慢慢来

タグ:FUJI SUPERIA PREMIUM 400 ( 10 ) タグの人気記事

わたしはひこにゃん

b0132924_22241190.jpg

今日写真多いです。最初にお断り。
これももう随分前になってしまった。まだまだ暑かった9月のある日。。。
こんな場所に行きました。
b0132924_22243354.jpg


土手。つーか、堤防沿いつーか?
子連れ、家族、カップル、ものずごい望遠レンズ持ちのカメラ小僧(またはおじさん)などなどいらして、
写真の向かって右手の白いフェンスの後は。
b0132924_2224445.jpg


空港です。伊丹空港。
とゆーわけで。単純に。飛行機を撮りにきました。
鉄道好きは、鉄子さんといいますが。飛行機好きはなんと言う?ひこにゃん??
しかし。。。。。。
b0132924_22245491.jpg


あ!来たぞ!ってなるでしょ?
この瞬間は、飛行機が大きければ大きいほど、止まってるみたいに見えるのね。
でも、さあ!いよいよ!というと、
b0132924_2225317.jpg


あっちゅー間に自分の真上。
そして
b0132924_22251221.jpg


あっちゅー間に着陸。。。
来たかと思うと
b0132924_22252170.jpg


あー、私の真上。
b0132924_22253918.jpg


とゆーのを繰り返す(笑)。
超楽しいけど! でも、思ったような写真は撮れていないのでした。
なんてゆーの?真下真ん中から見上げてどんぴしゃりな写真が撮りたい(笑)。微妙に針路がさー。
しかも近すぎて、全部は私の50mmじゃあ、もちろん入りきらないんですけど。。。
でも楽しかった。ジャンボが来たときは風もブワーッと、一瞬ヨロヨロになります(笑)。
日本でこんなに近づけるの、ここだけらしーし。

で。またここにはふかーい人々がいらしたのですよ。
やたら長いアンテナ伸ばしたトランシーバーみたいなの持ってるおっちゃんがいて。
近づいてきてうちらに話しかけてくるから、「それなんですか?」って聞いたら、
「これ?これな、管制塔と飛行機のやりとり聞いてるんや」
それは盗み聞きってやつでしょうか??(笑)
でもこのおっちゃん、結構親切で、
「4時何分に全日空のガンダム来るから(ガンダム??)。今まだ天理の上や」とか
「23日嵐来るから」
「え!??本物の嵐ですか!?」と私が聞いたら、
「は?本物ぉ?ちゃうちゃう~、飛行機やがな、飛行機」
その嵐の飛行機見に、伊丹の展望台、女の子でいっぱいになるという。。。
飛行機の機体に嵐の写真が載ってるあれね。
そして、おっちゃん撮影のその女子でいっぱいの展望台の写真とか、
ANAのパンダ飛行機とか、JAL嵐飛行機の写真を見せてくれた。
そして、
「ガンダム撮るんやったら、あっちの橋の向こうに行き」と言われ、
言われたとおり、橋の向こうに行く。
そこには、やはりおっちゃんのように、管制塔のやりとりを聞いてる方々がいて(笑)
そのうちの一人のおにーちゃんが近寄ってきて、「いい写真撮れる~?」と。
いえ、撮れてませんから。撮れるんですか?と聞き返したら、今まで撮った写真のファイル見せてくれた(笑)
すごいキレイに撮れてたよー。さすが。
で。そうこうしてるうちに、そのガンダムとやらがやってきた。
b0132924_22255643.jpg
b0132924_2226298.jpg


撮ってるときは、なにがガンダムやらさっぱり?なのでしたが、ガンダムって書いてますね。
でも文字だけなのかな??よくわかりません。。。。
b0132924_22262448.jpg


確かにおっちゃんの言うとおり、この橋からですと全体像が撮れるのですが、
それは私の撮りたいものじゃないんだな。
ひこにゃんには各自それぞれの思い入れがあるようです(笑)。

で。おっちゃんが撮った嵐JALとパンダANAと昔の全日空の飛行機の写真をくれました。
b0132924_22264143.jpg


これ(笑)
これを私、どーしろと??(笑)
ありがたくいただいてますが。昔の全日空とパンダは結構気に入ってますが(笑)

さあ、帰ろうか、となった時に、雨が降り出して。
またリベンジに行きたいと思います。ぜひに。
しかし、今度はフィルムじゃなくて、連射できるようデジカメでいくぜー。

昔、香港がまだ啓徳空港だった頃。
九龍城とかサムショイポとかに写真撮りに行ってたの、思い出しました。
オタクなヘンな旅行者だったわ、よく考えれば(笑)
でも、こんなだったんだよねー。


伊丹の土手もこれぐらい近いけど、やっぱり香港はビルがあっただけもっと迫力あるっちゅーか。
でもものすごいビルの合間を飛んでたような気したけど、
こうやって見ると、意外に低いビルばかりだったのね。
でもそれでもすごいけどー。よくこんな町中を事故もなくー!という。
(今の空港はここではないので)

そんな私が行ってみたいのは、カリブ海はセント・マーティン島。
ビーチのすぐ後が空港。ここすごいよ。この動画見て!


行ってみたーい!
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-11-04 22:34 | osaka

晴明さんのその日

に。
とあるところに到着すると、人が多い。いつも誰もいないのに。人がうろうろしていた。
その日の晴明さんのお祭のせいかと思ったら、
そこに貼ってあったポスターで、このイベントだとわかる。
いろいろやってんのねー。
千両が辻とは、昔は1日に千両の儲けを出す店があるほど、にぎわっていたことからだそーです。

b0132924_225532.jpg


舞妓ちゃん達が、人んちの軒先(?)で、お茶点ててました。
いろんなお仕事があって、ホント大変だよね、舞妓ちゃん。
この写真撮ったとき、お茶点ててたのは、上七軒の梅比沙ちゃんでした。がんばれ~。
私がしゃべったことある数少ない舞妓ちゃん。うふ。
お座敷ではなく、上七軒のビアガーデンでお相手してもらった時ですけれども...

b0132924_221237.jpg


ここはいつもオープンにしてないのですが、この日はあけっぱにしてありました。
京都の美しい風景写真で有名な写真家の水野克比古さんのご自宅です。
ご本人もカメラを首にうろうろされてました。
このお庭を見ながら友達と、
「うわー、これは、THE京都」と言いながら写真を撮る京都人の私達(笑)。

と。
ここに来た目的はこのイベントを見に来たわけではなく。
(だいたい到着するまで存在すら知らなかったのであり)
本来の目的は、糖分補給。

b0132924_22171584.jpg

これはNatura/Natura1600撮り。
ここのパンケーキ、絶品なのだ。
ふわふわでー。すんごいおいしい。
今日こそは、ダブル(2枚)残さず食べてやる!!!と鼻息荒くしてやってきたのに、
やはり最後の2口3口がどうしてもどうしても入りきらなかった。
でもシングルだと足りないと思うのね。
今度はシングルで、バナナがいっぱい載ってるやつにしてみるかな....
会社から歩いて行ける距離ですが、夕方で閉まるので平日は行けない。
しかし、それは不幸中の幸いかも。開いてたら、週に2回ぐらい行っちゃうかも。
そしてかなりのカロリーをためこんでるかも。あぶないあぶない。

読んだ本。
「夜になると鮭は・・・・」  レイモンド・カーヴァー
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-10-24 22:38 | kyoto

空港行く前にハイキングかよっ

b0132924_23294655.jpg


長崎は坂の町といいますが、いやー、ホントすごい坂ばっかでした。
あれ、毎日、上り下りしてたら、そうとう長崎の人って足腰強いんでしょうね??
自転車が日本で一番売れない都道府県と、テレビでやってましたが、
自分の目で見て納得。自転車なんて意味なさない。
ゆるやかーな坂もあるけど、けっこう傾斜のきつい坂も多し。

b0132924_23414511.jpg


最後の日は、朝いちからホテル周りを散策。
友達は東京から、私は京都からの現地集合現地解散旅だったので、
最後は飛行機の時間の関係もあって、朝食終わって解散。

b0132924_234555100.jpg


ホテルはグラバー園のすぐそばだったので、グラバー通りをそのまままっすぐ行ったり、
あっち行ったりこっち行ったりきたり。
どんどん坂(だったか?)見たり、廃校らしき学校なんぞ見つけたりして、前半かなりゆるりと楽しむ。
ぐるぐる回ってるうちに、ずいぶん上にあがったらしく、グラバー園のスカイロードのところにたどり着いた。
そこにあった標識。
鍋冠山公園展望台 って文字見てしまったのがいけなかった。
確かそっから400mぐらいって書いてあったかなー?
400mなら余裕じゃん?って思ったから。
山道400mってこと忘れて(笑)。

b0132924_23462152.jpg


だんだん暑くなってきたし、坂はきつくなってくるし、っちゅーか、山の上なんで、
住宅地越えた後は、坂っちゅーか、ほぼ山を登るという風に(笑)。
帰らなきゃいけない時間も迫ってきてあせるのなんの(笑)。
途中で引き返すなんて個人的にありえないので、前進あるのみなんですけど、
最後のほうはひたすら階段をあがるあがるあがるあがる、
しかもだーーーーーーれもいないし(笑)。
木生い茂ってて暗いとことかあって、ま、朝早いので危険なことはないでしょーが、
それでも、「ワタシひとりでこんなところでなにをしておるっ!!」ってだんだんムカついてきたりして(笑)。
途中の景色を写真に撮る余裕ゼロ(笑)
そんなこんなでやっとてっぺんに到着!
とりあえず写真撮る!

b0132924_23504780.jpg

これはNaturaで撮りました。

結構ヘロヘロ(笑)。
着いてみれば、飲料の自販機すらない、なーーーんにもない、ほんっとに展望台しかないところで。
とりあえず360度見るけど、、、、
朝いちで、汗だくで来る価値があったのか否や?????
って思ってた私の気持がよーく入ってる写真にできあがってると思います。
つまり中途半端(笑)
夜はキレイだろうねぇー。でも地元カップル御用達って気がしないでもない。。。
看板出てたけど、途中からここまで上る道、電灯ないのだそーです。
夜、行く方は気をつけましょうー。

で。てっぺんでゆっくりする時間もなく。
走るように今度は下るくだるくだる。
ホテルに着いたら汗だく。
シャワーを浴びるヒマもなく、汗だくのまま空港に向かった。かっこわり。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-10-14 00:06 | nagasaki

過去から未来へ

b0132924_21253261.jpg


長崎行ってびっくりしたのは、市内中に龍馬伝の垂れ幕やら、旗やら、ポスターやらがあふれかえってたこと。
どこに行っても、その辺の八百屋さんとかですら、福山龍馬のポスターや、
龍馬伝メインキャストのポスターやらで、もんのすごい盛り上がってました。
空港には、龍馬伝コーナーがあって、何月何日 ここでロケしました、これは何日放映予定とか書いてるパネル写真あり、
泊まったホテルは入ってすぐに大きな福山龍馬の写真が私達をお出迎え。
高知だってここまでは盛り上がってないのでは??ってゆーぐらい盛り上がってました。
(たぶん、高知では福山龍馬ではなく、坂本龍馬本人のポスターがたくさんはってあるような気がするわ)
この盛り上がりは、やはり福山雅治が長崎出身と言う理由が大でしょうね?

b0132924_21355224.jpg


このクレーン。三菱造船でございます。
グラバー園からも真正面でよく見えました。
グラバー邸から見ていると、とっても不思議というか、時の流れに頭がグワンとなるというか。
きっと、坂本龍馬もここから同じ海を眺めながら、
世界の国と貿易をし、諸外国に負けない国力を高めるために、自由に海を渡る海軍を持つことを考えていたであろうに、
志半ばでこの世を去り。
亀山社中はその後、海援隊となり、土佐商会となり、岩崎弥太郎が三菱へと発展させ。
軍艦を実際に作るまでになり。
夢というか思想は二人の間をこんな形でつなげている。
もちろん、三菱造船の創業者は、弥太郎じゃなくて弟さんですし、
弥太郎と龍馬は大河ドラマで描かれているように昔からの知り合いではないそうですが。
歴史は過去のものじゃなく、今この瞬間につながっているこんな光景を目の前にすると、
過去と現在をビュンビュン、タイムスリップしてるかのような気分になります。

b0132924_2212641.jpg

亀山社中がグラバー商会から軍艦を購入したのは1865年。
もちろんまだギリ江戸時代。この年には日本には鉄道すらなかったというのに、
長崎に原爆が落ちたのはそれからたったの80年後の1945年。
この80年の流れの速さは驚くばかり。
そんなことを、グラバー園から、対岸の造船所を見ながら考えてました。
去年、広島の原爆資料館に行ったのに引き続き、今回も長崎の原爆資料館には行きたかったのですが、
時間不足で行けなかったのも今回の旅行の心残り。。。
次回は、必ず行こうと思います。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-09-29 22:39 | nagasaki

好きこそ

b0132924_22132480.jpg


好きなだけではいい写真が撮れるわけじゃありませんが。
好きでなければいい写真は撮れない。これ絶対。と思ってます。
写真を撮るのが好きという意味ではなくて、(なぜならこれは言うまでもなく)
好きとゆーのは撮る対象の被写体についてで。
なんとなーくフォトジェニック、と思って撮ったって、
それはなんとなーくな写真にしかならないわけで、
やっぱり愛と情熱!(笑)
だって、自分の子供やペットを撮ると、人は本当にいい写真撮るもんねぇ~。
あれも愛と情熱。
ワタシ個人としては、プラス、根性と気合い(笑)。
でもホント、目の前の光景や風景や物体や人にグッときたときに撮ると気合いの入れ方が違うのよ。
お願いキレイに撮れててね!とゆー。
念といいますか(笑)
怨念だったりして?
ま。そんな念こめて撮って、文句なしに気に入ってるのがこれ。

b0132924_2251467.jpg


実は、いつも絵画のような写真を撮りたいなー、と思っている私。
なかなかそんな写真は撮れないけれど、これはかなり頭の中のイメージ通りに撮れてて好きなのです。
どんな絵画のような写真を撮りたいのかは、もちろん時と場合によっていろいろですが、
究極にはセザンヌのような(笑)
野望だけは大きく!(笑)

b0132924_2302215.jpg


もちろん、なんじゃこりゃ?の椿写真増産した挙句のやっとのお気に入り。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-05-25 23:06 | 日々

とうはくん

b0132924_2135775.jpg


先週、京都国立博物館に長谷川等伯展を見てきました。
東京ではものすごい行列だったと聞きましたし、
平日に博物館のHPでチェックすると100分待ちとか書いてあるときがあって、
ひょえ~~~~週末ならどうなるの?、と思ってましたが、
日ごろのワタクシの行いがよいためかなんなのか、30分待っただけで中に入りました。
上野で先に見た友人が「もんのすごい良かったから」と言っていたので楽しみにして。
そして、その通り、もんのすごい良かったわ~~。

一番私が気に入ったのは、「松に秋草」。こちら。
b0132924_21162713.jpg

写真撮ったんではありませんよ。画像拝借。
なんとゆうか、秋草を見ていると、秋のにおいがしてきそうで、まるで本当に松と秋草のある庭に立っているような
そんな気がするほど。
絵なのに絵じゃない、ものすごいまでに絵なのに絵じゃないような。

次にときめいたのは、「萩芒図屏風」。こちらも画像拝借。
b0132924_21231321.jpg

ん~、単純に秋草が好きなだけなのではないか???
とゆー気も、たった今うっすらしましたが、こちらもなんだか初秋のにおいがしてきそうな素晴らしさ。

「なんでも鑑定団」で、お軸の鑑定する女性の方いらっしゃいますよね?
あの方がよく、本物は、見た瞬間にその中に描かれている世界に引き込まれるというか、
立体的に見えるというか、そこに描かれている世界の物語をすぐ頭に思い浮かべることができるけど、
ニセもんにはそれがない
とかおっしゃてますが、
まさにその通りでした。
こーゆう金屏風じゃなくて襖絵で水墨画で海を描いているのもあったんですけど、
水墨画なのに3Dなの!荒波が。すごかったー。
行ったかいがありました♪

b0132924_2126642.jpg

で。上の松に秋草は、本来は智積院にあります。
下のは相国寺にあります。
だそーです。なんだ、どっちも京都かよ。。。今まで知らない無知な私。
戻ってきたらまた見に行こーと思いました。
で。智積院は、国立博物館の目と鼻の先にあり、普段は公開してない別の等伯の羅漢図を展示していると
書いてあったので、帰りに寄ってみました。
こんなもんがありまして。
いっぺんに見ると本当に派手です(笑)。
今は金もちょっと落ち着いた色になってるけど、当時はさぞや金ピカピカだったことでしょー。ラブ派手。
すばらしー。
また行くわ。
こーやって、こんな国宝もんをすぐ見に行けるのが京都の底力なのですな、きっと。

長谷川等伯は石川県のご出身です。
で。こんなの見つけた。
公式キャラですよ。どーなの?これ?とうはくん??
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-04-25 21:40 | kyoto

ウェイシャマニィゾンシーダオチューデュリョデュリョ?

b0132924_22195136.jpg

干嘛你ほーり慌张不要这样
为什么你总是到处でゅりょでゅりょ?
不准你把眼睛放在她的身上
在你面前我??一番漂亮
ほーりのとこと、でゅりょでゅりょと聞こえるところと??の部分
何と言ってるのー?とっても気になる今日この頃! 誰か助けて。
(もっとも聞き取れてると思ってるところがあってるかどーかも定かではなし、笑)
何のことですか?って? 張震が出てるウーロン茶のラムちゃんのCMですわよ。こちら。
これ撮影香港だって。顔ドアップだからわからんわね。。。

b0132924_22204165.jpg


先週、この写真撮ってるとき。。。。(しかも葉っぱにピントがあってるってどーゆうこったい?)
この桜、鬱金ってゆー名前なんですけど(札がかけてある)、
おばさんがやってきて、「あらー、これがあの御所のウコンのサクラねぇ」と大声で言いました。
んー。それ、字、ちゃうしぃ.......
さらにそれを言うなら、右近の橘、左近の桜!
つっこみどころ満載でした。

b0132924_2224162.jpg


これは梅の一種だそーです。

今日の大河、見ましたー?
最初の方の、龍馬が勝海舟に会うシーン。
で。流れているBGM。
アンディ・ラウの「中国人」にソックリだったよ。ね?ね?びっくりしたよ。どーゆうこと???
あまりに似てたから8時から見て、10時からまたBSで見てるのよ。
でもやっぱり似ていたよ。んー???
って、そんなの気づくのってもんのすんごいマニアックでイヤだわ。。。
それにしても、武田鉄也の勝海舟はうざい~~~~~~。
勝海舟はやっぱり野田秀樹だなぁ~。

b0132924_2227138.jpg

こちらは桜の一種。だそーです。

本日は。鞍馬に行ってきました。
さすが鞍馬。気温が低いのでありましょう。ソメイヨシノが満開でした。
まだまだこれから咲きまっせなつぼみの桜もありました。
でもさすがに桜を撮るのは飽きました。。。(笑)
そして、BBクリームもニベアの日焼け止めもフェイスパウダーもつけてたのに。
頬っぺたんとこ日焼けしたみたいで、ヒリヒリと痛いです。
今日は美白パックにはげみます。。。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-04-18 22:37 | kyoto

拝啓敬具

b0132924_22164428.jpg


飛行機の中で日本人の子供に英語でずっと話しかけられたS子ちゃん。
彼らにあわせてずっと英語で話してあげたS子ちゃん。
その挙句か、日本に到着して、さあイミグレ、ってときに、同乗のCAに、
「あら、こっちは日本人用よ。あなたはあっち」って外国人の列を指差されたS子ちゃん。
その後お元気ですか?

b0132924_22185891.jpg


その話を家族にしたら、
「お姉ちゃんは化粧が濃いから。今回、日本のデパートのBAさんに日本の化粧の仕方を習ってこい」
と妹に言われたS子ちゃん。
「そうそう、友達は遠慮してそんなことは言わないもんだから。妹の言うことをよく聞きなさい」
ってお父さんに言われたS子ちゃん。
私は友達でもはっきり言うから安心してね。
化粧が濃いとは思いませんが、
桜の木の下で写真撮る時、枝を持って自分の顔のとこに持っていくのは、ちょっと中国人入ってると思いました(笑)。
こんなとこで初告白ですが。

b0132924_22215031.jpg


今回はスケジュールがいまひとつあわずに、京都案内うまくできず残念でした。
もしちゃんと案内できていたら、お友達と疲れた足をひきずりつつ、
コーヒー飲むにもカフェにすら人が多すぎて入れない、なんて目にはあわせませんでしたのに。
悔しいので、またぜひいらしてね。

b0132924_2224934.jpg


お友達と一緒に夜ご飯食べにいけて、とても楽しかったです。
S子ちゃんのものおじしないそのナイスな性格で、
あの店が、昔は祇園にあったけど、戦時中、西陣に「疎開」したのがあの場所で営業しているきっかけだったと初めて知りました。
疎開先が西陣って!驚いた。。。。疎開って!?

b0132924_22295362.jpg


今度来るときは、ゆっくりと一泊してください。
まだまだ季節ごとに見て欲しい場所も、食べて欲しいものもたくさんあります。
お友達にもよろしく。
そして。
こんなとこでネタにしてごめん(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-04-14 22:34 | kyoto

そーかそれで御室に来たか

b0132924_22275622.jpg


花より団子その2の証拠写真。
b0132924_2230741.jpg


ひさびさに。やっぱりこのケーキとってもおいし~。涙もん。
お昼食べて満腹すぎて、このケーキをおなかに入れるために白梅町から仁和寺まで歩いて。
仁和寺にどんどん入っていく人の多さが不思議。
その前日、kyonkoちゃんと嵐電乗ってるときも、仁和寺でどっちゃり人が降りるのが二人で不思議だった。
「今、仁和寺なんか行っても咲いてへんのになぁ~」って。
その疑問は友達により解けたなり。
今年のJR東海の「そうだ京都に行こう」が仁和寺なんだってー。
(あのCMは京都ではやってない。当たり前だが)
ほれ。
b0132924_22374284.jpg


と勝手にJR東海より拝借(笑)
素敵。
CMはこちら
これ見ちゃー行っちゃうねー(笑)。
「遅咲きの桜」ってねぇー。。。「かなり遅咲き」って言ってあげないとさー。
まさか4月末とか思わないよね、ふつう。
実は確かめに行ったら、まだまだ蕾でした。このときは。
まあ別に。見なくても春の義理が果たせないとは思いませんけど。ふふ。
つーか、見に行ったことないかも(住んでりゃそんなもん)。今年は行ってみようかしらん?
b0132924_22442892.jpg


桜の写真てんこもりなのに(笑)。
桜の季節は早足です。
これは会社のそばのお寺で。天気の良い日にお昼休みに撮りにいきました(笑)。
私以外誰もいなかった。
でもお昼休みってせわしない。。。

b0132924_22495565.jpg

b0132924_2258572.jpg


写真なんか撮ってるとあっという間に会社に戻らなきゃあいけません。
桜の季節は週休4日ぐらいがいいなぁ~(笑)

b0132924_2259935.jpg


これは平野さんにて。
中国語の注意書きなんて去年あったっけー?(笑)
それだけ多いってことよね。いましたなー、香港人。そういえば!
1.飲食すべからず
2.ゴミは自分で持って帰るべし
3.桜を折るべからず
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-04-13 23:09 | kyoto

藤右衛門さんち

b0132924_21543494.jpg


kyonkoちゃん達にお会いした次の日は、今度は東京からお友達。
しかも、京都上級者といえよう。大学は京都。大阪でも働いていたことがある。
そんじょそこらの観光地に連れていくわけにはいきません。
とゆーわけで。行ったのは、16代目佐野藤右衛門さんのお庭。
私も行ったことなかったのでー楽しみに行きました。

b0132924_2211087.jpg


京都にお住まいの方以外は、「佐野藤右衛門さん?誰それ?」かもしれません。
3代目桜守さんです。円山公園の枝垂れ桜は藤右衛門さんのお父様が植えたもの。
まあ詳しくは、こんな記事なんぞを読むとよろしいのでは?ちと古いですが...
私達が行ったとき、ちょうどご本人がいらっしゃり、おば様3人組につかまってました(笑)。
タバコをスパスパ吸いながら、いろいろとお話をしてて、いかにも昔ながらの職人!って感じでかっこよかったわ~。
とはいえ、きちんと最初から最後まで聞いてなかったけれど、
今年の特徴として、花が小さい、というのは聞こえました(ソメイヨシノのことではありません)。
あったかくなったのに、突然また4月になって雪なんか降ったから、、、
みたいなことおっしゃてたように思う。聞き間違いかもしんないけど。
そういわれてみると、確かに花がちっちゃーい。
b0132924_2295092.jpg


よくわかりませんね....でも、「すずらんかよ!」ってぐらい小さかった、お花が。
なので、全体的にも、はかなげ~な感じがしました。

b0132924_22104829.jpg


そんな気がしない?
フワフワフワッって感じが?

b0132924_22121143.jpg


なので、こんな写真撮ると花が見えないで枝ばかりのように見えてしまうしー。
え?それはおまえの撮影技術の問題だろう、って?まー、それはそうなのですけれどもね。。。
ぐるぐるお庭を回り、まだあまり咲いてなかった紅枝垂や、その他まだまったく咲いてない種類の桜の名前を眺めたり。
夜は松明炊くのだよ。つーか、昼もすでに松明たいてました。さぞかし幻想的でしょうね、夜。
場所は広沢の池のすぐそばです。

b0132924_22194295.jpg


超~ひさびさに行った、広沢の池。よく時代劇のロケになってるとこですね。
昔は、ちゃりんこでよく来たよ(笑)。
今度ちゃりで来てみよー、うちからはそんな遠くないのよね、、、実は。
しかし、ひさびさにきたら、広沢の池、キレイになってた。昔は、なんか水ももっと汚くて、
水辺はわけのわからない洗剤のような泡がプカプカ浮いてたのに(いやー、まるで今の中国のような。。。)。
そんなのなかった。
あとびっくりしたのは、東側の岸辺んとこ。やけにキレイに区画され。私有地なのかなんなのか、
観桜会って書いてあるけど、微妙~な独特~な雰囲気。警備になぜか西洋人。東南アジア人。
「絶対これ宗教だよね」と、そこには入らなかったけど、あとで調べたら、その日は一般開放してるんだって。
なかになかなか見事な桜があるらしー。見てみるべきだったかしらん。。。?
そしてやっぱり宗教だった。どこかは書かないよ。それで検索増えたらイヤなので(笑)
気になる人は勝手に調べて勝手に納得してね。

b0132924_22253999.jpg

↑ これは平野さん。

そーじゃん!ホントなら今はソンクラーン。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-04-12 22:30 | kyoto