慢慢来

タグ:Pentax ME ( 165 ) タグの人気記事

手を伸ばせばー

みなさん、地デジ化はおすみですか?
この後に及んで、私の部屋はまだです(笑)。
かといって、決してテレビを見ないというわけではないので、今週中にはテレビを買うなり、チューナーをつけるなり、
するのだよ、私よ。。。

さて。香港話に戻るよ。
どこまでいったかなぁー、と、本人もすっかり忘れていたので、前回何を書いたかチェックしてみたら、
ランドセルの話でしたね。
それがね、昨日、私は、またも、大人なのにランドセルを持ってる男子を見ましたよ。
25歳ぐらいの男の子。
まあ、おしゃれで持ってる感じでしたけどね(あたりまえか)。
実は、知らないところで流行ってるんだったりして。。。???

b0132924_20504657.jpg


さて、この写真は、春聯と呼ばれるものです。
お正月に、家のドアのところに貼ります。
(この暑いのに正月の話か!というつっこみはさておき)

ウイキによると、
春聯(しゅんれん)とは春節の風習の一つ。
赤い紙に各種縁起の良い対句を書き家の入口などに貼る紙のことである。
です。
だいたい右と左に対で張ります。
この言葉はいろいろあって、自分で詩を作って自分で書くという凝った人もいますが、
たいていは、こうやって旧正月前にお店が出ます。
売ってるのはたいてい、言葉はよく使うやつが多いですね。

上の写真で見てみると、
「学業進歩」「萬事如意」 これなんか日本人にもわかりやすいですね。
「一団和気」 家族でいつまでも仲良く、って感じでしょうか。いいですね。
「生意興隆」 商売繁盛。これもわかりますね。
「花開富貴」 これ、あっちではよく使います。単純にいえば富と地位を得るという意味ですね。
このように、香港では、めでたい言葉=お金につながる
という図式があります。
ですので、
「一見発財」 なんてのがあるわけです。一目見ただけで財を成す。
これ貼って本当にそうなるのなら、部屋中これ貼ってやろーじゃないの、私だって!
「横財就手」 ちょっと手を伸ばせば財産が入ってくる。。。
横着すぎないか??香港人。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-07-11 21:05 | hong kong

PLタワーを知ってるかい?

b0132924_21175086.jpg

香港もそうですが。
それなりに撮影遠足の結果も時々は出さないと!撮っただけなんて。
とゆーわけで。今日は、大阪は富田林の撮影遠足写真。
自慢じゃないけど、富田林なんて生まれて初めて行ったわよ。
富田林と聞いてかろうじて思いつくのはPL学園?(笑)
なんかね、古い町並みが残ってるのね。江戸末期ぐらいからの。ひと区画(笑)
そこを散歩するのでこれから町おこしをしたいみたいな、なんとな~くそんな空気がありそうでしたが、
まあ、今のところそれはあまり成功してなさそうで。人は少なかったです。

b0132924_21203770.jpg


江戸ぽい古い家も残ってるんですが、こーゆー昭和なおうちがたくさん残ってるのが良かったです。
なんかノスタルジックでした。

b0132924_21204299.jpg


あのね、こないだこの石のこと、全国区のテレビ番組で、京都のイケズの代表、みたいな紹介してたの見たけど、
大阪にもあるやーん(笑)
ということは、関西のイケズなのでしょうか。。。
関東にはないのかしら?
この「ここ道狭いから車止めないでね(=うちの前に車止めんなよ、ボケ)」石。

b0132924_21204610.jpg


さて。古い家を改造したパン屋さんがありました。
ゆくゆくは(もしかしてもう今頃は。。。なんせこれも古い遠足)、イートインでカフェもするということでしたが、
このときはまだ。
でも、お茶でよければ出しますけど、というお声に甘えて、ズカズカと入り。
パンとお茶をズルズルいただきました。

b0132924_21205142.jpg


25歳ぐらいの女の子ひとりでやってましたが、お金がかかるので、
家の改造はすべて自分でやってるとのこと。
しっくいの壁も全部自分で塗ったんで、最初のとこはめっちゃヘタなんですよ、ははは~
なんて言ってたけど、えらいなぁ。
置いてある戸棚とかテーブルも、部屋の雰囲気にとってもあっていてほっこりしたわー。
そういえば、去年岡山行ったとき帰りに寄ったカフェの女の子も、トイレとかのタイルも全部自分で貼った、
と言ってましたな。
この世代は(この世代のみならずか)女子は頑張り屋さんが多いのか?

b0132924_2120553.jpg


しかし!富田林で私のテンションが上がったのはこれ。
これといっても、写真では遠いんですけどねぇ。。。。
塔が見えますよね?なにやら?
ガウディと岡本太郎足して2で割って5000引いたような。
これ何????って友達に聞いたら、「PLタワーやん」ですと!
おおおお!あれがPLタワー!!!
見える度に写真撮りましたが、なんせちと遠いのでこれが限界。
ちょっとふもと(?)まで行ってみたいような気もします。。。

読んだ本。
「ゴールデンスランバー」       伊坂幸太郎
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-27 21:31 | osaka

ゴールだ

b0132924_21101745.jpg


やっとやっとやっと!桜写真最後です!長かったー(笑)
でも季節はずれに桜の写真を見るというのもオツなもんなのではないでしょうか。
と。自画自賛。
最後の桜は、たぶん京都でも最後に咲くであろう、千本ゑんま堂の普賢象桜です。
ここに書いてあった説明書を初めてじっくり読んでみましたが
(つうか、前からこんなんあったっけ??覚えてない)
どうやらこの桜はここが発祥の地らしく。
室町の時代からある古い桜だそうです。といっても原木ではないよ。もちろん。
足利義満も愛でたらしい。
義満はんは、すごいお花好きらしいよ。

b0132924_21102663.jpg


この桜、ハラハラヒラヒラ、花びらが散って枯れるのではなく、椿のように花ごとボタッと落ちるのです。
これは、説明によると突然変異らしく、ボタッと落ちるため、種もとれず、てなことが書いてありました。

b0132924_21103172.jpg


これもボンボリ系の可愛い桜ですねー。
はー。
桜以上。
次回からは、ちょこちょこ香港日記に戻りましょー。
他のお花もいろいろあるよー。


読んだ本
「東京の空の下オムレツのにおいは流れる」    石井好子
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-21 21:21 | kyoto

御衣黄

前に。この日の日記で、緑色の桜の御衣黄の写真アップしました。
で。この桜はどんどん色が変わるので、後日またー、と書き捨ててましたが。
色が変わった写真をやっとアップ(笑)
奈良の長谷寺行ったときのです。
ちょっと、木と私の距離が遠かったので(木がえらい高かった)、雰囲気写真になってるんですけど、
色はかなりキレイなときでした。

b0132924_2126238.jpg


こんな風に緑色が抜けて、真ん中から赤みをおびてくるのですー。

b0132924_21262845.jpg


遠い上にピントもあってませんが!

b0132924_21263496.jpg


あと、一塊のまるまるが、あちこちに、って感じが全体像です(え、意味わかる?)
ソメイヨシノみたいに、うわーーーっと全体が花!という形じゃなくて。
毬がポヨンポヨンと浮いてる感じですねー。
可愛らしさ重視で撮ったので、ピントがあってないとかそーゆうのは無視よ、無視。。。。

今日、ちょっとお勉強用のまじめな本でもたまには読もう!と。
でも、そーゆう本を定価で買うのはもったいないと、こーゆう時は突然ケチケチ婆あに変わる私。。。
(好きな本とかすぐ定価で買ってるのに)
で、ブックオフに行きました。
私、よく考えたら初めて行ったかも。。。いらん本を売ったことはありますが(とりにきてもらった)。
いやー、DVDとかもいろいろあってびっくりした(え?何時代に生きてるの?的感想??)
しかし、私が欲しいと思っていた本はなかった。
けど、村上春樹の1Q84の1と2売ってたので買ってきた。やっと読むぞー。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-15 21:36 | kyoto

温故知新

b0132924_23451249.jpg


さて。何度目かのこの神社。
この時は、遅咲きの桜をパチパチと撮っていたら、推定年齢70歳ぐらいのおっちゃんが声をかけてきました。
「あんた、なんで今どきそないなカメラで撮ってはるんや?」
なんで?って言われてもねぇ?
まあ、フィルムのほうが色とか描写が柔らかい感じでそれが好きなんです、と答えたら、
「そういえば、こないだここで、いまどきポラロイドで写真撮ってる若い子がいてなぁ。
 その子に写真撮ってください言われたから、同じこと聞いたんや。
 ほんならあんたと似たようなこと言うてはったなぁ」
私は、あー、なんとなくわかりますー、と答えてたら、
「そやけど、その柔らかいとかはどういう感じなん??」
「デジタルだと、色とかはっきりと、コントラストもくっきりと、パキパキした感じなんですよ」
って言うたところで、それはなかなかわからない。
それで、iPhoneで私のFlickrの写真を見せて、こんな感じでー、あんな感じでー、とか言ってたら、
なんとなく納得のおっちゃん。
「そやけど、それやったら今のやつみたいにすぐにはわからへんのやろぅ?
 昔みたいに写真屋に持っていって何日か待つんやろー?気ながなかったらでけへんなぁ」
と言われた。
そういう時代にずっと生まれ育ったであろう世代の人に、そんなこと言われた(笑)
モノの進歩というのはすごいことですわー。

b0132924_23451783.jpg


「ほんで、あんたがさっき写真見せてくれたそれはなんえ?それはまた別に買うんか?」
「あ、これはケータイで」
「へ?ケータイ?そないなケータイ見たことあらへん」
「これはiPhoneです」
「あー、聞いたことあるなぁ、それがこれか。ほんで、なんでケータイでそのカメラで撮った写真が見れるんや?」
とおっしゃるので、写真はネット上に保存されていて、ケータイでそこにアクセスして見れるのだ、ということを
説明したら、
「ふーん、そこはえらい新しいの使うてるんやな」
と、おっちゃんの頭はさらに混乱したようでした。。。すんませんなぁ。。。

b0132924_23452330.jpg


で、それで私を解放してくれるかと思いきや、解放してくれそうにないので、
「あそこのくすのきんとこ、昔あんなんしてませんでしたよね?」と話をそらしたら、
(くすのきを一周するといいことがある、このくすのきパワースポット、みたいなことにいつの間にかなってるのよ、笑)
「そやねん、ほんでな、あの石も前からあったか?」
「石?」
「置いてあるねん、ちょっと来てみ」
と、二人で、これはいつからこんなことになったか?雑談になり、
京都は神社もお寺も人呼ばなあかんし、大変やな、ほんま、という話になり、
そのうちにお寺の悪口になり。ははは。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-10 23:59 | kyoto

またも退蔵院

b0132924_22212066.jpg


あんた、もう6月やで!
と、この写真を見て言っている声が聞こえるよーな気もしますが。。。え?
仁和寺のあと、妙心寺の退蔵院に行きました。
晴れてたのに、だんだん天気が悪くなってきて(もっとも天気予報では雨だったのです、最初から)
ここに着いた頃には風も強く。

b0132924_22212597.jpg


前回行ったときが、たぶんベストな時だったみたいで。
このときは、花の色がだいぶもう白くなってましたが、まだまだキレイ。

b0132924_22212915.jpg


お抹茶をいただきながら、風にゆらゆらゆれる枝垂れ桜と、
風にのってサワサワと落ちてくる桜吹雪の美しさに見とれてました。
ここのお菓子のこの模様は、ここにある(今は原本は博物館ですが)国宝の瓢箪鯰のナマズ柄。

b0132924_22213434.jpg


窓があいてて、花吹雪がどんどん部屋の中に入ってくるので、
花びら集めて桜を作ってみました。
撮ったときは、いまいちあかん!って思ったのですが、
(なぜなら赤い絨毯がかなりホコリだらけだった、笑)
できあがりは、まあいくつかのホコリはありますが、そう悪くないかも。。。
最も撮ったときは、「私はいつもピント甘いから、このホコリもどうせボケル煮違いない」
と思ったのですが、
なんで狙ってないときに限って、ピントはシャープになるのでしょう。。。。。?
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-06 22:29 | kyoto

仁和寺

b0132924_22552086.jpg


平安神宮を出て移動。
やっと仁和寺桜レポートです(笑)
仁和寺の御室桜は遅咲きで有名です。

b0132924_2256214.jpg


また、花が地面のすぐ上から咲く低い木であるのも有名です。
で、去年までこの桜の間(写真でいうと緑の草がはえているところ)に、ざーっと板をしきつめ、
花見場所を作ってたんです。
業者が出て、屋台が出るやつ。
今年からなくなったので、私は、そうね、桜の根を傷めるもんねぇ、と思ってたのね。
したら、ちょっと前に新聞に載ってたんですが、
業者と仁和寺がもめてると。
業者がどうして今年から急にやめたかと仁和寺に聞いたら、仁和寺の答が、
「お寺やのにすき焼きとか肉出すのはどうかと思って」
って。もう何十年も出してきてたやんっ!今更なんで!!
と、つっこみどころ満載なしれっとした答で、業者も商売あがったりなので訴えるとか訴えないとか、
そんなもめごとになっているようだ。。。という記事でした。
どーなったんでしょ?(笑) 来年は出るんでしょうか。

ところで。以前、香港で、ランドセルを持った男の人の話、書きましたね?
仁和寺に行ったのはあの後すぐだったのですが、なんと偶然にもこんなお守りを見つけ!
b0132924_22562684.jpg


仁和寺の桜は、葉っぱがものすごーくいいにおいします。
いわゆる桜餅の匂い。もうみんな、歩きながら、「ええにおいするわー、桜餅のにおいやー、食べたいなぁー」
って10人中10人全員言ってました(笑)

b0132924_22563486.jpg


みな、あの高台にあがって、写真タイムです。
どーしてでしょう?
それは、この景色が見えるからです。

b0132924_2257919.jpg


五重塔と桜。そりゃー、撮るさー(笑)
御室桜は背も低いし、色は白いので、青空と五重塔とのコンビネーションがばっちりになりますね。

b0132924_22571469.jpg


これは、近所に住むらしきおっちゃんが犬連れて散歩。
もう、おっちゃん、みんなに「かわいー」って言ってほしいのだと思う。
だって、わざわざこんな桜の前に置かんでもええやん?(笑)
でも超可愛かったです。桜からみなの注目を奪ってました。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-30 23:10 | kyoto

ナイスなおっちゃん

b0132924_22461072.jpg


で。平安神宮です。
平安神宮に入ろうと歩いていたら、後から推定年齢65歳ぐらいのおっちゃんがやってきて言いました。
「平安神宮はいるのん?」 
「はい」
「でも600円もするねんで」
「....?? はい、知ってますけど」
「あんな、おっちゃんな、こんなん持ってるねん」
と言って、ポケットからなにやら取り出して見せてくれました。
それは、平安神宮の庭園への年間無料パス。
「これな、一人だけ連れで無料で入れるねん。そやしな、こうし。1人だけチケット買って、1人はおっちゃんの連れで入り。
そしたら一人300円でいけるがなぁ~」
「ええー、いいんですかー?」
「かまへん、かまへん!600円なんてな、アホらしいやろ?」
とおっしゃるので、私は
「そのパスってどうやって手に入れるんですか?」
と聞いてみたら、
「これ?これかー、これなぁ、はははー、ぎょうさんお金を使うてますのや、わしは。ははは」
ああ見えて、きっとどこぞのえらいさんに違いない。

b0132924_22502018.jpg


とゆーわけで、安く入れた平安神宮(笑)
おっちゃんは、庭に入るやいなや、ほな!と行ってどこかへ行ってしまいました。
ええ人や。。。
おっちゃん曰くは、先週がベスト!ということでして、
確かに、見ている最中にもハラハラと桜吹雪が。
でもこの桜吹雪というのも見ているとうっとりよねー。
残念ながら、三脚ないんで、桜吹雪は写真に撮れませんのですけど。。。
美しかったです。

b0132924_22531986.jpg


平安神宮は歴史も全然ないですし(明治になってできた)、修学旅行生もやたら多いしで、
個人的には敬遠しますけど、遠方より来客ありきの場合で、桜の時期だとときどき行きます。
さすが、谷崎潤一郎が「細雪」に書いただけあって、
なんのかんのいっても、うっとりします、ここの桜。
それは「細雪」の登場人物に一瞬自分がなりきってるから、という妄想のせいかもしれませんけど。。。
それにこの写真の風景を見るときは、「細雪」より思い出すのは「大奥」ですけど。。。(笑)

b0132924_2255475.jpg


縦にするか横にするかでお悩み中の友達を、後からパチリ。
この写真は自分では気に入ってますー。
お天気がこのときは曇りだったのが残念ねぇ。。。
この日は晴れたり、のちに大雨になったり不思議な天気だったのです。
つづく。


読んだ本。
「雪沼とその周辺」           堀江敏幸
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-29 22:59 | kyoto

きよし

b0132924_21464833.jpg


さてこの日は。
お友達が大阪より遠征で来られたので、まずは平安神宮へ向かうべくテクテクと歩いていました。
交差点で、隣に60歳ぐらいのおばさま2名が並びました。
友達と私は、ほぼ同時に、そのおばさま1名のバッグになにやら2つジャラジャラついている
キーホルダーに目がいきました。
それは、氷川きよしの写真つきキーホルダー(つーか、なんつうか)。
中学生がジャニーズ系でよくつけそうなああいうやつ。
青信号になって、さすが氷川きよし、おばちゃんパワーちゃうなぁ。
と言いながら歩いてたら。

b0132924_21465396.jpg


その後、京都会館の前を通ると、なにやら人だかりが。
その手前には、コンサートツアーの機材用の大型バスが止まってました。
そうか、今日はライブがあるのね、いったい誰?と思って、バスを見てみたら、
バスの側面には大きな氷川きよしの写真が(笑)
なるほど!さっきのおばちゃんはこれか。
そしてあっちにいる人だかりは入り待ちの人々か。
と、そのまま歩いていると、人だかりのまん前に。
平均年齢65歳は絶対にくだらないであろうおばちゃんグループ約30名ほど。
手作りうちわに新曲名であろう曲名を書いて絵を書いて、それを手に手に。
おもいきり手作り感強しの、応援メッセを書いた、キラキラ光る板(元は段ボール?)を持ち、
いまか、いまか、と待っているおばちゃんグループ。
おばちゃんでなければ、絶対にジャニーズが来るかと思っちゃうかの感じで。

b0132924_21473375.jpg


感じからすると、まもなく車でやってくるのであろうという気がしましたが、
私は、氷川きよし本人よりも、
そのおばちゃん集団の写真をものすごーーーく撮りたかった。
でも撮れなかったよ。。。撮れるかいな。。
道路はさんで真正面からおばちゃん集団にカメラを向ける勇気は、私にはないのです。。残念ながら。。


読んだ本
「或る女 」      有島武郎
.... こんな話だったか。。。途中から主人公の女性がネガティブ思考、猜疑心の塊になるので、
読んでて重くて全然進まなかった。。やっと読み終えてうれしー。
しかし、今、ウイキ見てみたら、有島武郎って愛人と心中してるのねー。はー。なるほど。超なるほど!
でも、これすごくない????(ウイキより)

「梅雨の時期に一ヶ月以上遺体が発見されなかったため、相当に腐乱が進んでおり、
遺書の存在で本人と確認されたという。遺体が発見されたとき、二人の遺体は蛆虫の巣と化しており、
天井から床まで滝のように蛆虫が湧き、別荘の屋外まで溢れかえっていたとされる」

ひええぇぇぇぇぇぇぇ。。。。。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-26 22:00 | kyoto

御衣黄

b0132924_2239080.jpg


こちらが本物の(と疑惑を前提としてしゃべる、笑)御衣黄桜。
咲き始めはかなり緑で、しかもちょっとシワシワとゆーか、
なかなか美しく撮るのは難しい桜だと思います。

b0132924_2239814.jpg


いつが見頃かいまひとつわからんのもこの桜の特徴なのではないかと個人的に思ったり(笑)
もう少し咲くと、真ん中あたりがピンク色になるのですが、
それをのがすと、シワシワが縮んだ感じになって散っていくので、
毎日見てないとわからないのかも(笑)
枝ぶりはおもしろいですね。
枝の先に塊がにょろーんと咲いて、枝が長くなると、地面のほうにダラーンと垂れてくるので。

b0132924_22391261.jpg


こないだ長谷寺に行ったときに、ちょうど真ん中がピンクになったベスト状態の御衣黄があったので
何枚か撮りましたけど、
ちゃんと撮れてるかなぁ。。。。?
(未現像)
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-22 22:53 | kyoto