人気ブログランキング |

慢慢来

三軒目

b0132924_21415274.jpg


  ↑ 瀬戸大橋 電車の中からコンビナート萌えな写真(笑)。


さて。
最後。三軒目。大とり。
このお店には、昔からすごーく行ってみたかった。
村上春樹が、「讃岐・超ディープうどん紀行」ってエッセイを書いてるんですね。
「辺境・近境」に入ってます。
これを読んだとき(もう随分前ですが)、行ってみたいーーー、なかむらうどんーーー!
それ以来憧れのうどん屋さん(笑)。
しかし、香川のどこにあるかとかすっかり忘れていたので、今回の旅行でここに行けるとは思ってなかった。
棚からボタもち的に、2日目の朝食をここで。と決まり。
ホテルからタクシー走らせやってきた。
たかが500円のうどんを食べるためにタクシー乗ってくアホ(笑。ちょっと遠いの)。
この日は、結構雨が降ってたし、朝もまだ早いから、そんな人いないだろーと。思ってた。
結果。30分ぐらいかなぁ?待ったのは。
それはやはりラッキーだったようです。
なぜならば。普段はこれぐらい並んでらっしゃるようです。
ぐぐると、4時間も並んだとゆー人までいらっしゃいました。。。
なんてラッキーな私。

で。並んでやっとお店の中。
b0132924_226196.jpg


釜玉を頼んだので、立って並んだまま、どんぶりをもらい、卵をとって、自分で割ってかきまぜて、
また並んで待つ。
大がまでうどんを湯がいているのはおばさん一人。
湯がいたうどんをこの丼にポンと入れてくれたら、
このテーブルの裏側に行って、
あとは自分の好きなように。ネギを入れ。生姜をすりおろし、天麩羅を選んだり、
醤油は辛いのでひとたらし。ほんのちょっと。
やっとできあがったうどんを持って、レジの前。お金を払って、テーブルに到着。

b0132924_2292611.jpg


天麩羅は、さつまいもの天麩羅を選びました。むふふ。
あっちゅー間に完食でした。
あー、これなら2杯いける。。。と後ろ髪をひかれつつ帰るのがいいのですね、きっと。
ひかれる前に、家にお土産用にうどんを買って帰りましたが。
家に買って帰って、次の日湯がいて食べてもすごいおいしかったのがびっくり。
普通ね、「現地で食べたらおいしかったのになぁ。。。」って感じですけれども、
通販でまた買ってやろうかしら、、、と思ったりする今日この頃。

お店は、土手沿いのところ。ひらがなのなかむらうどんさんの方。
春樹氏のエッセイは随分前なので、さすがにその頃と違って、
うどんを湯がくのも客、ネギがなくなったら畑からひっこぬいて自分できざむ、
てなことはさすがにありませんでしたが(それ読んで行ってみたかったの)。
うどんツアー、大満足なのでありました。

この度の旅行 目的その1達成。
引き続きその2。その3。もしくはそれに伴うお散歩レポ(笑)。
by kaorin-xiang | 2010-11-18 22:24 | kagawa