慢慢来

タグ:iPhone ( 55 ) タグの人気記事

デジデジ

b0132924_2239234.jpg


無事に地デジ化をすませましたー。パチパチ。
あ。写真はまったく関係ない祇園祭の宵々山ナイトby iPhone。

しかし。テレビ買いに行ったとき、大型電気屋さんは結構すいてたので、余裕だー、と思ったら、
テレビ売場だけ黒山の人(笑)
あー、みんなテストは一夜漬けだったパターンね、
お尻に火がつかないと動かない人ってこんなにいるのね、
と。安心した(笑)

b0132924_22463672.jpg


適当に安くてちっこいのでいいのよ、私のはサブなので
(なぜならリビングにすでにでかいのはちゃんとある)
と思っていたら、その、ちっこくて安いのは、すでにほとんど売り切れ、納期4週間とかばかり。
(あと10日でアナログ終了というのにそれでは意味がないでしょう)
思ってたより、中途半端にお金を使ってしまいました。
そう、ギリギリだと結局こーゆうパターンになるのよねぇ。。。と、何度も経験しながら学習しない。。。

b0132924_2256818.jpg

あとねー。
日本に戻ってから初めて、何かを配達設置してもらったんですよ。
感動したね、私は。
なにに、ってまず、何も言わなくても靴をぬいであがってくれる!(笑。当たり前だけど)
そして、キレイな靴下をはいていらっしゃる!
暑いからといって、おっちゃんが汗だくの白いシャツ一枚で、しかもそれをおなかのあたりでまくりあげて、
二段腹をさらしながら配達しに来ない!
2-4時指定だったんだけど、1:45ぐらいに電話かかってきて、
「今、近所のおうちで設置してるので、それが終わってからいきますね」と確認が!
そして、そして、そして。一番の感動は。
出たゴミ(ビニール袋とかなんとかとか)をすべてきちんと、きれいに持って帰られる!
すごいわー。日本ってー。
香港じゃありえん。これのすべて逆よね(笑)
しかし、低レベルで、これが当たり前と思わずいちいち感動するので、幸せともいえる(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-07-18 22:57 | kyoto

わからない

b0132924_2222339.jpg


本日、京都駅の中央改札んとこでボーッとしてたら、
グランヴィア方向から、上ずった「ええええ!」とか「きゃあー」とか言う声とともに、
金髪西洋人(と思う)女が人に囲まれて歩いていった。
あんた誰?
(なにせでっかいサングラスかけてるのでようわからん)
と思って、何時間か後に、ツイッターを検索してみたけれど、
みんな「京都駅で金髪の外人。誰?」とか、「京都駅にレディガガ」とかないー加減なのしかなくてわからん~。
ガガじゃないですから!ガガは台湾だよ(笑)
でも、その女の人が通っていくとき、私の横でもおばあちゃんが「レディガガか?」って連れのおばちゃんに聞いてた。
みんな、
ちょっと派手な西洋人女性=ガガ
と思ってるわね?(笑)
実はその人、有名人でもなんでもなくて、ただ周りの勝手な思い込みで囲まれてるんだったらウケる。
で。誰だったんだろう。。。

最近。美術館に行くといっつも思うのですが。
結構、大声でしゃべる人がいます。ひとりふたりじゃないですよ。
毎回いるっつーことは、結構な数がいるってことよね。
まあ、圧倒的におばちゃんばっかりですけどね。
いや、激混みの美術館でしゃべってるんだったらなにも思わないけど、
結構すいてるのに、大声でしゃべるってどーゆうんでしょう。。。?
こないだなんかさー。大山崎のアサヒビールんとこに、モネの睡蓮を見に行ったのねー。
(絵を見て、その後庭でほんものの睡蓮を見ようと魂胆。ほんものは咲いてなかった。。。。涙)
私を含め、何人かがだまーーーって、絵の前で座ってみてるっちゅーのに、
8人ぐらいのおばちゃんがやってきて、ずーーっとしゃべってるの。
しかも絵見てないの。
そこ、地下でコンクリ作りで、音が反響するタイプだから余計うるさいっちゅーのにさー。
警備員のおっちゃんも、チラチラ見てるけど注意しないの。
(たぶん怖いからであろう。。。おばちゃんが)
見ないなら外でしゃべれよ!
と、「早く出ていけ、早く出ていけ」と念じながら、ひたすら絵を見つめていました。
は~。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-07-03 22:33 | kyoto

想像の余地

b0132924_23111386.jpg


芸能ニュースで、「平井堅が10年ぶり(だったか?)に香港でライブをして歌声を披露しました、
ってやってて。
ふーん、と思ってその映像を見たら、
場所がapmだったわ。。。ショッピングモールかよ!
ショッピングモールの広場で歌う平井堅。
日本じゃ絶対そんなことしないよねぇ。。。デパートの屋上で歌うのと変わりませんもの。
いろいろ大変だねぇ(笑)


読んだ本
「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」   石井好子

シャンソン歌手の石井好子さんが昭和38年に出したこの本を、ずっと読もう読もうと思っててやっと読めたー。
当時ベストセラーになったそうですが、そんな今みたいになんでもどこの国の食材でも簡単に手に入る時代じゃないし、
手に入るどころか、「クスクス」といわれてもそれがどういうものかすら、一般市民はわからないような時代に、
ここに書かれてあるお料理はどんな風にみな想像してたのかなぁ~?
きっと、もういろいろな想像してたでしょうねー。
私が子供の頃に、「大草原の小さな家」とか「赤毛のアン」とか読んで、
「なんだ、その飴ーーー、どんな飴ーーーー!?食べたい!!」とか
「そのケーキってどんなケーキ????」
と頭の中でひたすら爆想してたような感じなのでしょうねー。
世界のものが身近になり、わからなくてもネットでひょいひょいと調べればすぐ分かる今の世の中では、
「いったいどういうの、それ!!??」
と、わからないなりにいろんな妄想をする楽しさというのはなくなっちゃったのかもねぇ。。。

なんてことを思ったり。

でも、この本みたいに、写真がまったくない料理レシピ(レシピ本ではなくエッセイですが、レシピも時々は書いてあるわけで)を読むのが私、結構好きです。
むしろ写真がないほうがいいぐらい。
日本のお料理レシピ本は、作る途中の写真もチョコチョコ載っててわかりやすいですが、
赤毛のアン言うところの「想像の余地」が入らなくて、読み物としてはつまらないですよね。
ま、実用本なのですが。。。
でも、外国の料理本って、できあがりの写真がボーンっと載ってて、途中経過の写真なんてなかったりするの多いよね?
ひたすら、これする、あれする指示ばっかりでね。
あれ、作ってて途中で非常~に不安になるのが、また好きなのね、わたし(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-12 23:26 | 日々

月光

b0132924_23243649.jpg


本日の中国語レッスンのテキストの驚くべき例文。

他用买股票赚的钱开上了法拉利跑车。
彼は、株で儲けたお金でフェラーリを買った。

株で儲けたって!フェラーリって!
こんな文章が教科書の例文に載るなんて。前はなかったよー。
前の例文は、なんかもう、日本人のうちらからしたら「何時代?」って感じだったのにねぇ。。。
別にそんな何十年も前の話じゃないんですけど(涙)
13年ぐらい前。あ?十分昔すぎ?
その頃、入門教科書の早い段階で、菲林(フィルム)って単語習ったけど、
今はもう教科書には載ってないのかもねー。うーむ。

b0132924_2333561.jpg


今日は中国で流行ってるとゆー、わりと新しい流行語を先生が教えてくれました。
「月光小姐」
お金を使いすぎて月末(給料日前)になるとすっからかんになる女性のことです(笑)。
結構いますね?
私だけじゃありませんね。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-06-01 23:36 | 日々

痕跡本

b0132924_23492367.jpg


まだ桜あとちょっとあるけど。がんばれ自分!(もうかなり飽きてる、笑)
ところで。
先日、家に帰ってテレビをつけたら、痕跡本についてやってました。
痕跡本。古本で前の持ち主の痕跡が残っている本のことを痕跡本と呼ぶそーです。
たとえば、線がひいてあったり、おもしろいしおりが入ったままになっていたり、
破れていたり、書き込みしてあったり。
そういう本の書き込みや線を、古本大好きなどこかの古本屋さんが紹介してました。
私が今まで買った古本で、一番よく覚えてる痕跡本は
有吉佐和子の「華岡青洲の妻」です。
これは、香港にいる頃、友人に譲り受けたか、もしくは日本人経営の日本の古本屋で買ったかどっちかです。

b0132924_23492873.jpg


華岡青洲は、江戸時代、麻酔を使って世界で初めて乳がんの手術に成功した人ですね。
この本は何度も映画やドラマ化しているのでご存知の方も多いと思います。
小説は主に、妻と姑のいわゆる嫁姑のいさかいとゆーか、戦いとゆーかも描かれています。
で。その痕跡ですが、具体的な記述は覚えていないのですけど、
お嫁さんが、私はただの子供を産む道具にすぎないのか?と悩むシーンがあったと思います。
その、私は子供を産む道具にすぎないのか?という文章のところに、
赤ペンで二重線がガーーーッと突然ひいてありました。
(それ以外は何もなかったので)
ちょっと怖かったです。。。
でも、すごい悩んでらっしゃったんでしょうね。。。その方。


私は、電子本にはまったく違和感もないし、安いのならさっさと普及すればいいと思ってる人ですが、
痕跡という、こういう楽しみ方はなくなっちゃいますね(笑)
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-24 00:02 | 日々

やっとこさ

iPhoneを3Gから4に変えました。
3G、まるまる2年使ったよー。
もう最近は、しょっちゅうフリーズしてさすがにいかんなぁ。。と。
本当は、5が出るまで待とうと思ってたんですけど。
ねえ、6月に出るとか7月に出るとか噂もありますし。。。
でも、もうええわ、と。変えました。
今買ったなら白でしょ?って必ず言われますが、黒です(笑)
だって、どーせケースつけるしねぇ?
それに私は、こないだ香港ですごい可愛いケースを買ったのでありんすよ!
(中谷美紀はいつまで花魁言葉でしゃべるのであろうか??ずっと?)
なので白じゃなくてよろしい。

つーわけで。
初4ショット。
b0132924_23363497.jpg


と自慢するほどの出来では全然ないのですが。
こんときは、ソフトバンクからの帰りで、まだアプリもなにもなし状態でして。
ファーストショットなので、加工もせずにアップしてみました。記念(笑)

今、まさに満開の普賢象桜です。
色がピンクと白と同じ木で両方あるのも可愛いのですが、
この桜は、椿のように花ごとボトリボトリと散るという珍しい種類です。
今は満開でまだ全然散ってませんでした。
すんごくキレイでしたー。
ふつーの写真(?)もたくさん撮ったので、現像ができあがったら(6月ぐらいだったりする予感?)またたぶんお目にかけましょー。


先日、りんさんが上洛された際、iPhoneアプリのプロカメラってのを教えてもらいました。
で、そんときはまだ3Gでしたから早速購入したのに、3Gだと機能全部使えずがっくし!!でした(笑)
4にアップグレードして3Gから転送したら、ちゃんと機能が使えるー。
どんな機能かと申しますと、
フォーカスと露出を別途設定できるのです。
たとえば、フォーカスは点前の果物に、露出は後の白い壁に
みたいな。
すごいでしょ?(って写真撮る人以外わかりませんね、すいません。。。)
すごいよねー、カメラいらんやん!
ってゆう話(笑)
練習する。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-05-01 23:47 | kyoto

目からウロコは続くよどこまでも

b0132924_22103585.jpg


外国語を勉強するというのは、ただその言葉を勉強してしゃべれるようになるということではなく、
その国の背景や文化、習慣などを学ぶ機会でもあると思います。
その国にたとえ行ったことがなくても、使用するテキストがその国で作られたものであれば、
日本人からすると「は?」とか「へええ~」とか思う、その国の日常生活や習慣、思考、嗜好をもとにした例文がたくさん出てくるはずですから。
私の場合、どっちかっつーと、そういうのを見つけるのが楽しいというか。
これも一種の旅的な感覚でしょうか。。。

で。最近、ヒマである私は、ブラッシュアップに努めようと中国語の個人レッスンを受けています。
先日、教科書の文に極めてウケたのであります。
その教科書は、北京語言大学の出版のものですから、かの地のものであります。
その日のテキストの内容は、ペットショップにペットの犬の服を買いに来たお客さんとお店の人の会話というものでした。
もー、これだけで目からウロコです(笑)
私が北京に住んでいた当時、やっと一部のお金持ちが、自分達がリッチであることを誇示するため(?)犬を飼い始めた、という状況でした。
その頃より、ほんのちょっと前(もしかして当時も)まで、北京では犬を飼う人はいなかったのです。
(食べるからではありません。狂犬病が流行ると困るので法律で禁止されていたため)
それなのに、今やペットショップがあり、ペットの服が売ってあり、ペットの服を普通に買いにいくのであり、
ペットのためにお金を使うのであり、そして、店員の態度が良い、
などなどなど、テキストから目からうろこな状態は続きますが(笑)

一番ウケたのはこのお客のセリフです。
「我的狗是黑色的,这件红底黄点的应该和它的毛色比较搭配」
红底黄点というのは、赤地に黄色の水玉模様という意味です。
赤地に黄色の水玉模様。。。。
日本人的にはなかなかすごい感覚です。
「うちの犬は黒色だから、この赤地に黄色の水玉模様のが彼の毛の色に比較的ぴったりのはずね」
です。
黒に赤に黄色。
ウケるじゃないの。(でも先生は笑いません、もちろん)

ちなみにこれに続く店員のセリフは
「你真有眼光!」
「お目が高いですね」とか「センスありますね」という意味です。
そうか。。。。。
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-04-21 22:28 | 日々

ゴーイングマイウエイ

b0132924_2219594.jpg


相変わらず椿道まっしぐらのワタシです。
上のこれは今日行った某お寺に飾ってあったの。可愛いでしょー?
iPhoneでパチリです。
もちろんペンタでもパチパチパチパチです。
人も激少なく(当たり前だ、人はみな桜を見に行くのだ、笑)、大満足でした。
いやー。京都ってやっぱ深いですな。
フィルム写真ができたらレポは詳しく。

で。私はフィルムの現像はつどつど出さず(郵送なので)、まとめてボーンと送るのですが、
今回は前回、城南宮の梅を撮った以後からたまってます。
ということは、だいたい1ヶ月かな?
さっき数えたら36枚撮りx16本ありました。
たぶん、このうち13本ぐらい椿ばっかのような気がする。
3本ぐらい桜?(笑)
横に一列、フィルム並べてみて、「アホちゃうか」と思わずつぶやきました。
桜を撮りにいっても、お寺って椿が必ずあったりして、気づいたら椿の前にいたりしてね(笑)
でも、そんな余裕ぶっこいてたのも、今はまだソメイヨシノが満開だからと思われ。
私の好きな八重枝垂れは、まだまだほとんど咲いてないのです。
この週末からそろそろ咲き始め。
これからどんどん私の好きな種類の桜が咲きだすのでキケンです。
花ばっかりのフィルムがこれからどんどん増えるのでしょうか。。。
写真屋さんは、現像しながらあきれるんでしょうね?
「こんなおんなじ写真ばっかり」と。。。
いいのいいの。自己満足。ふふふ。

b0132924_2231237.jpg



読んだ本。
「ライ麦畑で熱血ポンちゃん」    山田詠美
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-04-10 22:34 | 日々

6000鉢!?

b0132924_2210465.jpg


今日もクロアチアと違うんかいっ。と、つっこんだそこのあなた。こんにちは。
そう、そのつもりだったんですが、今日は急遽、椿です。
なぜといって。昨日のクロアチアの前に書いた赤いバラのような椿。ありますね?
あれの名前がわかったんです。
「紅日向」
というそうです。本日、某所に同じ木があって、そこに名前がこう書いてありました。
さあ、なんと読むでしょう?
私の頭にまず浮かんだのは「ホンリーシャン」という困ったことに中国語読みでしたが、
これは中国語を勉強してたりする人はわかりますね?
つまり、中国語を覚えるかわりに日本語の音読みが頭からぶっ飛んでいく現象です。。。
(これは本当に困ります。まじめに「紅」と字を打つつもりで、「ホン」とローマ字入力したりするからです)
えー。話が脱線しましたが、読み方は「べにひゅうが」です。
なぜ日向かといえば、どうやら宮崎産のようです。

で。すばらしいHPを見つけました。ちょっと勝手にリンクですが、こちら。
何がすばらしいといって、色と咲き方をクリックすれば、だーーっと椿写真一覧が出てくるのです。
で。上にリンクしたのは紅色、千重咲きのページです。
よく見てみましょう。
はたして、私が言ってる椿は本当に紅日向なのか?紅乙女とは違うのか?緋乙女とは違うのか?
.....新たなる疑問も出てきたりはするわけですが、まあもうそう深くは考えるまい。

ピンクの千重咲きのページを見てみましょう。
広東粉。広東地方が原産なのでしょうか?
紅茶なんて非常に美しいですねー。
サワダズドリーム。 沢田さんの夢だったんですね。
そしてゲイタイム。とても可憐な花です。なぜにゲイタイム。どういう意味でゲイタイム?

撮影された場所も記載されていて、その多くが「奈良 椿寿庵」というのが気になったので調べてみました。
そしたら。この椿寿庵!
個人で椿を栽培されていてその数5,000-6,000鉢、約1000種を公開されていると。
しかも無料で!
カメリアラブを自称するなら、これは行ってみなければならない場所?もしかして?
むむむ!
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-04-07 22:31 | 日々

椿

b0132924_2147507.jpg


いつ現像できるかさっぱり未定なので今日はiPhoneで一足お先に椿!
(桜じゃないのかと。。。?)
この上の椿が私がいっちばん好きな椿です。ハート。
一番好きですが、なんという種類なのか知りません。。。。
ご存知でしたら教えてね。
このちょっと薔薇みたいな感じと鮮やかな赤とこのこれでもか状態の満開度。うつくしー。

b0132924_21481214.jpg


乙女椿も好きです。もちろん。


先日。ビストロで、隣のテーブルにいた女性(推定年齢24歳)が、
スープ飲んでて、スープが残り少なくなったら、いきなりスープ皿をお茶碗のように持ち上げました。
どひゃぁ。。。。そのまま口につけてずずずーっと飲むのかと思ったら、
お茶碗のように持ったまま、スプーンで普通に飲んでいた。
いっそ、ずずずーって飲んだほうがいいかも。。。。と思った。
お連れはお仕事関係なのか、彼女より20ほど年上の男性でしたが、注意せず。
注意したげーよ。彼女のために。
と。思いました。
びっくりした。


読んだ本。
「空ばかり見ていた」      吉田篤弘
[PR]
by kaorin-xiang | 2011-04-03 21:58 | 日々