによりますと、「縁結びの神さまが祀られていることで有名」だそーです。
おお!これは!お参りしなければ!なんですけどー、ふつーは。
このときは、そんな状態じゃなかった私。。。
なんでかとゆーと、このふる~~い廟に入った瞬間に、肩とゆーか首の後がドゴンと重くなりましてですね、
「あー、なんか来た、なんかつーか、誰か来た」状態だったの(笑)。
もー、重くて重くてさー。おんぶお化けとはよう言うたもんやと思うわ。
でも、頭が痛いわけでも気分が悪くなるわけでもなかったんで、たぶん、
「なんや気色のちがうやつ来てるな~、こいつ何やー?」と興味シンシンで来たんだろーな、と思いましたんで、
こーゆうのは、自分のエリアから出られないだろーから、このあたりを出るとき、きっとくっついてこないだろー、と確信があったので、
放ったらかしに首重いまま、観光しました(笑)。
時期もね、旧暦の7月でしたからねー。
中華圏では旧暦の7月とゆーのは、日本のお盆と同じで、1日にあの世の門が開いて、あの世からこの世にみんな帰ってくると信じられてます。
1ヶ月間。香港なんかだと、7月中は旅行とか行くな、引越しするな、とか結構信じてる人もいますが。
ま、そんな最中だったんで。結構街中ウロウロしてたんでしょう(笑)。
なので、7月は鬼節とも言うのね(鬼はお化け)。
決して、この廟がどーの、とかそーゆうんじゃないよ。
b0132924_17395079.jpg

そして、私の思ったとおり、迪化街をどんどん歩いてちがう方向に行くと、急に軽くなりました。
やっぱり、自分のご近所さんに帰ってきてるだけの好奇心旺盛な人(鬼)だったんでせう。
b0132924_17405226.jpg
b0132924_17405839.jpg

どーでもいいが、中華圏のお寺って、どーして毛に関しては忠実かつオーバーなのか?
ほら、関羽が見事な鬚髯をたくわえていたから、ってのはわかりますけどね。
それを忠実(?)とゆーか、デフォルメ的にこのようなお寺の像に再現するのが不思議じゃない?
ちょっと日本人的感覚だと「いや、そこまでせんでも。。。」って笑えるし。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-18 17:54 | taiwan

なのにあなたは京都へゆくの

b0132924_21345434.jpg

たまには京都っぽい写真も必要?(笑)
最近iPhoneとコンデジ以外で写真撮ってませーん。
重いし。。。カメラだけ持ってるわけじゃないもんねぇ。。。
それに平日は最近はもう6時で暗いものねぇ。。。

ま。それはともかく。
こないだの土曜日、上賀茂神社の観月祭に行きました。
しかし、みなさんご存知の通り、今年の中秋の名月はその1週間前。
どーして、1週間後に観月祭なのかわかりません。大人の事情ってやつでしょう(笑)。
なんたって、この日は月の出は10時。観月祭の間には月が見えない観月祭。でした。
しかもこの日は寒くてねー。
ずっとじーーーっとしてたらもう寒くて寒くて。カイロを1個主催者がくれたんだけど、
そんなのじゃ全然足りない。
なのにMCが長い!助けて!でした。途中。。。ま、お金払ってないから文句言えない。。。
(言うてるがな!)
b0132924_21405377.jpg

コンサートのほかに、お茶席と特別拝観もあり。
特別拝観は、普段入れないところに入って、神社の関係者の方自らのガイドつき。
お。その前に、もちろんお祓いも。
お茶席は、上賀茂神社といえばのやきもちがお菓子。
上賀茂さんならやきもち、今宮さんならあぶり餅、天神さんなら粟餅、下鴨さんならみたらし団子etc.
花より団子、神より団子ってか(笑)。
b0132924_21451056.jpg

紅葉はまだどしたなぁ~。
この夜、寒かったのが凝りに凝りて。
月曜日のお休みは、薄手のコートを買いにいった。
ほら、香港住まいだとさ、こー、今の時期に着るような服が一番ない。ま、真冬の服もないんですが。
真冬のコートはいろいろあるんで、とりあえず薄手の!
とか言いながら、買ったのはトレンチコートなのであった(笑)
買いながら、「そーいえば、アクアスキュータムのコートがあるやん」と思い出した。買う必要あったのけ!?
バーバリーのブラックレーベルでもトレンチを試着したのね。
さすがにとっても素敵だったけれど、ブラックレーベルといえども、ショートで13万円もしたざます。
買うわけないざます。
その後も町をブラブラしていたら。
蛸薬師の街中ド真ん中で。なにやら撮影。誰だれ~?と思ったら。
船越英一郎でした。
それがさー。驚くことにさー。かっこよかったよ!(笑)
テレビで見てると、「ただのちんちくりんの小太りの人のよさそーなおっちゃん」と思ってたんですけどー。
とんでもないー。背は高いわ、テレビより若いわ、全然かっこいいわで、驚いた。
なにやらブラックなスーツで。お葬式シーンとゆう感じ。
今回は京都なに殺人事件なんでせう?
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-14 21:58 | kyoto

アメリ的わかめちゃんなマチルダ

b0132924_2082499.jpg

え~。髪をズバッと切りました。
ホントはかなり鋭角の前下がりボブにしたかったのですが、
長さ足らずで若干前下がりのボブになりました。
前は鎖骨ぐらいまで長さはありましたが、段が入ってたのでね。ボブにするにはちと足りない部分があったとゆー。
なので、一番長いところで、あごまでもない。
前髪ぱっつん。あと2ヶ月ぐらいで伸びた時に、もう一度後を短めにすれば、鋭角前さがりボブのできあがりで、ちょうどよい感じであろう。とゆー。
b0132924_20101559.jpg

美容師さんはその日ものすごーーい予約をギュウギュウに入れてたみたいで。
かつ、ワタクシちょっと遅れてしまい、キャンセルでなくムリから割り込みしてもらったので。
そんな過密スケジュールの中、シャキシャキ切ろうとするのを、
「髪型変えたいんです」って言ったら、「えええ!」ってびっくりされた。
こんな時に!!!って感じだったのかも(笑)。
なので、最初は、「癖はどーするの、クセは?ちゃんとブローするの?」とか言われたんだけど、
切ってる最中に本人がはまったみたいで、
「ほら、映画のレオンのマチルダみたじゃない?」
すいません、レオンのマチルダのナタリー・ポートマンは当時14歳ぐらいじゃなかったか。。。
「何言ってるのー?ミステリアスな感じじゃない。大人かわいいってゆーかさ。大人だからいいんだよ」
そうよね?そうよね?
髪の毛乾かしてくれたアシの男の子も
「すごくいいじゃないですか!」って言ってくれて、
そうよね?そうよね?
(まあ、美容院で「前のほうがいいですね」とは絶対に禁句であろう)
b0132924_20135619.jpg

まー、できあがりはですね。
よく言えば、わかめちゃんな宮沢りえとゆーか。
よく言わなければ、ただのわかめちゃんとゆーか。
クレラップのCMの女の子とゆーか。
映画の「踊る大捜査線」のこわかったキョンキョンとゆーか。
ま、そんな感じですな。。。。。
今日、会社行ったら、若い男の子が、顔見るなり、
「あ!いいですね!」 (最近の若い男の子はほんにようできとる)
と言ったのを皮切りに、みんなが「いいじゃない!」「そのほうがいいよ」「前よりいいよ」「似合ってる」
と言ってくれて嬉しかったのだけれど、
そんなこと言われたら言われたで、
「じゃー、前はそんなひどかったのか・・・・・」と思うとゆー。
あー。女ってメンドーくせー(笑)
b0132924_20203853.jpg

なんかさー、もう随分長い間基本、同じ髪型でさー。
なんつーの?真矢みき的OLヘアつーかさ。
ワタクシ20代の頃はしょっちゅう髪型変えてたのねー。基本的にワンクールワンヘアスタイルみたいなさ。
そうでなければ、グルングルンにチャカ・カーンのように根元からパーマかけてるとか。
なのに、なんでこんなに長い間同じ頭だったかとゆーと、
まあ、カットのうまい人を見つけられなかったから。とゆー理由につきます。
別に香港だから、ではありません。日本にいたって、本当にカットのウマイ人探すのって難しいんだよねー。
でも、今は見つけたので。ひさびさに変えちゃいましたわ。
OLヘアに比べると、ちょっとした服もモードっぽく着こなしてるよーに見えるのがよいわ♪
でも。首筋が寒いっす。人毛の温かさはあなどれん。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-13 20:25 | 日々

スノードームで思い出す

b0132924_22332886.jpg
スノードームってご存知?よね?
外国に行くとよくお土産屋さんにあるあれです。
初めて海外に行った頃から気になってたし、あれを集めると意外と楽しいかも、とずーーーーっと思ってましたが、
まあ、昔はそうかわいいものはなかったりですねー、
大きさもちっこいのがなかったりしてですねー、重かったりしてさ、
それをわざわざ買って集めようとはならなかったのね。
でも。7年ぐらい前から、ふと気づくとちっこくてかわいい物があるの。
この大きさなら邪魔にならないし!と。それ以来、買って帰ってチョビチョビと集めるようになりました。
必ず買うわけでもないし、アジアだと意外とない国もありますから(日本もね、ひとむかし前っぽいのしかないね)、
そう集まってません。
しかも、私の原則として、「人のお土産としてはもらわない」。
自分が行ったところで買うのがモットー。
しかし。自分が行ったのに、買うのを忘れた場合は、そこに行く人にお土産として頼んでもOKにしよう、と。
原則を緩めてみました(笑)。
トルコに行く、という友人にたくしたの。「スノードーム買ってきて」と。
中の柄とゆーか模様というか、素材もリクエストした。
「トルコのぐるぐる踊ってるおじさんのやつ」。
メブラーナのおじさんダンス。くるくる回るやつ。人形とかいっぱいあったからさー、お土産屋で。
ま、スノードームもあるだろう、と頼んだわけ。
で。上の写真のが買ってきてくれたそれ。しかしですね。このスノードーム。どでかいの。
ほら。
b0132924_2241710.jpg

スノードームのドン!みたいな。
しかもこれオルゴールなのさ。セマの音楽がなるのよ~。
これにあわせて、いっそ、おじさんもクルクル回ってくれると完璧なのですが。そこまではいきませんでした。。。
でも、こんなでっかいもの、わざわざ買ってきてくれて感謝なのだ。
で。先週だったかNHKの世界遺産なんとかって番組でもトルコやってて。久し振りに思い出した。
b0132924_22425266.jpg

私はこのくるくるおじさんダンスは見そこねたのでー。次回いけるとしたら絶対に、本場のコンヤに行って見たいのだー。
次回行くとしたら、イスタンブールをもう少し長く。そしてコンヤ。かなぁ。。。
イスタンブールはもういいよ、と行った直後は思っていた。
なんか、あまりにも都会とゆーか、あまりにもヨーロッパ的とゆうか、特に、トルコ西方から移動していったので、
どんどん中近東のにおいがなくなり、ヨーロッパのにおいが強くなってくるのがちょっと残念だったから。
やっぱカッパドキアが一番よかったな~と。
b0132924_2248396.jpg

しかも行く前は、イスタンブールのほうが期待大で、カッパドキアについては、「どーせただの奇岩だらけの場所でしょ?」って思ってたのに。
これだから旅ってわからない。
人も素朴でいい人ばかりだったし、ただの奇岩だけ、なんて切捨てられない壮大な自然に圧倒されるし。
それから、イスラム国に行ったのは初めてだったので、その異国情緒にノックアウト。
特にラマダン中だったし。朝早くからスピーカーで流れるコーランに、
「ああ、なんかこうお経みたいな響きでやっぱこういうものは耳に心地よくできてるんだなぁ」と思ったり。
b0132924_22513121.jpg

(気球に乗った話は以前ここでした)
見渡す限り水っけのないカラカラの土地でコーランが流れてくるのを聞いていると、唐突に
「もっとここから東に行ってみたい!」と中近東への憧れが突如として不思議にもわきあがったり。
そんな感じだったので、そのまま西に移動してどんどん欧州化していったのがちょっと残念だったとゆーわけ。
b0132924_2255441.jpg

これはカッパドキアのぶどう畑で見たうさぎちゃん。
写真ではわからないけれど、ものすごーーーーくでかい。実は。
b0132924_22585495.jpg

これはねー。町の名前はもう忘れちゃったけど(笑)、カッパドキアからタクシーに乗っていった町。
ギョレメよりさらにちっこい町で、なにもなかった(笑)。
しょーがないので、お茶をした。なんでしょーがないかとゆうと、そのちっこい町に行って帰ってくるすべはあるのか?と心配をしていたら、
乗っていったタクシーのおっちゃんが「迎えにいってやろ」と言ってくれたので時間を決めちゃったのだ。
そんな心配しなくてもそのちっこい町にだって、タクシーはいっぱい走っていたのだけれどさ。。。
で。カフェにて。バクラバとゆー有名なお菓子を食べてみようとひとつ頼んだ。
あまりの脂っこさと甘さにめまいがした(笑)。でも好きな人はすごい好きみたい。
私はダメだった。。。あまりの甘さに頭が痛くなる気がしたわ。
b0132924_2313973.jpg

バクラバはダメだったけれど、プリンはおいしかったし。
なにせ、トルコはどこ行ってもご飯がおいしいし♪
そーいえば、このちっこい町で、かわいいアクセ屋を見つけたはいいが、
友達が唯一持ってるカードがJCBだったのに使えず(トルコでは結構使えなかった)、
人の良さそうなおじさんが相手なのをいいことに、「今、日本円はトルコリラでいくらだから!」っていって、
ムリヤリ日本円を使って買い物した。。。。
ってことを、今思い出した。おじさん、すごい慌てて、「でも、でも、でも」って感じでしたが、日本語はもちろん、英語もあまりしゃべれない感じだったので、
こっちからガーーーッと英語で「大丈夫、騙してないから!本物だし!レートが気になるなら今すぐ銀行に電話して確認してみ!」てなことをベラベラ言い立てて。
ムリヤリ日本円で買い物したのでした。おじさん、ごめん。でも騙してないから。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-10 23:13 | turkey

油断をすればうっかりはちべえ

b0132924_20521566.jpg

昨日は雨が降りそうだったので、チャリンコは置いてった。
夜、戻ってくると、自分がとめたところと違うところにボコンと置いてあり。
「なんでー?誰か盗もうとしたのかなー?」とそん時は思い。
今日、また雨なので乗ってかず、夜戻ってきて見たらチャリンコがない!
周辺を探すもない!
しかし、あの鍵は盗むには相当てこずるはずなんだけど、かついで盗んでったのかしら。。。。?
ハハに言うと、「あら、登録してない自転車は止めちゃいけないのよ」だって。
いつからそんなことになってたんだよ、うちのマンション。。。
もう一回外に出て探すと、もう自転車なんか置く場所でもないところ、屋根もないところにポツンと置かれてた。。。
雨降ってんだから、せめて屋根のあるところに置いてくれればいいのにー。
b0132924_2122460.jpg

つーかー。教えてくんないとわかんないよー。どこにも書いてないじゃーん?
どうしてたいがいのお店やたいがいのところで過剰なまでに親切なのに、肝心なところで親切じゃないのさ?
そーゆうところが日本にはあるような気がするんですけど。気のせいかしらん。。。。。
自転車置き場にさー、書いてくれよー。「登録以外の自転車は止めないでください」ってさー。
「夜は大声でしゃべらないでください」なんて書いてるくせにさー。
って、こんなこと言ってる私のほうがもしかして、もしかしなくてもモンスターレジデント(笑)?
日本人にとって当たり前でも、教えてくんないと外人にはわからねーだよー。
って、いつから私は外人だ(笑)?
しかも、お金も払うんですって!1年間2,000円!えええ!いつから!自転車のために。。。
昔は無料だったし、どこに止めて止め放題だったじゃないのー。
(って、それは昔の話だって?ええ、そうね。。。。。)
b0132924_2195472.jpg
まあね。私が悪いのね、、、、
しかしー。ちょっと話は違うのかもしれないけど、巷で常識とすでになってることが、
私には初耳、ってことがよくあるのよねぇ。
これぞまさに10年ひと昔。11年の不在は浦島太郎。
昔はそうじゃなかったじゃん!!ってゆーさ。
別に私だけじゃなくて、日本をしばらくはなれて帰ってきた人はみな感じることでしょう。
これがさ、ある程度「ここは昔と違ってきてんだよな」って予測してるときは気をつけるわけ。自分でも。
でもね、突然、予測もしないところで、
ええ?それは昔は誰もそーはしなかったよね? とか、
ええ?そんなもんも金券ショップで売ってるの?早く言ってよ、とか、
(そんなことも知らないのか?と友達に冷たく言われる)
思いもかけずにいきなりジャブ。どどど。
b0132924_21123520.jpg

お店とかでさー、当たり前のことであろうようなことをマジマジと聞いて、明らかに
「なにかしら、この人。。。?」って店員さんが思ってるのが顔に表れてたりすることも、
だいぶ減ってきたけどまだ時々あるさ(笑)。
そーゆうときは、開き直り。
私は外人。もしくは。こー見えて、さすがに見えないけれど、実際も違うけれども、実はお婆ちゃんなので。
そこんとこよろしく。

あー。それにしても。
台風が来ても会社は休みになんないのねー。つまんねー。
これだけは(だけか?)、香港がうらやましいわーーーー(笑)。
これが香港なら、明日の朝は絶対8号のはずー。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-07 21:25 | 日々

2007にとまどうペリカン

ちょっと台湾話はお休みして。
最近iPhoneアプリで凝っているのは、Polarizeとゆーやつです。
iPhoneで撮った写真をポラロイド風に変えてくれるやつ。これがなんとも味あるのよー。
b0132924_18515648.jpg

こんな感じ。ポラロイドの白枠を足すだけじゃなく、画像も若干変わります。へなちょこ加減がたまりません。

さて。私もとうとう会社人間に戻っているのですが。
やはりとまどうことは色々とあります。
中でもうひょ~と思った、いや、現在進行形で思っているのは。
私の前の会社ってね、2003を使ってたのよ。
ふつー、まだ2003だと思うんですけど、どーなの?
b0132924_19103956.jpg

しかしですね。
今の会社はオフィス2007。2007。評判そんなよくないんでしょ?
しかも、最初何日かは私用の新しいパソコンが届いてなかったので、人のを借りてやってたんだけど、
それがシステムが英語でさ。もー、どこに何があるのか。探すのにとっても時間がかかるのなんの。。。
「名前をつけて保存」がどこにあるのかですら探したとゆー(笑)。
まあ救いは。2007にしたのはどーやら最近らしく、会社中の人もさまよってるとゆーのが救いです(笑)。
もーねー、アウトルックなんてわけわかんない画面になっちゃってんのよ。
なんじゃこりゃ?なんじゃこりゃ?な連続です。いつか慣れるのだろーか?

b0132924_19115422.jpg

そーいえばさ。プー太郎だった間、まー、ちょっとヒマだから、パソコンの講習でも受けようかのぅ、と、
エクセルの講習を受けましたのね。
人材派遣会社で有名な某P社。あそこって、派遣登録しておくと、パソコンの講習が無料で受けられるのよ。
最初から正社員でしか探す気はなく、派遣で働く気はなかったけど。登録も無料だしさ。
ま、その登録にものすごい時間のかかるさまざまな試験があるってことは知らなくってさー。
ものすげー疲れましたけどね。登録に。。。
まあ、それはともかく。無料ならどんな内容でも行ってやろー、と。行きまして。
えらいでしょ。基礎。応用。マクロ入門なんて3コースも受けましたのよ。
基礎はさすがに知ってることばっかりだろー、と思ったら、知らない技もあったりしてね。。。
応用とかマクロになるとさー、
「そんなことできるんだったら、もっと早く言って、私の仕事5分で終わったじゃんか、、、、」
みたいな技もありましたわ(笑)。
ま、そんな早く終わったらヒマでしゃーないから、知らなくてもよかったのかもしれない。
それに前の同僚だれもそこまでできなかったに違いない。そんな技を使って仕事してたの聞いたことない(笑)。
b0132924_19124984.jpg

             (↑ こんな風に文字も入れられるのよ、Polarize)

さて。今日、ちゃりんこを買ってきたー。
実家にあるんですけど、もう2年ぐらい誰も乗ってないらしく。
どーなってるのか恐ろしいし、新しいの欲しいので。
マイちゃり。ひさしぶりです。北京以来です。10年ぶりつーことか。
乗るのはそこまで久し振りじゃないですが、でもひっさびさー。に、乗ったら。
風が心地よくて爽快だわー。
これで、明日からチャリ通勤なのだーっ。
で。家に帰って、チャリ屋にもらった書類を見ていたら。
自転車防犯登録カードはあるけど、シールがないよ?
シール貼ってないと、自分の自転車かどうかチェックできないわよね?あれ?
すでに貼ってあるのかしらん。。。?自分で貼るんじゃないの?どーなってんの?
明日の朝、チャリにすでに貼ってあるのかどーかチェックしよう。
なかったらどうすればよいのかー?
b0132924_1932318.jpg

このアプリ、日本語対応してないので。
日本語いれたら、こんな風に変換されちった。
[PR]
by kaorin-xiang | 2009-10-04 19:36 | 日々