慢慢来

タグ:Natura 1600 ( 14 ) タグの人気記事

ピカピカの

b0132924_20531210.jpg


食べ物を真上からとると、立体感なくなって不思議写真になるのが最近お気に入り(笑)
ポイントはあくまで、おもしろくなるのねらい。おいしそうねらいではない。
しかし、ファインダーチェックせず、適当にカメラを真上にやってパチリするので、
まったく写ってない写真も量産中。。。

で。買い物すませて、殿下とPret A Mangerでこのサンドイッチとスープを食べていたときの話です。
って、今調べたら、プレタってすでに日本から撤退してたのねー。
まあ、日本においては、プレタじゃなくてもおいしいサンドイッチはいくらでもありますからな。。。
それはともかく。
うちらの横に、しばらくすると、西洋人の男性が一人やってきました。
見た感じは、ドイツ系とか、北欧系。背はかなり高く、表情はちょっと神経質そう。
年の頃は35歳ぐらい、紺色の仕立てのいいロングコートを着たその男性がバッグを殿下の横の椅子におき、
ご本人は私の横に座りました。
驚愕!私は、彼のバッグに目が釘付け。
なぜなら、それは黒色のピカピカのランドセルだったからです。
ランドセル。それともランドセルそっくりのバッグなのだろうか?
と思ったけれど、
しょって背中にあたる部分に「なまえ」とひらがなで書いてあり、そこに自分の名前を書き込めるようになっていますから、
それはまちがいもなく、わが国のランドセルでした。
なんでこの人、ランドセルなんて持ってるのん??
しかもランドセルを使ってる!大の大人が。
向かいにいる殿下はまだ気づいていなかったので、すぐに言わなければ!と思ったけれど、
ランドセルなんて持ってるからには、日本語ペラペラかも?と思い、
黙ったまま、必死で目配せをしたら殿下も気づく。同じく驚愕。
その後、彼が立ち去るまで我々はほぼ無言か、ムリやりに違う話をしていました。
彼が立ち去るやいなや、「なんでーーーー?」
本当は聞きたかったのです。
「これは日本では小学生が持つカバンですが、どうしてあなたが?」って。
なんかヘラヘラしてる人だったら絶対聞いたんだけど、
その人、神経質そうだったからちょっと聞きそこねたのよねぇ。。
小学生が使うものと知ってても使っているのだろうか?
それとも全く知らずに使っているのだろうか?
まあ、別に大人が使ったっていいけどさ。
なんでしょうねぇ。
それとも、彼が噂の伊達直人だったのかしら。。。。?


椿と桜第一弾の写真ができました。
いやーー。思った以上に椿写真。あきれるほどにてんこもりな同じ写真(笑)
選ぶの困るー(笑)
でも桜はいいのがあんまりないわー。やっぱ桜難しい。
特に、彼岸桜って花びらちっちゃいから、アップで撮ってないと、ただの白飛びした枝しかない写真みたいな(笑)
桜は選ぶのに困りません。少ないから。。。むー。
第二段は頑張って撮ろー。
椿写真はさすがに、自分の中で「もういいだろう」とスイッチが降りました。この日曜日で(笑)。


読んだ本。
「パリ、女ひとりシェフ修行」      塚本有紀
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-04-18 21:14 | hong kong

上環散歩

b0132924_22225225.jpg

以前住んでたあたりをブラブラ散歩したときの写真。

b0132924_22225825.jpg

これ見て、IKEAであのチョコキャンディ買ってくるの忘れたことに今、気づいた。。。(涙)

b0132924_2223491.jpg

このトラックさー。
別に日本企業のではなくて、ローカルの引越し屋さんのトラックだったんですけど。
このデザイン、この意味、わかってんのかしらん???
中国でこれってさ、日本人的にはちょっとドキドキするんですけど(笑)
ま、香港はそんな反日なわけではないですけど、、、
ま、なーんもわからずやってるような気が(笑)

b0132924_22231146.jpg

このコンビニ、チェーン店系じゃないの。個人店。
字面的にはコンビニ(便利店)じゃなくてスーパーマーケットなんですけどね、しかも(笑)
昔からつぶれないのがある意味不思議。。。

b0132924_22231651.jpg

これは百姓廟です。
ここのまん前のフラットに一番最初住んでた。
ここは啓蟄の日が一番うるさい。。

b0132924_22232114.jpg

啓蟄の日って、日本では春のきざし、という日ですが、
香港の場合、「打小人」の日です。
普段の日にやってもいいのですが、啓蟄が一番効き目あるらしー。
日本で言うとあれですね。なんだっけ。。。?わら人形の、のろいの、えーと。あ。丑の刻参り。
あれと同じです。
自分のキライな人や憎む人を呪ってもらうとゆーすごい日です(笑)
やり方は面倒くさいので、ここに詳しく載ってるので読んでください(笑)
自分でやるんじゃなくて、やってくれる人がいるんです。
で。ここの前に住んでたときは、カンカンカンカン叩く音でね、啓蟄の朝は朝もはよからうるさくて目が覚めた。
人をのろう音で目覚める。こわいわ、香港(笑)

b0132924_22232563.jpg



読んだ本。
「世界のすべての7月」    ティム・オブライエン
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-03-10 22:53 | hong kong

鯉魚門

b0132924_21145240.jpg


鯉魚門と書いてレイユームン。
海鮮料理で有名です。
もちろん、町中で海鮮を食べることもできますが、町中の海鮮料理屋のいけすは小さいし、魚の種類も限られてます。
もっとたくさんの魚を、もっと大きないけすから選びたい!とゆーのであれば、
出てくる地名は、西貢(サイクン)、南Y島(ラマ島)と鯉魚門が主だったところ。
鯉魚門は電車でもいけるようになったので、比較的前者2つの場所よりは、近くて行きやすいのです。
(その分、お値段若干高め)

ちなみに前回行ったときのことは ここに
しかも同じ店(笑)。

鯉魚門には、いろんなレストランといろんな魚屋さんがあります。
その中の魚屋さんから適当に食べたいものをまず買います。
魚屋とレストランが同じ場合もあり。
魚屋さんで魚を買うときに、どうやって調理するかを言っておきます(レストランでも言える)。
買った魚はすべて魚屋さんがまとめてレストランに渡してくれます。

では。このときの海鮮一覧。

b0132924_21152890.jpg

シャコです。
(カメラを向けると、おじさんがいちいちこのようにポーズをとってくれた、笑)
香港のシャコは日本のそれに比べてかなり巨大です。
見た目はグロいですが、おいしいのはご存知の通り。
広東語でシャコのことを頼尿蝦といいます。
名前の由来は、捕まえるとき、シャコが液体を出すのでそれがおしっこをもらしているかのようだからだ、と聞いたことがあります。
ホントかどうかは知りません。。。
このシャコはこーなります。

b0132924_21153267.jpg

調理法はだいたいこの魚はこれ、これはこれ、って決まっていますので、
たとえば初めて海鮮を食べにいって、どうしていいかわからないときは、おまかせにしてしまえば、
一番美味しい方法で作ってくれると思います。
だいたい、シャコはこのようにニンニクとチリスパイスと胡椒で揚げる。

b0132924_2115377.jpg

これは、日本ではマテ貝というそうです。これおいしーの。
広東語ではなぜか聖子という名前です。
これはこうなります。

b0132924_21154267.jpg

聖子ちゃんに限らず、ホタテもこの調理法。
たっぷりのニンニクとハルサメと醤油ベースのたれで蒸す。
おいしー♪

b0132924_21154773.jpg

ロブスター。
これはこーなります。

b0132924_21155156.jpg

チーズロブスター。
ロブスターといえば香港ではこれ、って感じ。名物です。
ここのはチーズはカリカリでしたけど、店によってはトロトロで、そのチーズをつけて食べるために、
お店にフランスパンを持ち込んだりすることもOKです。

b0132924_21155618.jpg

ガルーパも頼んだのだった。これは普通に醤油としょうがとネギで蒸す。
このおつゆでいくらでもご飯が進む~。
あー。また食べたいなぁー、海鮮。。。
いろいろな中華があっても、日本ではなかなかこのような豪勢な海鮮を手ごろに、しかもおいしく、
とはいきません。。。


b0132924_21363814.jpg

作ってくださったのはこの方々。
カメラを向けるとニッコリポーズしてくれましたが、
こんな映りですいません。。。


今日は、まるで香港観光紹介日記!のようだわ(笑)
たまには良いでしょ~。

さて。この時は、夜で暗いとわかっていたので、フィルムはNatura1600を初めてMEに入れて使ってみました。
今までNatura1600はNaturaに入れてしか使ったことなかったので。
私のMEは明るい日中でも時と場合によりアンダー目に映る癖があるのですが、
それでも夜のかなり暗いところでこの映りはまあまあかな、と思いました。

読んだ本。
「抱擁、あるいはライスには塩を」    江國香織
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-03-07 21:41 | hong kong

やたら並べてみた

出雲の写真探してたら、ずいぶん前にNaturaで撮った食べ物写真見つけ。
意味なく並べてみました。。。。

b0132924_22445951.jpg


b0132924_2245689.jpg


b0132924_22451198.jpg


b0132924_22451620.jpg

ここの麻婆豆腐おいしかった。花椒がビッチリ利いていて。
こーゆう、細々いろいろついてる1人分の中華定食って、本場にはないよねぇ、実は。あればいいのに。

b0132924_22452275.jpg

ここのサービスにはムカついたなぁ、、、そういえば(笑)

b0132924_22452637.jpg

鳥屋でハンバーグ食べる邪道な私。

例のメイドインチャイナの「大奥」DVD、計6枚あって。
5枚目まで見たけど、たいがい入ってるんですけどー。
菅野美穂が篤姫のやつ、安達祐美が和宮のやつ(なんど見ても安達祐美の和宮はすばらしー)、
西島くんが家光のやつ、西島くんが歌舞伎役者の映画版、
藤原紀香がやけにおとろしくて、おでんな小池栄子が笑える谷原章介が上様のやつ、
北村一輝が老後病気になって内山理奈呼んで過去の話する特別版、
ここまで5枚に全部入ってるのさ。
あと1枚何入ってんのかしら。。。?まだあったかしらん?
こないだ香港で、「大奥」ってAV売ってたけど(普通のドラマかと思って手にとったらAVだった、笑)、
それじゃないでしょうね??
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-02-17 22:58 | 日々

食べたいねー

b0132924_2235620.jpg


京橋といえばグランシャトーのCM!(笑)
もちろん行ったことないから、中は謎なパラダイス。。。

b0132924_22102979.jpg


京橋駅前の立ち食いスタンド串カツ屋。
おいしいよー。
激安だし。
あー。食べたいよー、串カツ。
(写真はちょっと前だ)

キャベツのパスタが食べたくなったので。
作ろうと思って気ついた。
うちの実家には、アンチョビなんてしゃれたものあるわけないと。。。
しょーがないので。
キャベツたっぷりのサッポロラーメンで我慢した(涙)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-01-11 22:21 | osaka

「≒」 NEARLY EQUAL展

児島に来た目的は。
D_MALLという地元のブティック兼雑貨屋さん兼ギャラリーと言えばよいか、とにかくそこで開催されていた、
京都在住の写真家の石川奈都子さんと、岡山在住の切り絵作家の大倉美弥さんの
「「≒」 NEARLY EQUAL」展を見に来たのでした。
お二人がマカオに行かれた時に撮った写真や、インスピレーションを得て作られた切り絵の展示です。
同行のmakiりんがその時のマカオ取材旅行にやはり参加していたこともあり、
また、彼女は奈都子さんとは仕事仲間であり、お友達でもあるということで、
児島に見に行かないかー?と。キュピキュピ同様彼女からのお誘いにのってやってきたのでした。

b0132924_2334874.jpg

2階のギャラリーからの眺め。

切り絵なんてとにかく、超不器用な私には考えられない世界なので、
蓮の花をモチーフにしたものすごく大きな切り絵の美しさなんて、ただ見とれるばかり。
どうやってあんなもんが作れるのか!ってゆーぐらい。。。
おまけにガラステーブルに置いた切り絵に光が照らされると、床にその影が出来て、またそれも美しく。
しかし、「2/3ぐらい終わって、パチッと間違えて切ってしもたらどーするんやろぅ?」
と。しょーもないことしか考えつかない私の頭...(笑)
また、たまたま他にお客さんがいらしてなかったので、
奈都子さんとは、展示の写真以外の、デジタルフォトフレームに映しだされるその他の作品についてや、
マカオについてなど、いろいろお話でき、猛烈にマカオに行きたくもなりました(単純だ、笑)。
彼女の写真には、なんというか、マカオの空気や湿気までがものすごく映し出されているのです。
においまでもしてきそうな写真。すごく素敵。
写真集あったら買うのに。と思ったぐらいで。

b0132924_23325976.jpg


そして。1階は雑貨とブティックなのですがー。これがー。危険な店でしたー。財布的にー。
しかもディスカウントあり!危険危険!
「今、これを買わないと私は死ぬんか?」と何度も一人問答して、
それでも我慢できず、キルティングのバッグ買いました。めっちゃ愛用してます(笑)。
しかし。ジーンズの1本ぐらいやはり買っておくべきだったかと。。。少々後悔もあったりして(笑)

b0132924_23542482.jpg


お昼、ここでカレー食べた(カレーの写真がないが...)。
ケーキもカレーもおいしかった。

この後、京都でも展示されたんですが、ちょっと行けなかったのよねぇ。。行こうと思ってたのに。
それが残念でした。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-12-29 00:01 | okayama

骨付鳥にビールな夜

b0132924_20531241.jpg


丸亀駅でゲットしたうどんマップには、もうひとつどうやら名物料理らしきもののマップもついてました。
それは、骨付鳥
ふーむなるほど、おいしそーではないかと。
夕方5時にうどんを食べて、
夜の7時過ぎに今度は骨付鳥を食べに出かけました。
タクシーの運転手さんの「ここでしょう」という言葉に素直に従って出かけたお店が一鶴さんというお店。
すでに何人もの待ち客。
しばし待つ。
順番来て座る。メニュー見る。
すごいシンプルなメニュー。男前~。ほんと、鳥だけ勝負なお店でした。
骨付鳥はひな鳥か親かを選べ、我らはひなを選ぶ。
つき出し的に、枝豆と一緒に頼んだのがしょうゆ豆。
これも香川の名産らしー。
ウイキによると、
「乾燥したそら豆を焙烙に入れ、焦げ目がつくまでよく炒った後、砂糖・醤油・みりん・唐辛子を合わせた調味たれに一晩漬ける」
おいしいです!
上の写真の真ん中の豆がこれ。

b0132924_212088.jpg


そして待つことしばしで、やってきた骨付鳥。
ブレてるじゃねーかよー、この写真。。。(涙)。
私のこんなヘタレ写真ではなく、お店の この写真をご覧下さい!
見るからにおいしそうでしょ!?
柔らかくてジューシー。
味付けはわりとシンプルに塩、胡椒、にんにく、あとなんかスパイスかかってんのかなぁ??
これがこのシルバーの、ちょっと給食ちっくなペコペコのお皿にドンと載ってやってくる。
この鳥、これがまたビールにめっちゃくちゃあうのー♪ 
ビール飲みにはたまりませんよ?
お店中のお客さんがこれを食べてる。
家族で来てる人たちも、会社の人と来てる人たちも、カップルも、女性同士のグループも。
鶏肉にこのままかぶりつきながら、ビールをぐいぐい~。
テーブルの上には、枝豆とかほんの少量のつき出し以外なく、1人1皿の鳥のみでビールぐいぐい。
素敵すぎる! いいなー、丸亀の人。みんな男前だー。豪快だー。
笑顔でしゃべりながら、鳥にかぶりついてビールですよ?
なんだかアジアちっくでいいよ~。
行ってみたいでしょ?
夜は鳥とビール。朝から昼はうどん三昧な旅。ぜひー。やっぱ夏がいいかな~。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-11-29 21:17 | kagawa

三軒目

b0132924_21415274.jpg


  ↑ 瀬戸大橋 電車の中からコンビナート萌えな写真(笑)。


さて。
最後。三軒目。大とり。
このお店には、昔からすごーく行ってみたかった。
村上春樹が、「讃岐・超ディープうどん紀行」ってエッセイを書いてるんですね。
「辺境・近境」に入ってます。
これを読んだとき(もう随分前ですが)、行ってみたいーーー、なかむらうどんーーー!
それ以来憧れのうどん屋さん(笑)。
しかし、香川のどこにあるかとかすっかり忘れていたので、今回の旅行でここに行けるとは思ってなかった。
棚からボタもち的に、2日目の朝食をここで。と決まり。
ホテルからタクシー走らせやってきた。
たかが500円のうどんを食べるためにタクシー乗ってくアホ(笑。ちょっと遠いの)。
この日は、結構雨が降ってたし、朝もまだ早いから、そんな人いないだろーと。思ってた。
結果。30分ぐらいかなぁ?待ったのは。
それはやはりラッキーだったようです。
なぜならば。普段はこれぐらい並んでらっしゃるようです。
ぐぐると、4時間も並んだとゆー人までいらっしゃいました。。。
なんてラッキーな私。

で。並んでやっとお店の中。
b0132924_226196.jpg


釜玉を頼んだので、立って並んだまま、どんぶりをもらい、卵をとって、自分で割ってかきまぜて、
また並んで待つ。
大がまでうどんを湯がいているのはおばさん一人。
湯がいたうどんをこの丼にポンと入れてくれたら、
このテーブルの裏側に行って、
あとは自分の好きなように。ネギを入れ。生姜をすりおろし、天麩羅を選んだり、
醤油は辛いのでひとたらし。ほんのちょっと。
やっとできあがったうどんを持って、レジの前。お金を払って、テーブルに到着。

b0132924_2292611.jpg


天麩羅は、さつまいもの天麩羅を選びました。むふふ。
あっちゅー間に完食でした。
あー、これなら2杯いける。。。と後ろ髪をひかれつつ帰るのがいいのですね、きっと。
ひかれる前に、家にお土産用にうどんを買って帰りましたが。
家に買って帰って、次の日湯がいて食べてもすごいおいしかったのがびっくり。
普通ね、「現地で食べたらおいしかったのになぁ。。。」って感じですけれども、
通販でまた買ってやろうかしら、、、と思ったりする今日この頃。

お店は、土手沿いのところ。ひらがなのなかむらうどんさんの方。
春樹氏のエッセイは随分前なので、さすがにその頃と違って、
うどんを湯がくのも客、ネギがなくなったら畑からひっこぬいて自分できざむ、
てなことはさすがにありませんでしたが(それ読んで行ってみたかったの)。
うどんツアー、大満足なのでありました。

この度の旅行 目的その1達成。
引き続きその2。その3。もしくはそれに伴うお散歩レポ(笑)。
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-11-18 22:24 | kagawa

食べてきた

b0132924_2241212.jpg

この電車に乗り。


b0132924_2243472.jpg

瀬戸大橋を渡り。


b0132924_225194.jpg

食べてきた。



b0132924_2262421.jpg


こんな電車も走ってた。
とうとう撮り鉄デビューしてしもた...(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-11-09 22:09 | kagawa

本と映画

b0132924_0215964.jpg


前に映画公開になった頃、友達が「重いけど良かった」と言っていて、
今、香港で公開してるので見に行ったkyonkoちゃんも良かったと言っていたので、
でも映像で見る勇気ない私。本、読みました。
(ま、どうせ映画はとっくに終わってるんですけど)
あ。「告白」の話です。
おもしろかった。以上。
中学生ぐらいのときは、アガサ・クリスティとか大好きで、ほとんど全部読んだけど、
イラチな性格のせいか、一気に全部読まないと気がすまない。
なので、一晩で読む。一気に読む。体力いる。
なので、社会人になってミステリ系読まなくなった(笑)。休みの前の日ぐらい。
ので、久し振り。。。
休みの前の日の夜中12時から読み出して3時過ぎに読み終わったよ。うふふ。

b0132924_0512827.jpg


で。映画化になるミステリーは、やはり相応におもしろいのね、と、
本屋さんで平積みになってた「行きずりの街」を買って読んでみました。
帯に「1992年版 このミステリーがすごい 第一位」「70万部の大ブレイク作 ついに映画化」「11月20日公開」
とあり、主演が仲村トオルだったからです。
ま、仲村トオルだけが理由であったといってよい(笑)
で。まあまあ時間つぶしには良かったですけれど、ワタシ的にはミステリーとゆーより、ハードボイルド。
途中、頭の中では仲村トオルよりゴルゴ13が駆け抜けてて困ったわ。。。
おじさまにウケそう。。。
あと。男性作家の描く女性って、女の立場からすると、ちょっと何そのファッション?って思うときよくありますが、
(村上春樹とか、渡辺淳一先生とか。笑)
これもちょっとすごかった。
主人公は12年前(か?)に、教え子の高校生と恋愛。よく言えば。
ありていに言えば手を出して、卒業まもなく結婚→離婚。
12年ぶりに再会した彼女、バーのママになっていて、着物姿。
なんかこれって。セーラー服→未亡人の着物。みたいで。ウケました。
ま、女性作家の描く男性像も男の人からみたら「そんな男おるかいっ!」と突っ込み満載なのでしょうけれども。
とゆーわけで。映画は見ないであろう。。。仲村トオルでも。

b0132924_0424984.jpg



映画といえば。今日、「マザーウォーター」見てきた。
「かもめ食堂」大ファンですから。一応。
それがねー、「かもめ食堂」に輪をかけて、なーーーーーーーーーんにも起こらない、話もない。
のに。すごく良かった。終わって元気が出たとゆーか。どういうことだ...?
でもたぶん、女子限定のような気がする(笑)
京都が舞台ですが、別に京都の話でも、京都を強調もしてないです。
「この街」とだけ言ってるので、京都でロケしてるけど、京都でなくてもいいのでした。
そして相変わらず食べ物シーンは、全うにおいしそうでにおいがしてきそうだった。

ふくらはぎ丈のフレアスカートにソックスとゆーファッションでも、おばちゃんにならず、カッコ可愛いキョンキョンがうらやましー。


読んだ本。
「告白」   湊かなえ
「行きずりの街」   志水辰夫
「わたしのマトカ」  片桐 はいり
[PR]
by kaorin-xiang | 2010-11-03 00:59 | 日々