慢慢来

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

過去から未来へ

b0132924_21253261.jpg


長崎行ってびっくりしたのは、市内中に龍馬伝の垂れ幕やら、旗やら、ポスターやらがあふれかえってたこと。
どこに行っても、その辺の八百屋さんとかですら、福山龍馬のポスターや、
龍馬伝メインキャストのポスターやらで、もんのすごい盛り上がってました。
空港には、龍馬伝コーナーがあって、何月何日 ここでロケしました、これは何日放映予定とか書いてるパネル写真あり、
泊まったホテルは入ってすぐに大きな福山龍馬の写真が私達をお出迎え。
高知だってここまでは盛り上がってないのでは??ってゆーぐらい盛り上がってました。
(たぶん、高知では福山龍馬ではなく、坂本龍馬本人のポスターがたくさんはってあるような気がするわ)
この盛り上がりは、やはり福山雅治が長崎出身と言う理由が大でしょうね?

b0132924_21355224.jpg


このクレーン。三菱造船でございます。
グラバー園からも真正面でよく見えました。
グラバー邸から見ていると、とっても不思議というか、時の流れに頭がグワンとなるというか。
きっと、坂本龍馬もここから同じ海を眺めながら、
世界の国と貿易をし、諸外国に負けない国力を高めるために、自由に海を渡る海軍を持つことを考えていたであろうに、
志半ばでこの世を去り。
亀山社中はその後、海援隊となり、土佐商会となり、岩崎弥太郎が三菱へと発展させ。
軍艦を実際に作るまでになり。
夢というか思想は二人の間をこんな形でつなげている。
もちろん、三菱造船の創業者は、弥太郎じゃなくて弟さんですし、
弥太郎と龍馬は大河ドラマで描かれているように昔からの知り合いではないそうですが。
歴史は過去のものじゃなく、今この瞬間につながっているこんな光景を目の前にすると、
過去と現在をビュンビュン、タイムスリップしてるかのような気分になります。

b0132924_2212641.jpg

亀山社中がグラバー商会から軍艦を購入したのは1865年。
もちろんまだギリ江戸時代。この年には日本には鉄道すらなかったというのに、
長崎に原爆が落ちたのはそれからたったの80年後の1945年。
この80年の流れの速さは驚くばかり。
そんなことを、グラバー園から、対岸の造船所を見ながら考えてました。
去年、広島の原爆資料館に行ったのに引き続き、今回も長崎の原爆資料館には行きたかったのですが、
時間不足で行けなかったのも今回の旅行の心残り。。。
次回は、必ず行こうと思います。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-29 22:39 | nagasaki

leave me alone

b0132924_21364111.jpg


なんかヘンなんきたー。
そやけど、いま、めっちゃねむいねんー。
おまえ来んなぁ~、なんやねんー、なにしてんねんー、
あー、そやけどねむくて目ぇあかへん..............

な。ニャンコ。
ヘンなん(私)来たし、ちょっとビビる、逃げたい、でもめっちゃ眠くてぇぇ、たすけて。
って感じで、足をひょいーんと動かして、目をあけようとするものの、
結局動けない状態で、かわゆかったーー。
ごめんね、邪魔して。

長崎は猫の町でしたねぇ。ニャンコ多し。

また。
歩いていたら、おうちの玄関先で可愛い犬を発見。
じーーっとこっちを見てて、なんてラブリー!と思って、カメラを向けたら、
b0132924_21403628.jpg


そっぽ向かれた(涙)

b0132924_21413428.jpg


こっち向いてぇ、って言ったら、首はむけてくれたけど、目線はくれず。
やっぱ迷惑?
でもこの前足。そろえた前足。かわゆすぎーー。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-27 21:44 | nagasaki

トルコライス

b0132924_22273726.jpg


 ↑ ガイドさんの語る軍艦島での人々の暮らしの話を聞きながら、想像の世界に入って、
すっかり妄想爆走中な私の目に見える景色。を、写真にしてみたくて撮ってみた(笑)
心地よく、ナチュラルトリップ中(笑)


さて。
みなさんは、「トルコライス」をご存知ですか?聞いたことありますか?
私は長崎で初めて聞きました。
「昼食何食べる~?」「トルコライスとか?」と言われたとき、なんじゃそりゃ?
そんなもんはトルコに行ったときなかったぞーーー!
しかし、見てみれば、あっちにもこっちにも「トルコライス」の看板。と、写真。
いろいろ見ていると、どうやらそれは、だいたい(店によって違う)、
ひとつのお皿に、トンカツ、ナポリタンスパゲティ、ごはん。がのってる洋食メニューらしい。
長崎名物らしー。知らなかった。。。
まあ、しかし、そんなひとつひとつはどこでも食べれるようなものを、ここで食べるのもねぇ、と、
食べませんでした。
洋食屋によっては、トンカツがハンバーグというところもありました。
ハンバーグ定食とか、トンカツ定食と限りなく近いではないか??ねぇ?

で。先日、仕事で大阪の某大学に伺いました。
お昼を学食でいただいて、食べ終わってお皿を片付けて、お盆を指定の場所に置いたとき、
目の前に、学生から学食への要望なる掲示板がありました。
そのひとつに、「トルコライスをもっと食べたいので、うんぬんかんぬん」というのがありました。
ええ?大阪にもトルコライスがあるのか?
と思って。
ウイキペディアを見てみたら。
長崎、大阪、神戸だってよ。
知らんなぁ。。。
今度大阪か神戸で洋食屋さんに入ったらチェックだわ。
あ。今度髪の毛切りに行くとき、あそこの洋食屋さんに行こうかな?
しかし、トルコライスなんてあったかなぁ。。。。?

で。

ロープウエイ乗り場のおみやげ売り場で見つけたのはこれ。

b0132924_2243143.jpg


どうですか、ちゃんぽん風ドロップとトルコライス風ドロップ。。。どんな味だ。。。。。。。。?
トルコライス、トルコの国旗みたいな模様ながらも、アルファベット名はTurkey riceではないのね(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-23 22:46 | nagasaki

三大夜景だい

b0132924_22441627.jpg


これはホテルの部屋から。
一応シービュー。すきまシービュー。
あれに見えるは稲佐山。目指すはあの稲佐山。何をしに?
日本三大夜景。どこかご存知?
函館、神戸、長崎だーっ。

ホテルから、トラム(ちんちん電車と言うべきか?)に乗って、長崎駅へ。
トラムはなんと120円。やすっ。
(あとで、母に「長崎ではまだ電車走ってるの?まだ100円だった?」と聞かれたので、値上げはしているのですね)
長崎駅からバスでロープウエイの乗り場まで。150円。やすいー。
京都のバス、なんであんなに高いのか。。。
(しかも高いのに赤字な謎)
このバスの中で、同じくロープウエイ乗り場に行く香港人夫婦がいました。
バスの中で、どこで降りるのか?いろいろとガイドブックやらを見て悩んでいるので、
「一斉去!(一緒に行きましょう)」と言おうかと、0.5秒ぐらいは思いましたが、
そっからずーーっと構ってこられるとめんどくせーなので。やめました(笑)
でも、うちらも観光客、同じ目的地と気づいたようで、後をずっと着いてきてたから大丈夫(笑)
で。ロープウエイに乗る。
発車時間が来たけど、微妙~にだらだら。時間通りではない。
いいなぁ~。このゆるい感じ♪

b0132924_22532784.jpg


展望台に到着。
日が沈む前を目指して来たのがちょうどよく。

b0132924_22552866.jpg


徐々に暮れゆく海をぼーっとぼーっとただ眺める。
(ウソです。ひたすら写真を撮る、笑)

b0132924_2256221.jpg


すっかり暮れて真っ暗になったら、今度は反対側のシティビュー方向へ。
この展望台、円形で360度ビューなのです。
つまり。これが日本三大夜景。その1。

b0132924_22574086.jpg


ブレてます。すいません。。。三脚持ってないし(涙)。
一応、手すりにカメラ置いて頑張ったのですが、
いかんせん、その手すりが丸くて安定悪く(笑)

b0132924_22584871.jpg


長崎の地形、なんとなく香港に似てると思いました。
海があり、山があり、島があり。
山の上まで家があり。
狭い湾の両方に町があり、山の上からこうやって夜景が望める。
ほら、あっちには青馬ブリッジも見えてるし!(笑)
香港の夜景は世界三大夜景ですから、
この稲佐山から見る町の夜景は、ビクトリアピークから望む夜景には及ばないかもしれないけれど、
360度いっぺんに眺められ、
しかも、町の反対側は、雄大な海と島だけ、まるで絵のような雲がぽっかり浮かんでいる夕暮れも同時に見られる稲佐山に、
ちょっと軍配をあげたいと。思いました。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-22 23:08 | nagasaki

長崎の写真

b0132924_23105858.jpg

お寺にあった水槽。ガラスラブ。

b0132924_23112216.jpg

思案橋通り近辺。レトロレースカーテンラブ。

b0132924_2312476.jpg

出島。レトロな窓ラブ。

b0132924_23131017.jpg

思案橋通り近辺。素晴らしいサビ具合にラブ。

b0132924_23132968.jpg

グラバー通り近辺。朝露ラブ。

これのどこが長崎やねん!
とゆーつっこみは受け付けません(笑)
結局、どこに行っても、普段撮ってるよーなものを人は撮るとゆう具体例。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-21 23:17 | nagasaki

さらば

b0132924_2013734.jpg


で。
島を離れ、また船に乗り、今度は島の周りを一周します。
海から軍艦島を眺めるとゆーわけで。

b0132924_20143661.jpg


後の島が、くじらみたいで可愛いー。

b0132924_20151219.jpg


確か、この角度からが一番軍艦土佐に似ているのだ、という説明があったような気がします.....
(もう忘れている)

b0132924_2016010.jpg


船はどこに座ろうと早いもんがち、自由席です。
二階席はオープンで席もついていますが数は少なく。
帰りはそこに座ろうと、ダッシュで戻っていった人達もいましたが(笑)
船は上は揺れるので、ワタクシはパス.....
で。1階は室内と甲板になっているのですが、甲板にさっさと出なかったためにですね、
船の一番へりを確保できず。
私の前には常にこの方がこの状態。
そんなケータイでずーーーーっと何枚も、何十枚も撮るなら、コンデジぐらい持ってくればええやんかいさ、、、、
ちょっとはどいてくれはらへんかなぁーーーーーーー?
と。後でイケズな目で見つめるワタシ(笑)

b0132924_202024100.jpg


その後、後からのイケズ妖気に気づかれたようで、ちょっとずれてくれました。ふふふ。

b0132924_20231057.jpg


海上からは、さらにいろんなビルや、崩れ落ちた木造の建物なども見れました。
島のへりを海面から覆っている壁は、もちろん台風などによる津波防止の壁です。
とにかく絶海の孤島ですから、台風に襲われることが多いのだそうです。
私が買った本「軍艦島の遺産」によると、たとえば、
昭和31年には、幅30m、深さ6m、約300坪が削り取られ、鉄筋コンクリート2階建て事務所や
電気工場は完全に崩壊、桟橋が流失 とか、
昭和32年には、津波、波高8メートル、波浪30メートルを越えてアパート群を覆いつくした、とか。
(パニック映画みたいー、こえぇぇぇ)
すでに無人になって以降も、たびたび台風で建物が崩壊しているようです。

b0132924_203217.jpg


と。十分に楽しんだ端島。さよならー!
もし、補充作業とかが進んで、またもうちょっと入れるようになったり、ルートが変わったら、
もう一度行ってみたいです。
現在、世界遺産暫定リストの軍艦島。はたして、世界遺産登録になるでしょーか?
そして。最近は、Flickrで軍艦島の中、ビルの中まで行った人の写真とか見て萌えてます(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-20 20:37 | nagasaki

そこで軍艦島

b0132924_2115114.jpg


では!長崎日記です(笑)
例によって例のごとく、過去の旅行日記同様、途中で挫折する可能性大ですので、
(もっとも本人は挫折したと思っておらず、いつでも再開するつもりなのですがー)
やはりみなさんがお待ちになっている(?)ものから先に書くなり。
軍艦島に行きました。
この写真はフェリーの中ですね。
軍艦島は通称で、正式名称は端島。
現在は長崎港からのツアーに参加し、かつ、お天気よければ上陸できます。

b0132924_22232761.jpg


長崎港からは約1時間。
島ではヒールのある靴ダメ、日傘だめ、トイレなし、などの注意を船内にて、何度も注意され。
遠くに見えてきたら、わくわくだーーーーっ!
と思っていたら。
いきなり目の前に。
島の回りを周遊するのは帰りでした。

b0132924_22264869.jpg


上陸。
ちなみに左上、空部分の黒はゴミじゃありません。トンビです。。。
どこもかしこも廃墟とゆーか、瓦礫とゆーか。
ここの石炭が見つかったのは古く江戸時代だそうです。
その後、三菱に譲渡。
昔、三菱造船で建造中だった戦艦土佐に姿が似ていることから軍艦島といわれるようになったらしー。
昭和49年に閉山。去年から観光客が見学できるようになりました。

b0132924_22255136.jpg


右に見えるは釣り人。。。どっから来たのか??どやって来たのか??
海底炭鉱は、非常に良質な石炭がとれたらしく、
最盛期の昭和35年頃には、5,000人が住み、世界で一番の人口密度だったそうです。
この島には、お墓以外はなんでもありました。
映画館も病院も神社もお寺も学校も。

b0132924_21331323.jpg


この炭鉱で働く人たちはお給料もよかったので、
東京オリンピック前で各家庭にすでに1台テレビがあったとか、
お給料日になると長崎から、高級衣料や何やらを売りに行商の船がやってきたとか。
この島を機能よくするために、最新の技術が使われていたそうです。
一番の苦労は、台風の直撃に備えることと、
水の確保。川など島にはありませんから、水は大変貴重で、
炭鉱の人々は、炭鉱からあがってくると(海底炭鉱)、まず、海水の水、次に海水のお風呂、
それでだいたいの黒さをとってから、最後に真水のお風呂で体を洗ったということ。
トイレの水も海水(香港もそうです)。

b0132924_22292450.jpg


これは30号棟。日本で最初の鉄筋コンクリートのアパート。
大正5年です!ちょっとびっくり。
狭い島なので、一世帯あたりの部屋数はとっても少なく、1部屋~2部屋だったそうです。
なんだか香港を思い出していた私。
水が少なく、小さいところに人がひしめきあって。
と、思っていたら、あとで買った「軍艦島の遺産」という本を読んでいたら、
「香港と端島は似ている」という記述があって笑えました。

b0132924_2230372.jpg


イケメンカメラ男子。を後から盗み撮りするおばちゃんのワタクシ。
ちなみにレンズはいつものごとく50mm。
すぐ後にいましたが、気づかれませんでした。うふふふふ。
(気づいてたりして、、、、、)

b0132924_223614.jpg


立ち入りできる区域は決まっているので、もっと奥にいきたーーーい!と思ってもそれはかなわず。
実際、ずっと人が住まないまま何十年も海風さらしっぱなしで、かなり崩壊しているようで危険です。
でも。
ビルの中にはいりたーい。
あの階段をあがってみたーい。
と。思いながらとりあえず目の前にある廃墟をひたすらパチパチ。
戻ってから、何年か前に不法(?)で潜入したことがある人たちのブログ写真など見て萌え~(笑)
学校の机とかそのまんま!
部屋にもノートかそのまんま置いてある!
ちょっと映画ちっくでいいじゃないですか。
以前から本屋で写真集を見れば立ち読みしてたりしてまして(笑)

b0132924_22314174.jpg


こんな風に、現地では、ガイドさんが昔の写真などを見せながら説明してくれます。
子供の頃住んでいらっしゃった方もいて、お話はとてもおもしろい。
廃墟の姿そのものも好きなのですが、
過去の人間の生活のにおいが伺えるところが最大の私の萌えポイント(笑)
どのような生活をしていたのか、どんな感じだったのか、そこを知りたいー。

b0132924_223210100.jpg


廃墟に青空がマッチング。
台風一過のおかげか、かなりさわやかな風が吹き、
気温も天気予報によると32度ほどで、
それまで37度とか、38度とかの京都から来た身には、全然暑くなく、帽子だけで充分。
汗のかき具合も京都とは雲泥の差。
つか、京都でこんな陰もないところでつったってられませんから(笑)
余裕しゃくしゃくで写真撮りまくりでした。


長くなったので。
次回に続く。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-16 22:11 | nagasaki

京の夜景

b0132924_21413717.jpg


歯医者さんに行ったら、やはりかぶせの下の治療済みところ、
神経抜いてあるのがきれいに先の先まで掃除してないので化膿して膿んでいるのが原因でした。
とりあえず薬でちらしている最中。。。
今は、その薬が効いてきたのか、痛み止め飲まなくても大丈夫になってきました。
そして今朝。
顔を見たら右側のほっぺたがはれてたんですが。
もうね、はれてるぐらいが、ほっぺたぷっくりで丁度良いとゆー(笑)
はれてない左側がもっそりとひしゃげたおばちゃんほっぺた。やだー。
気のせいじゃない。右側は、ほっぺたぷっくりのおかげで笑っても何のシワも出なかったもの。
これは素晴らしー。
痛みだけひいて、この腫れはいつまでもキープしておきたい!
はたしてその方法はないのであろうか。。。?
何の異物も顔に塗らず、張らず、注入せず、自分の神経過敏(?)で腫れてるだけで子供のようなぷっくりほっぺ。
この方法、見つけた人、ノーベル賞だと思います。
誰か早く見つけてください。
現在、すでにほっぺは元に戻ってしまいました(涙)。

b0132924_2147494.jpg


長崎の写真はまだなのでー。
夏の話を少々。
というのも、今日、いきなり秋ですね!秋!さわやか。
清水寺が夏のライトアップをしてた時。行きました。お供で。
いったい何年ぶりだったでしょう?
清水寺=ずごい人。なイメージだったのですが、真夏なせいか、お盆なせいか、もんのすごくすいててびっくりしました。
で。清水の舞台から眺めるは京都の夜景。
とはいえ。高いビルがないですから、そんなたいした夜景じゃないのね、京都は。
京都タワーぐらい?
でもまあ。上に上ったからにはみんな撮る撮る京の夜景。

b0132924_21531678.jpg


そんなみんなを撮るひねくれ京都人(わたし、笑)。
だってねぇ。。。百万ドルの夜景と名高い香港(たとえばこの日の日記のよーな)
に9年も住んでたら、京の夜景なんてしょぼすぎて(笑)
そういえば、香港で勤めてた会社から見る夜景は抜群だったのですが、
写真一度も撮らずじまい。撮っときゃよかったなぁ。。。
窓が大きくて、目の前がすぐ香港公園でずわーーっとビクトリアピークまで目の前。
反対側の窓からは、ビクトリア湾から九龍半島。
今思い出して撮っときゃ良かったの後悔(笑)。

とはいえ。夜景そのものはたいしたことなくても、
お盆に山の上から眺める京都の町は、やはりなんとなく何かが違うように思えるのが、
京の底力なのでしょーか?
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-14 22:09 | kyoto

帰ってきた

b0132924_22373819.jpg


とゆーわけで(?)、長崎に行ってました。
現像終わったら、おいおいとアップします。
さっき、「龍馬伝」見ていたら、
グラバー邸に高杉晋作が屋根裏部屋にかくまわれているというシーンがあって、
「おー、見たよ、この屋根裏部屋(の入口)」
とタイムリーに。
ま。そのグラバー邸の写真はないのですが。
撮ってたつもりが、フィルムがまったくまわってなくてですね、
フィルム交換した時に、その事実に気づいたのです。がはははは。

あー。昨日から唐突にめちゃくちゃ歯が痛いです。。。。。。
昔、治療してかぶせがかぶってるところ。。。
痛み止め飲まずにはいられないほどに。痛いよぅぅぅぅ。
そして3時間ぐらいしか効かないしー。明日歯医者さんに電話しよー。予約すぐできますように!
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-12 22:43 | 日々

軍艦島なう

b0132924_10523564.jpg



上陸中ー。
すごーい!
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-10 10:52 | nagasaki