人気ブログランキング |

慢慢来

Meal from business class

b0132924_20485025.jpg


昨日の続き。これ昔、ミクに書いたかしらー?もしかして?忘れたけど。
フランクフルトから飛行機乗りました。
私が座ったエリア担当のスッチー2人はめちゃとろかった。二人とも新人さんで。
まぁ、フライト時間も長いんで、別にとろくてもええよ。と思ってました。ずっと。
最後到着前2時間ぐらいでディナーが出されましたが。
これがうちらのとこだけ、待てどくらせど全然来ない。
もう他のとこ終わって片付けてるがな!ってゆー時間になってもまだ来ない。
そしたら、食事の積み上げを間違えたのか、なんなんのか、
食事足りないので足りないところにはビジネスクラスの食事を配りまーす。って。
それさ、一回言ったらわかるじゃん?
なのに、いちいち1人1人に配るごとに、さきほどのスッチー2人は、
「Meal from business cla~ss, meal from business cla~ss」って言いながら配るのよ。
ビジネスクラス、ビジネスクラスってうるさいんじゃっ!恩着せがましいんじゃっ!
と思ってましたが、まあそれもいいのよ。

やっとご飯来て食べ始めました、何口目かで口の中がジャリジャリジャリ。
魚のグラタンみたいな料理で、貝なんて入ってないのに、なに~、砂?しかしでっかい石も入ってるなぁ、
と思って、そのでっかい石を口から出してみたらば、
それは、陶器のお皿のかけらだった。。。
ほら、ミール・フロム・ビジネスクラースだから、グラタン皿とかお皿もすべて陶器なのよ。
そいで、よう見たら私のグラタン皿、かけてたの。
ゲゲゲ!と思って、口の中のジャリジャリもすべてナプキンに吐き出し。
もうそこからは食べる気も失せ。
これは絶対、文句言うてやるぅぅぅぅーーーと。
お皿下げに来たときに、そのスッチーに
「すいません、これが料理の中に入ってたんですけど」と陶器のかけらを見せたら
「なんでしょう、これ?」ってニコニコ。(愛想だけはよい)
「なんでしょうって、ほら、ここ、お皿かけてるでしょ?これお皿かけてるのが料理の中に入ってたの。口の中に入ってから気づいたの」
「おー、ソーリー、なんでそんなところに入ったんでしょうねぇ、うふふふふ」
ってね、そのスッチー、やだわ、うふふ、うふふ、って、こう、わりと西洋人がしないクスクス笑いというんですか?
ニッポン人の高校生女子がよくするような、恥ずかしいときに笑うようなああいうクスクスをするわけよ。
あんたはほんまにあやまっとんか!
「すいません、何がおかしいのか私、まったくわかりませんけど」
と、冷ややかーに言ったら、はっ!って顔して、
「ソーリー、ソーリー」って小声で言って、あっちゅー間に皿を下げていきました。
そんなんじゃますます怒り心頭やん?
責任者だせーーっ!みたいな(笑)
もう、着いたら絶対クレームレター書いたるねん!あんたの名前も覚えたからなーーーっ!
と、頭真っ赤で茹でダコ状態にいる私に、
隣に座ってたドイツ人のおっちゃんが言いました。
「That's service from business classs」
おっちゃんナイス。。。

と、10分ぐらいは怒っていたのですが、私は飛行機に乗ると全く眠れないくせに、
着陸直前の20分ぐらいにものすごい睡魔が襲ってくるという癖がありまして、
このときもそうで、
しかも12時間まったく寝ずでそれだったので、その睡魔はすごく、
空港に着いたときはヘベレケで、彼女の名前もすっかり忘れ、クレームレターなぞどうでもよくなり、
結局そのままである。
書いたからといって、航空券なぞ送ってこないだろーし、
私がモンスターパッセンジャーに登録されるのもお断りではありますし。
でもそれ以来、この航空会社は使わないわっ!と決めてます(笑)。

クロアチアの旅、終わり! 明日から香港旅話に戻る!
by kaorin-xiang | 2011-04-13 21:14 | croatia